プロフィール

工藤昇龍

青森県

プロフィール詳細

カレンダー

<< 2022/7 >>

1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

検索

:

アクセスカウンター

  • 今日のアクセス:20
  • 昨日のアクセス:29
  • 総アクセス数:664167

QRコード

適材適所のピース

完全に暗くなってから釣り場に着くのはこの日も例に漏れず。

とっくに熟知している帰宅ラッシュの時間に自ら突っ込むからこうなるのだが、今回ばかりは正味釣り可能な時間で満潮を境に上げ下げ釣りが出来るので丁度いい。

風はほぼ無し、既に上げのゴールデンタイムであるはず。


まずは手っ取り早くメタルジグでボトムをリフト&テンションフォールで誘ってみると、いつものコンっではなく、横風が吹いたようなフッとしたバイトが殆ど。

風もないのでフォールをフリーに変えてリアクションを誘っても今度はバイトすら出ない。

再びテンションフォールに戻すとフッ。
暗い堤防で一人Oh〜Oh〜言いながら。
完全に舐められてる。。。

ジグ単に変更し、パズルのように3gから軽くして当たりのピースを探していく。
ワームもフォールを遅くしてくれるタイプ。

するとそんなに時間も掛からず2gでOh〜はストップ。

4id89jekb2jms54673je_480_360-dc035f6f.jpg
【以下アジスタ2.0g+メタボブリリアント】

相変わらずフッ的なバイトだが、先程よりは断然ヒットまで持ち込めるようになった。

8o9xaksn7bd6akz4skfi_480_360-559db7af.jpg

とは言えバイトへの反応が遅れようのもならフッキングまでなかなか持ち込めない。

nc7u64axw9m568wt7wtk_480_360-406dbded.jpg

魚は群れているようなので渋さに凍えることもなく絶え間ないフッなバイトを正味1時間ほど楽んでいると、満潮とほぼ同タイミングでそこまで強くはないが横風が吹き始めた。

さすがにこの状況でバイトを取るのは困難なので風裏となる立ち位置へ移動。

そのままジグ単、ボトム着底後すぐのリフトで感じるテンションの弱さから嫌な予感。
目の前の海に浮かんでいる白泡は微動だにしていない。

ryt7wuh4argo7t43xug5_480_360-f6a68dd1.jpg

辛うじてボトムネチネチでマゾイが掛かったが、ボトムまでこの状態らしい。
無論、反応は無く、メタルジグを試しても同様。


あの程度の風ならばと、先程の立ち位置に戻りメタルジグを投入してみるとテンションは掛かるのでなんとかなりそう。

風にラインが引っ張られる分、超デッドスローでテンションを保つとフッと。

s7fx499c8r6mg7i48yek_480_360-8bf80181.jpg
【以下シーライドミニ3g】

潮止まり、横に動かしすぎていないはずだが、テールフックにチョン掛かりが多発。

zy3bkb9dm4rh4yvwm7xm_480_360-aa24f0d2.jpg

i6csjooi5zdttzytvwyp_480_360-949ea6ef.jpg

下げが始まると良型も姿を見せ始め、ようやくいつものコンっに戻り、アシストフックがっつり。

ここからが本当のゴールデンタイムらしいが、寒さも疲労も既に限界につきやむを得ず終了。
久しぶりのパズルに精神的にも心地よく参った。。。

ルナキアソニック77M
12ルビアス2004
アーマードF 0.3号+フロロ6lb

コメントを見る

工藤昇龍さんのあわせて読みたい関連釣りログ