アクセスカウンター

  • 今日のアクセス:195
  • 昨日のアクセス:1419
  • 総アクセス数:15051378

プロフィール

村岡昌憲

東京都

プロフィール詳細

カレンダー

<< 2017/6 >>

1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

検索

:

アーカイブ

2016年 5月 (5)

2016年 4月 (3)

2016年 3月 (6)

2016年 2月 (3)

2016年 1月 (5)

2015年12月 (3)

2015年11月 (7)

2015年10月 (12)

2015年 9月 (11)

2015年 8月 (8)

2015年 7月 (15)

2015年 6月 (7)

2015年 5月 (11)

2015年 4月 (13)

2015年 3月 (5)

2015年 2月 (5)

2015年 1月 (8)

2014年12月 (2)

2014年11月 (9)

2014年10月 (11)

2014年 9月 (11)

2014年 8月 (11)

2014年 7月 (8)

2014年 6月 (8)

2014年 5月 (10)

2014年 4月 (15)

2014年 3月 (10)

2014年 2月 (7)

2014年 1月 (8)

2013年12月 (5)

2013年11月 (9)

2013年10月 (8)

2013年 9月 (8)

2013年 8月 (13)

2013年 7月 (9)

2013年 6月 (9)

2013年 5月 (7)

2013年 4月 (8)

2013年 3月 (9)

2013年 2月 (15)

2013年 1月 (12)

2012年12月 (4)

2012年11月 (10)

2012年10月 (3)

2012年 9月 (5)

2012年 8月 (9)

2012年 7月 (7)

2012年 6月 (3)

2012年 5月 (4)

2012年 4月 (5)

2012年 3月 (6)

2012年 2月 (3)

2012年 1月 (9)

2011年12月 (8)

2011年11月 (12)

2011年10月 (10)

2011年 9月 (8)

2011年 8月 (9)

2011年 7月 (10)

2011年 6月 (7)

2011年 5月 (12)

2011年 4月 (7)

2011年 3月 (8)

2011年 2月 (7)

2011年 1月 (7)

2010年12月 (10)

2010年11月 (10)

2010年10月 (9)

2010年 9月 (7)

2010年 8月 (9)

2010年 7月 (8)

2010年 6月 (9)

2010年 5月 (11)

2010年 4月 (8)

2010年 3月 (7)

2010年 2月 (7)

2010年 1月 (5)

2009年12月 (7)

2009年11月 (8)

2009年10月 (8)

2009年 9月 (10)

2009年 8月 (13)

2009年 7月 (10)

2009年 6月 (4)

2009年 5月 (5)

2009年 4月 (5)

2009年 3月 (12)

2009年 2月 (5)

2009年 1月 (2)

2008年12月 (5)

2008年11月 (1)

2008年10月 (7)

2008年 9月 (9)

2008年 8月 (6)

2008年 7月 (8)

2008年 6月 (8)

2008年 5月 (9)

2008年 4月 (11)

2008年 3月 (10)

2008年 2月 (8)

2008年 1月 (2)

2007年12月 (5)

2007年11月 (4)

2007年10月 (8)

2007年 9月 (3)

2007年 8月 (2)

2007年 7月 (5)

2007年 6月 (6)

2007年 5月 (13)

2007年 4月 (11)

2007年 3月 (11)

2007年 2月 (7)

2007年 1月 (10)

2006年12月 (4)

2006年11月 (10)

2006年10月 (20)

2006年 9月 (13)

2006年 8月 (9)

2006年 7月 (9)

2006年 6月 (7)

2006年 5月 (14)

2006年 4月 (21)

2006年 3月 (8)

2006年 2月 (4)

2006年 1月 (12)

2005年12月 (6)

2005年11月 (1)

2005年10月 (3)

2005年 9月 (7)

2005年 8月 (3)

2005年 7月 (3)

2005年 6月 (13)

2005年 5月 (14)

2005年 4月 (6)

2005年 3月 (16)

2005年 2月 (9)

2005年 1月 (5)

2004年12月 (3)

2004年11月 (12)

2004年10月 (7)

2004年 9月 (5)

2004年 8月 (11)

2004年 7月 (8)

2004年 6月 (7)

2004年 5月 (8)

2004年 4月 (3)

2004年 3月 (5)

2004年 2月 (4)

2004年 1月 (5)

2003年12月 (9)

2003年11月 (10)

2003年10月 (7)

2003年 9月 (8)

2003年 8月 (10)

2003年 7月 (14)

2003年 6月 (9)

2003年 5月 (5)

2003年 4月 (5)

2003年 3月 (6)

2003年 2月 (10)

2003年 1月 (3)

2002年12月 (4)

2002年11月 (6)

2002年10月 (3)

2002年 9月 (10)

2002年 8月 (3)

2002年 7月 (2)

2002年 6月 (8)

2002年 5月 (4)

2002年 4月 (3)

2002年 3月 (9)

2002年 2月 (4)

2002年 1月 (5)

2001年12月 (9)

2001年11月 (5)

2001年10月 (2)

2001年 9月 (6)

2001年 8月 (7)

2001年 7月 (6)

2001年 6月 (3)

2001年 5月 (5)

2001年 4月 (2)

2001年 3月 (2)

2001年 2月 (4)

2001年 1月 (2)

2000年11月 (1)

2000年10月 (2)

2000年 9月 (1)

2000年 8月 (3)

2000年 7月 (3)

2000年 6月 (1)

QRコード

 BlueBlueデニムキャップを作った理由


ちょいとご案内が遅れましたが、BlueBlueのプレゼントに、この夏にぜひかぶって欲しいデニムキャップを追加しております。

gcgd2t4trufeupxvrtgi_480_480-9b89026f.jpg



BlueBlueのキャップは今回のモデルで7モデル目くらいになります。


スポーティーなものから、少し渋めの刺繍キャップ、ワークキャップ、ニットキャップなどを出してきました。

どれもとても好評を頂いておりましたが、その応募の際の一言欄で要望が多かったのが、タウンユースやデイリー使いでも、おしゃれにかぶれるキャップが欲しい、というもの。



ってことは、今までのものはおしゃれではないってこと?

そうですね。BlueBlueのキャップは派手なものが多いからね。

今までのキャップは、釣り場でハイチーズ!とやったときに、その写真やその人の顔がしっかりと映えることを重点に置いてデザインしてきました。

5ioa6fpbp7mi4ky7au46-d9e23007.jpg




icnavv3o7z3tn5vvakwh-027cd638.jpg
特に一番人気のBlueBlue青キャップは、青い空の下で映えるようデザインしています。ロゴマークが銀色なことで空に馴染むんですよ。

これらのキャップで街中に行くには顔の濃い人以外は少し難しいかもしれません。

u7ogxer7kfhrbcuwy2ej-9ebffbd6.jpg
こういう顔の濃いおじさんは派手なデザインに負けませんので、タウンユースでも有りです。

どうせ性格も濃い人が多いですからね。超例外ですが。



しかし、顔の濃い人ばかりがBlueBlueファンになってしまうと、それはそれでメーカーとして悲惨な感じになっていくことを危惧しました。


そこで、BlueBlueでもタウンユースできるキャップを作ろうじゃ無いかと。

では、おしゃれなタウンユースのものを釣具メーカーが出すということについて、真剣に考えてみました。

BlueBlueに限らずですが、釣具メーカーのキャップやウェアがどうしてもおしゃれにならないというのには、俺の分析で2つ理由があります。



一つ目はメーカーのロゴをどうしても出したいというメーカーの欲望があるからです。

魚を持って写真を撮るとき、釣り関連のイベントで誰かと写真を撮るとき、色々と映りますね。

その時、その人と一緒に映り込むのが各メーカーのロゴマーク。

そのロゴマーク、目立った方が当然良いですよね。

ということで、昔からどのメーカーもキャップやTシャツにでかでかとロゴマークが入っておりました。

そして、釣具屋さんではそれがよく売れました。

キャップ3800円、Tシャツ3500円。

それでも売れるし、皆さんそれを着て、それをかぶって魚を釣ってハイチーズ(笑)
v4por9fyvhwy7dfgun47_480_480-fcc1558c.jpg
もはや文化ですね(笑)

しかし、釣り場ではよく映えて良いのですが、タウンユースでは使いづらくなるものが多かったです。




これはスキーウェアやゴルフウェアも一緒ですね。

7g7hpy89pjogcgauw6nm-c4f9407c.jpg
wt8mfxks3xu9c9cx74n2-56a0d4ec.jpg
※JR東日本スキーポスターより


さすがにこんな格好をタウンユースする人はいませんよね。



ゴルフも
xf77enzjr77389ujvjd4-fc83e97b.gif

8ste2aoic4d6ojjgtpsh_480_480-8974902a.jpg
syiwdaj75u9zrrn5ijfv_480_480-bd24bcdc.jpg

ゴルフ業界は名だたるアパレルメーカーが参入していますが、やっぱりタウンユースできるものはほとんどありません。

そうなんです。

アパレルの超一流どころが、ゴルフとタウンは別のラインでデザインを分けて販売しています。


釣りも同じアウトドアスポーツ。

やはり釣り場とタウンでは、デザインを分けるべきなのでしょうね。




続いて2つめの理由。

実はロゴがデカデカだとおしゃれじゃないってことはメーカーの人ももちろん解っています。

そこでどのメーカーも一度は入る落とし穴ってのが、そのお客様の声に応えようとするということ。

シンプルなタウンユースの物を作ろうとするのです。

ロゴの入っていないキャップや、小さいロゴを胸だけに入れたシンプルなTシャツ。

すると、なぜか急に買ってくれる人がいなくなります。

特に釣具屋ではほとんど売れないのです。

釣具屋でアパレルを買う人は釣り場で映えるロゴマーク入りを買いたい人が多いからです。

先ほど文化と書きましたが、そういうものを望む人が圧倒的に多いです。

さらに、それが嫌だからシンプルなものが欲しいと思っていた人すら買ってくれません。

なぜかというと、ユニクロやGAPなどで売っているシンプルなものとそんなに変わらないからです。

胸に小さなロゴマークが入って釣具屋で3500円で買うなら、ユニクロで無地の1000円のものを買った方が良いに決まっているからです。


これが2つめの理由です。

・ロゴマークを出したい。

・シンプルだと買ってもらえない。



ということで、釣り業界にはフィールドで映える派手なデザインのものが多いのです。


一方、最近はダイワさんとシマノさんがシンプルなデザインのものに挑戦しています。

黒基調に統一感を出してなかなかカッコイイ。

タウンユースという点は狙ってないようですが、大きなロゴをデカデカ出さないという点では脱却出来ていて、人気があるようですね。

これはブランド力の無い小さいメーカーには真似できません。羨ましい限りです(笑)




で、とても小さいメーカーのBlueBlueが、タウンユースできるキャップを作る。

徹底的に考えました。


1.ロゴはデカデカ出したい。
2.でも、シンプルにしたい。
3.もちろんおしゃれにしたい。


ということで、できたのがこのデニムキャップです。




まずはロゴはデカデカと。

が、銀色の糸で刺繍して、細いフォントにしました。

大きくBlueBlueと読めるけど、なるべくインパクトを出さないように。
mo69ydjeymrk5kmz49zh_480_480-2e112c01.jpg

続いて、ツバの長さを従来のキャップより1cm長くしました。

一般的なベースボールキャップより2cm長くなっています。

ツバのでかさを強調することで、ロゴマークのインパクトを減らしています。



9dxf7fgzd8b7jefchie7_480_480-c80338c6.jpg
一方、帽子の深さも一般的なものより2cmほど深くしました。

ツバとバランスを取ることと、ぶっかりと被るようにすることで、小顔になる効果を狙っています。

実はおしゃれな人ってみんな顔が小さい。


じゃ、顔がでかい俺とかどうすりゃいいんだ。

顔が小さく見えるキャップにすればいいんだということです。

BlueBlueのキャップはみんなその効果を取り入れていますが、こいつはさらに強調して入れています。
hda764wer9tiwi4t752o_480_480-3681a096.jpg

そして、最後にツバのダメージ加工。

このダメージ加工があることで、他人の視線はツバのラインに行くのです。

すると、BlueBlueのロゴがほとんど目立たない。大きいのに目立たないって事はシンプルにも見えるって事です。

大きなフォントなのに、ファッションとしてインパクトが無い。

ここを狙いました。

shryixaagvjzfxahd3rk_480_480-497b8159.jpg

ホントに顔が小さく見えます。

それって幼く見えるって事ですね。女性は喜びます。

顔が濃いオジサン以外は相当効果あると思います(笑)

kxu3sbze93mr4tk8pmia-075ef972.jpg

キャップに合わせるウェアはシンプルなものでいいでしょう。





美人がかぶると、、、
まあ美人は美人なので特に変わりませんが、、、

99ja7wwr3skvshv82bh7_920_690-36594aee.jpgjzzk7ck6di86c4hfj4ma_920_690-013d4ccd.jpgiwmz8mmobogycvwk7ewk_690_920-2e561987.jpg
dkbzi5uveoedjjymjicx-c39bcbfd.jpg
モデルは蒼木まや です。



ということで、むちゃくちゃ考えて作った、BlueBlueのデニムキャップ。

先週よりプレゼント開始しております。

BlueBlueのプレゼント品は、たいていは無くなり次第終了ですのでお早めにお願いいたします。

ルアーを購入した箱や台紙に応募券が付いています。
20点分で、絶対にもらえるプレゼントです。



詳しくはこちら。

BlueBlueの絶対にもらえるプレゼント







 

コメントを見る

村岡昌憲さんのあわせて読みたい関連釣りログ



【Good game】 全国のfimoアングラーから届く釣りログの中から釣り人に役に立つ釣行記として作成されている釣りログをお届けします!

【釣具新製品情報】 各社から発売されている注目の釣具をご紹介
 
fimoが運営するニコニコチャンネル【fimo釣りチャンネル】 生放送釣り番組を観るならfimo釣りチャンネルコミュニティ

【フィールドレポーター】全国各地の釣りの状況をお届け!


【fimo釣りログアプリ iPhone用】釣りログ見るなら、釣りログ書くなら、スマホから!fimo釣りログアプリ

【fimo釣りログアプリ android用】釣りログ見るなら、釣りログ書くなら、スマホから!fimo釣りログアプリ