プロフィール

もっつぁん

福岡県

プロフィール詳細

カレンダー

<< 2018/7 >>

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

検索

:

アクセスカウンター

  • 今日のアクセス:29
  • 昨日のアクセス:424
  • 総アクセス数:1439441

QRコード

シーライドミニのイレギュラーな使い方

毎度です。

本日は超ダイレクトマーケティングのコーナーです。



使えばこれほど面白いミニメタルジグは中々無いというくらい

遊びの幅が広いBlueBlueのシーライドミニ

コイツのちょっとイレギュラーな使い方のご紹介

センターバランスでスローフォールが得意なこのジグ

普通のメタルジグとは違のでイマイチわからないという理由から
地味に敬遠したりタックルボックスの隅っこに
眠ったままって方は多かったのではなかろうか。


でも、普通のメタルジグとちょっと使い勝手が違うだけで
やり方がわかると途端に楽しくなります。


恐らくスニフ君の動画を見て胸のツッカエが取れた方が多いと思うんです。


今更ながら自分もなるほどーとか思ったり(ぉぃ)

それまで後ろ姿を見て勉強してたつもりだったんだけど
「動画」で「解説や補足」がつくとよりイメージが鮮明になった気がする。

そこら辺、動画って凄いよね。

詳細はsnif君のログ

回遊アジ、ピンの見方、ジグの使い分け。http://www.fimosw.com/u/flippersnif/ewnp5p4mxfoa9o



とか

アジング動画上げました♪
http://www.fimosw.com/u/flippersnif/ewnp5p4ye3dgg6


を是非見てね(・∀・)ノ


釣りが上手くなりたければ上手い人をマネるのが一番

と言いますがまったくその通り。

でも、使い方が分からないなら分からないなりで
色々編み出してみるのも醍醐味の1つ。


自分は、こいつを全く使いこなせておりませんが
それでも釣果は一応出せてるので何とかなる物です。

しかも大体が正攻法では無くイレギュラーなやり方で(笑

正攻法は上記リンクを参照してください。


ここでは少し違うやり方をば。
-----------------------------
ボトムジギング

例えば、このルアーはセンターバランスで底面が丸いがゆえに潮を良く噛んでくれます。

そんなわけで潮流や風で流すことでボトムを転がったり滑ってくれる性質があります。

メタルジグにあるまじきボトム釣法
これがまず1つ。


3gや6gをシングルフックチューンにしてJHの代わりとして
シングルフックカスタムにして潮流でボトムを転がす事ができる。
というか殆どの場合でシングルを使うことが多いです。



フワっと持ち上げてボトム付近をネチネチと。
そう、ラバジのごとく。
単体なら甲殻類をイメージした動きでもいけます。
使用するロッドでも動きはだいぶ変わります。

レスポンスの早い張りのある高弾性ロッドならそれだけ機敏に動きますし
ティップやベリーが柔らかいとその逆になります。

5ijvcpbvvif58o4p7ie9_480_480-bc304c43.jpg

-----------------------------

続いてトレーラー釣法

同じようにボトム狙いの場合はシングルフックにワームをつけると効果的
ボトム以外でも恐ろしい力を発揮する。

こちらはマイクロクローラー4インチ+3gのシルバーグローイワシ
ボトム着低後、微テンションで転がすとパクり
nyx7yvb3cxwjn6a87fdo_480_480-1e9219e0.jpg
トレーラーフックの概念で、これもラバジグセの強い自分が良く使う手段の1つ。

存在感のある廃盤となったマイクロクローラー4インチなどは高確率でワーム側を頭と認識してパクリして来ます。


何もつけないときは目側を後ろにして
ティンセル(キラキラ)がついたアシストをリアに持ってくるなどの工夫をします。


普通にJH単体で出来る状況でコレで遊んでたら
JHでヤレと強烈なツッコミを食らうこともしばしば(笑


----------------------------

次は自然を味方につけろ。
ウィンドドリフト


潮の流れを使うドリフトの風利用版です。
そんなに潮が流れて無くても風が結構吹いてたら使えます。
風向きと風速に大きく左右されやすい。
という部分がありますが、選択肢は増えるかなと。


真横の爆風とか、吹っ飛びそうな追い風で良くやるんですがスラッグを出してあえてメタルジグを流す方法。

ジグを軽くしたり風を受けやすいPEにして表層ドリフトや

重たいリグで沈めつつPEのスラッグでボトム~やや上を流す方法。

はたまた操作感を重視してフロロでやる方法など。


風は真横の時の例ですが

自分が動かなかったらラインが引っ張られて扇状に流れて手前に流れる。

アジが足元に居るときはコレでも良いけど
eksinn4srod3imac9o26-4be33b97.jpg
自分も一緒に動いてスライドさせると、より広範囲に探れる。

状況に応じて使い分けてます。
実際は風速次第ですのでキレイに↓みたいにはなりませんけど
定位置に居るよりは広いエリアを探りやすくなります。

お隣に人が居る状況では使えませんのであしからず!!



o4onkny4fimmp5ubpjvb-74cb976d.jpg
これは激流でsnif君から教わったことの応用だったりする。




同じくラインスラッグでボトムチョイ上を流すというシチュは
過去の爆風離島でもやりました。

この時は爆風で港内にベイトが溜まり
アジが定期的にゴッソリ回遊してくるときがありまして

シーライドミニをサイドキャストで流し風に糸を流されないようにしつつ

ボトムまでついたらスラッグを出して
風の力でボトムから引き上げてもらうことで
微妙な位置をスライドさせてキャッチとか

29pd8kp4mahcb9hia9wt_480_480-58de3484.jpg


風のきりもみが強くなったらフロロのリーダーを長くして無理やり潮なじみを良くさせてパックんちょ
6bs4h4add7aw3fg28mcj_480_480-0d75416f.jpg
正直、このやり方は重たいJHでも出来るし
実際、この後ミニをロスとしてからは3gと4gのJHでやって釣ってましたが

メタルジグでも同じように出来るってのは
中々凄いことだと思うわけですよ。




こちらは6g 風上から爆風ドリフトして見えてるブルーバックとポツポツ釣って戯れてたときの1枚。
夜ですがほぼサイトです。

PEはメタルマル用に巻いていたよつあみの0.6号+フロロ2号

これだとラインが風を受けてよーく流されてくれるので
水面をトップのごとく滑ってくれて
頭を上に向けてたブルーバックだけ良く食ってきてくれた。
twwwvjnpvr2w6b4dtooo_480_480-0d2c7b95.jpg


このように風を利用しない方法でも
潮流が早いエリアや水深とアジのいるレンジ次第では
現行ラインナップでは不満が出ることが多い。

12gとか14gとかがほしくなります。
重くてもアジやメバルは釣れるし
ハタ属にも使えそうなシチュはありますからバリエーションがさらに増えると良いなーと期待を込めてウェイトのラインナップ増やしてくださいお願いします(笑)



というわけでアジング=軽いリグという認識は捨てましょう。
もちろん0.3~1g前後のウルトラフィネスも楽しいんだけど

それだけじゃどうしても攻めれない地理的特性やアジの食性があるわけで すから選択肢は広く持ってても損はありません。

実際シーライドミニに関しては6も9gで釣れる場面は、かなり多いですし

ジクヘッドも然りで状況に応じて2g 3g
はたまた4 から7gとかも普通に使います。


-----------------------------


JHの要領で遠い場所を攻める。


この他にも過去最大となるアジなんかもシーライドミニで獲ってます。

遠征のときは風もあいまって飛距離が欲しくてシーライドミニ6gをチョイス。
エリアは砂地の超がつくドシャロー

このときもシングルアシストフック(やや太軸)にして
渋くてもしっかり口に吸い込まれるようにチューンにして
あえて68ストレンジ+フロロの3ポンドを用いて
リーダー長めにしてフルキャスト。

着水前にあらかじめラインスラッグを取り、着水と同時にJHのように潮流をティップ~ベリーでしっかり感じながら
ロッドをさびきながらの表層のテンションフォール。
すっと、一瞬テンションを変えた瞬間にゴツン。


出たのは47cmの立派なメモリアルフィッシュ

食い方としてはJHでも出る魚なんだけど、いかんせん圧倒的に飛距離が足りない状況だし
キャロ自体、不慣れだったからのチョイスでした。
a53hhmhwvgmcnn4iagcd_480_480-fdea0c48.jpg


7bxxg84ucz4x4xj26iht_480_480-67693055.jpg

JHの感覚で使うというやり方でしたが
前からこの方法を良く使っていたからこそ
迷いも無く投げれたという部分があるかも。
これに関しては普通のメタルジグでやろうと思うと中々出来ません。

そんなイレギュラーな使い方ばっかりしてる自分ではございますが

それだけ可能性が広いってことです。
3po46j8ro6hn4h67y9vo_480_480-3ca48130.jpg


も、もちろん正攻法でも釣ってますよ。
このときはまさに正攻法で釣ってます(´・ω・`)
2vjg8fb6cwdxaoad78ga_480_480-f95a327d.jpg


シーバスではボートメバル人生初体験時の1枚。
yhhppaomggx8mzjwjstk_480_480-b1919571.jpg
外灯の照射範囲に投げて
ライトの切れ目の暗部で早めのテンポで軽くしゃくりつつ
テンションを一気に抜いてヒラヒラフォールさせてゴッツンこ。

めっちゃ楽しかったです。


関係ない話ですが、私、生まれつきクソみたいな三半規管で
浮き桟橋でも重度の船酔いを発症する酔いのプロなんですが

そんな自分でも前日アネロン+当日アネロンのコンボで
湾内は、なんとか耐えられました(笑



最後に・・・・何が言いたいか・・・ですが。

とりあえず使い方が分からないウチでもなんとかなるし

使い方が分かればポテンシャルはかなり広がる凄い奴ってことです。


本音:「それなのに釣具のポイントに無いから買うのが面倒(爆」

前はあったのに今では廃盤扱いで仕入れしなくなってます。

と、言うわけでして

ポイントさん、是非とも再販してください
お願いします。(チラッチラッ





以上、超ダイマのお時間でした

コメントを見る

もっつぁんさんのあわせて読みたい関連釣りログ



【fimo釣りログアプリ iPhone用】釣りログ見るなら、釣りログ書くなら、スマホから!fimo釣りログアプリ

【fimo釣りログアプリ android用】釣りログ見るなら、釣りログ書くなら、スマホから!fimo釣りログアプリ


【フィールドレポーター】全国各地の釣りの状況をお届け!