プロフィール

ヨッシーユッキー

広島県

プロフィール詳細

カレンダー

<< 2024/4 >>

1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

検索

:

アクセスカウンター

  • 今日のアクセス:79
  • 昨日のアクセス:57
  • 総アクセス数:290861

QRコード

ビッグベイト(とトップウォーター)のお話。

 せっかくなんで流行に便乗しまくりな今回のブログ。




今回はビッグベイト(とトップウォーター)!





自分もまだまだ素人ではありますが投げても釣れない投げまくってるけれども釣れないと言う話を知人から時々聞くので今回のお題はビッグベイト(とトップウォーター)



多分1匹の価値が!とか使ってて面白いとかその他諸々使用者の気分的な面は様々な方がブログやSNSで発信しているので今回は個人的に感じたことをメインに2つ書いてみようと思います。



歴も腕も全然ないワタクシが独断と偏見で語っていきますので生暖かい目で読んでもらえたら幸いです。




 ①個人的にまず必要なのがタックル。





個人的に買うなら気をつけて欲しいのは1点。そのロッドは投げたいと思っているルアーを扱えるロッドなのかそれとも投げられるロッドなのか。


基本的にバスロッドは前者の傾向がシーバスロッドや今流行りなロッドは後者の傾向が強いように思います。



バスロッドはただ巻き以外にジャーキングやトゥイゥチ、シェイキングなど様々なロッドアクションが必須になることが多くシーバスロッドはただ巻きやドリフトの釣りを重視。最近流行りなロッドはキャストウエイトの表記幅を大きくしてたら売れるから?(ホントのところはどうなのか分かりませんが)なのかそのような傾向があるように感じます。



個人的にはただ巻いてくるだけ流すだけなら別にビッグベイト使わなくてもストリームデーモンやペニーサック辺りの大きなミノー使えばいいかなってところがあり、ビッグベイトにはそれ+‪α‬の要素を求めることが多くそれでこそビッグベイトの強みであると考えているので基本的に扱えるロッドを選択することが多いです。(勿論その時、適正ロッドが使えないといった例外により無理矢理向いてないロッドで投げることもありますがそれは今回は例外として他所に置いておきます(笑))




極端な話をすると後者の投げられるロッドを選んだ際はグラスロッドでジャークベイトやってるみたいな感じのように投げれはするけれども…となってしまうこともある訳なのです。逆に扱えるロッドだと鋭いジャークやのたっとしたジャーク、細かいアクション等動かせる幅はかなり広がります。



確かにひとつのロッドで色んなものを投げられるというキャッチコピーは魅力的ではありますが投げられる=扱えるではないということを頭の片隅に置いてもらいたいです。



w5ppfxr8txyy3gokh2fj_480_361-4867ec4a.jpg
(申し訳程度の写真 鋭い連続高速ジャークができる適正ロッドだからこそ反応させられた魚でした。)





 ②もうひとつが(素人の)私ですらよく聞かれることでもありよく耳にするのがやっぱ投げ続けないと釣れない?ということです。


これはビッグベイトだけに関わらずトップウォーターにも言えることではありますが個人的な答えはNOだったりします。あとは普通の釣りである程度釣っている人はまたゼロからビッグベイトやトップウォーターを投げ続けて食うパターンを探すよりかは逆の視点で普通のルアーで食わない状況でそれらのルアーを使う方が実は近道なのではとも思ってみたりします。

(自分の場合シーバスに関してはシーバス自体始めて数ヶ月は1番反応があるからって理由でビッグベイトばっか投げてました(笑))



ココではビッグベイト縛りトップウォーター縛りがやりたい方というのは除外して話を進めていきます。



個人的にはミノーで釣れるならミノーで、といった感じに他のルアーで釣れるならそれで良いといった釣りをすることが多いのですがそのいわゆる普通のルアーで口を使わない時がビッグベイトやトップウォーターの出番だと思っています。


おそらく読んでくださってる方の行ってるポイントで居るのは分かるけれども食わない。ってポイントや状況というのは何個かあるのではないでしょうか?


そういったポイントや状況で是非使ってみてください。


(ここからは申し訳程度の写真と自分語り)


高校生の頃に釣った自己新級のバスは夕まずめの美味しいタイミングでバドやジョイクロを散々ピンに撃ち込みまくったにも関わらず最後にヤケクソでティンバーフラッシュを同じピンにぶち込んだら一撃で水面を割りました(笑)

bhwdob7wxh4apwod75ci_480_361-ce49dcba.jpg





2018年の凄腕に参加させてもらった時はミノーやビッグベイトで反応が全くなかったりヤル気のないチェイスで終わってた所、当時発売されたばかりのメガドッグを投入すると単発での釣果ばかりではあるものの今までのが嘘だったような好反応に。当時はおじさま達に裏で捏造してるって言われるくらいに渋い時に強かったです。


o76zfswivnckr7tvbuvp_222_480-eae0809c.jpg


実は南米でも真昼のミノーやペンシルに反応がないタイミングでビッグロイドをぶち込み連続ジャークやゆっくり巻いてくると大きなピーコックやカショーロのバイトが結構あったので(バラしてばかりでしたが)もしかするとビッグベイト自体になにか他のルアーで反応しない魚を反応させちゃうなにかがあるのかもしれません。




過去にはどうせSNS映えするから投げてるんだろって思ってる時期が私にもありました。(もちろんSNS映えを否定している訳ではありません)

ici6v48pp93iaa6xwmps_470_261-7078f45e.jpg

しかし実際にそのパワーを目の当たりにすると選択肢に入れない訳にはいかなくなってくるものです。


興味を持った方はバスのトーナメンターの方が書いているビッグベイトに関してのブログや雑誌記事を読むともっと興味が湧くと思います。






今回は(も?)自分語り多めの内容でしたが読んでくださりありがとうございましたm(_ _)m


コメントを見る