プロフィール

TICT

高知県

プロフィール詳細


TICT HP

webshop

twitter

facebook

studio

Az-ing lab

カレンダー

<< 2024/2 >>

1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29

検索

:

アーカイブ

2023年 1月 (6)

2022年12月 (1)

2022年11月 (2)

2022年10月 (2)

2022年 9月 (2)

2022年 8月 (4)

2022年 7月 (1)

2022年 6月 (4)

2022年 5月 (5)

2022年 4月 (6)

2022年 3月 (4)

2022年 2月 (2)

2022年 1月 (5)

2021年12月 (5)

2021年11月 (5)

2021年10月 (5)

2021年 9月 (4)

2021年 8月 (2)

2021年 7月 (2)

2021年 6月 (3)

2021年 5月 (2)

2021年 4月 (5)

2021年 3月 (2)

2021年 2月 (6)

2021年 1月 (8)

2020年12月 (1)

2020年11月 (7)

2020年10月 (5)

2020年 9月 (2)

2020年 8月 (4)

2020年 7月 (3)

2020年 6月 (5)

2020年 5月 (3)

2020年 4月 (3)

2020年 3月 (5)

2020年 2月 (6)

2020年 1月 (9)

2019年12月 (12)

2019年11月 (8)

2019年10月 (5)

2019年 9月 (7)

2019年 8月 (8)

2019年 7月 (6)

2019年 6月 (4)

2019年 5月 (10)

2019年 4月 (14)

2019年 3月 (11)

2019年 2月 (10)

2019年 1月 (10)

2018年12月 (14)

2018年11月 (15)

2018年10月 (13)

2018年 9月 (13)

2018年 8月 (12)

2018年 7月 (10)

2018年 6月 (11)

2018年 5月 (15)

2018年 4月 (14)

2018年 3月 (15)

2018年 2月 (10)

2018年 1月 (12)

2017年12月 (12)

2017年11月 (15)

2017年10月 (11)

2017年 9月 (14)

2017年 8月 (12)

2017年 7月 (13)

2017年 6月 (15)

2017年 5月 (13)

2017年 4月 (14)

2017年 3月 (16)

2017年 2月 (16)

2017年 1月 (18)

2016年12月 (17)

2016年11月 (16)

2016年10月 (20)

2016年 9月 (17)

2016年 8月 (11)

2016年 7月 (13)

2016年 6月 (20)

2016年 5月 (17)

2016年 4月 (16)

2016年 3月 (23)

2016年 2月 (18)

2016年 1月 (12)

2015年12月 (17)

2015年11月 (19)

2015年10月 (19)

2015年 9月 (23)

2015年 8月 (20)

2015年 7月 (17)

2015年 6月 (12)

2015年 5月 (18)

2015年 4月 (19)

2015年 3月 (20)

2015年 2月 (19)

2015年 1月 (21)

2014年12月 (18)

2014年11月 (19)

2014年10月 (19)

2014年 9月 (20)

2014年 8月 (14)

2014年 7月 (11)

2014年 6月 (10)

2014年 5月 (15)

2014年 4月 (14)

2014年 3月 (22)

2014年 2月 (18)

2014年 1月 (21)

2013年12月 (18)

2013年11月 (12)

2013年10月 (18)

2013年 9月 (21)

2013年 8月 (19)

2013年 7月 (23)

2013年 6月 (14)

2013年 5月 (10)

2013年 4月 (14)

2013年 3月 (17)

2013年 2月 (12)

2013年 1月 (12)

2012年12月 (12)

2012年11月 (11)

2012年10月 (10)

2012年 9月 (8)

2012年 8月 (14)

2012年 7月 (7)

2012年 6月 (5)

2012年 5月 (10)

2012年 4月 (13)

2012年 3月 (16)

2012年 2月 (16)

2012年 1月 (3)

2011年12月 (3)

2011年11月 (6)

アクセスカウンター

  • 今日のアクセス:185
  • 昨日のアクセス:377
  • 総アクセス数:3466072

QRコード

NEW☆Mフロート

  • ジャンル:日記/一般
Mフロート
http://tict-net.com/product/mfloat.html
rrcvj2g4su2y4mfvw6py-fdecb786.jpg

発売開始いたしました!



飛距離を意識した後方重心フォルムで、よく飛びます。

wb7t7j5xhck8gcibmrhd-04d4594c.jpg


また、中空構造ボディ・遊動式・前後Sicリング搭載にこだわったのは、前回も紹介した「ネチネチ攻め」を可能にしたかったからです。
http://www.fimosw.com/u/tict/jcf65cc2v4hdvs


Sicリング上をラインが動くだけなので、スルスル加減が違います!
手元に伝わるのはジグヘッドの操作感のみ、もちろんアタリもダイレクト!

感度が落ちないのは、判りやすく言えば、ロッドのガイドにラインが通っているだけだと考えていただければ…

例え下手(笑)




手前が藻場など、図の×の箇所のようなピンポイントを攻めたいとき、キャロやジグヘッド単体よりも誘える回数が違います!
kv3ohv8r4d3imuha8kyy-ca70d5ec.jpg
※こんな都合の良いポイントは少ないでしょうが(汗)
 常夜灯と藻場を一緒にしてありますのであしからず…



また、潮流や風に乗せればブレイクラインに沿って横へ流したりも可能です!
uofadimkgstbdwv3sdx2-0fe1b0ec.jpg



仕掛け図はこちら↓

yxnhoi3n5zvr8k5crar5-8431600a.jpg

基本的にはMキャロと同じですが、
4gであれば、もう少し細いPEやジョーカー0.5号などのモノフィラメントラインでも充分扱えます。



さらに夜光ボディなので、投げる前に蓄光すれば、視認性も高いです。
hc2hgyzi3ushwc7tye9t-4a29c2c8.jpg




ただし、良いことばかりではありませんので、ご理解いただきたいのが、
このMフロートは中空構造なので、風の強いときは、よりコンパクトフォルムの4gの方がオススメです。

また、フロートは水面に浮きますので、着水してからもラインが煽られるような強風時にはさすがに向いていません。

もっとも冬型のときはMキャロでもキビシイ時もありますけど(汗)


オススメのフロートとジグヘッドウェイトのセッティングはこちら↓

Mフロート4g + ジグヘッド0.4〜0.8g

Mフロート7g + ジグヘッド0.8〜2.0g

Mフロート10g + ジグヘッド2.0gオーバー

※あくまで、先のジグヘッドに対しラインテンションを張りやすいというバランスの基準セッティングです。


すでに、4gのMフロートに2gのJHをつけてスローシンキングで攻めるという方もいらっしゃったり、

沖に出て行く潮などの場合は、潮に流してずっとラインを送っていけば、勝手に潮目まで流れてくれて、一点集中で狙うという方もおられます。

これには少しコツがありまして、遊動範囲の限定をすること。
s26dczs53mpm59edhdub-024fe106.jpg

勝手にフリーで放っておくと、どんどん先のJHの沈降とともにラインが出ていってしまうので、図のようにフロート上部にもストッパーを設けて、ある程度以上はラインが出過ぎないようにするということが必要ですが、こちらは応用編ですね。



基本は、今まで届かなかった沖のライズや潮目へのアプローチにおいて、Mキャロだと沈みが早すぎるから、もう少しゆっくり表層を攻めたい。
ジグヘッドの移動距離を抑え、ネチネチピンポイントを探りたい
と思うときに、ぜひ使ってみてください。

mwa2i7dwpjjswx3zwfsb-069b6b2d.jpg



----------------------------------------------------------------

「TICT Facebook」
ページ検索「ティクト」or「TICT」で検索
http://www.facebook.com/pages/

「TICT Twitter」
http://twitter.com/TICT_Kochi

「Studio TICT」動画
http://www.youtube.com/user/studioTICT

コメントを見る