プロフィール

遠藤 真一

千葉県

プロフィール詳細

カレンダー

<< 2020/9 >>

1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30

検索

:

タグ

タグは未登録です。

アーカイブ

アクセスカウンター

  • 今日のアクセス:11
  • 昨日のアクセス:220
  • 総アクセス数:765330

QRコード

BIRAN70でコノシロパターン

  • カテゴリー:釣行記
最近は家庭的事情でバタバタしていて、釣りはひかえていたのですが、もちろん釣り場は回っていました。サボると完全に見失ってしまう最近の魚の動き。


海水温の高さから自然の猛威なども懸念されると同時に東京湾も大きく変化して南国化していきそうな予感しかしません。


相模湾はカツオの海となっていて、キハダもかなり厳しい状況となっていますね。
状況を推測して予想を立てた結果、今年は夢中にならなくて正解だったかな。
そうなると、他のエリアが良くなるのは当たり前の話で、先を読める人はかなり釣ったのではないでしょうか?


青森もシイラパターンが無く、誘い出し主体のエサの少ない状態から一気にイワシが入って、ここ数日はイワシ吹き上げてドカドカやっている様ですね。港内にはイワシが追いやられてかなりの数が死滅している様子。
北海道でも釣れていますね。
どうなっていくのやら…


シーバスはかなり細分化されたゲームで、多くのパターンが存在しますが、成立しないパターンも増えてきています。
逆を言えば新しいパターンやこんな所で!?みたいな事も増えてくるのではないでしょうか!


今回狙ったのはイワシ、ボラ、コノシロなどグチャグチャに有効なベイトが集まった場所なんですが、ショアから狙うには少々厳しいかなという距離感。
台風のウネリが発生したタイミングと朝の潮位を考慮してエントリーしてみると濁りの中にもベイトは確認出来たのでBIRAN70の15gでブレイク付近を探っていく。
久し振りに96のロッドで飛距離を稼ぎ、ボトムをとりコンタクトさせながらブレイクの位置を把握。ここで20gにチェンジし15gと同じ位置に落として探っていく。
飛距離を出せる20gで広範囲に探るのも手だが、着くとしたらブレイク!
なので、より早く巻いてもコンタクト出来る20gでブレイク付近までリーリングし、ブレイク上で煽って一気にレンジを上げてやるとゴンッと重いバイト!


BIRANの特徴のレンジキープとレスポンスを最大限に引き出し、リアクションで食い上げさせた。


9od43ggha88ykxjvm2dy_480_305-bdc4610b.jpg

久し振りに地元で90upの納得サイズをキャッチ!やっぱりデイゲームでのファイトは楽しい。
水面からデカイ顔を出した瞬間から慎重になった。


2nb2idn8ejbz4yig9tc6_480_306-d79c0bd1.jpg


デイゲームのコノシロパターンにはバイブレーションも有効です。
リアクションで釣るにはカミソリの様なレスポンスを誇るBIRANですので、是非こちらから仕掛けてみて下さい。
トルクの強い振動では出せない高速の軌道変化が勝因となった一本でした。

タックルデータ
ロッド : モンスターインパクト96tradition
リール : EXSENCE 4000XG
ライン : AVANI SeaBass PE si-X 1号
リーダー : SeaBass shock leader 20lb
ルアー : BIRAN70



コメントを見る

登録ライター

用語説明ページへ

エギングが苦手な子に本気で講…
8 時間前
ワカメマニアさん

リーダーの使い分け
8 時間前
シノビーさん

伊豆の秋イカとの戯れ
22 時間前
タケさん

浦戸湾アカメの探し方と、ナイ…
1 日前
登石 直路(nao)さん

リール購入
1 日前
rattleheadさん

秋のマスターピース
3 日前
有頂天@さん

モンスターヒラスズキ
5 日前
ひびき さん

夏らしさが残る初秋
7 日前
渡邉 雄太さん

一覧へ