プロフィール

ogatyunity

神奈川県

プロフィール詳細

カレンダー

<< 2024/4 >>

1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

検索

:

アクセスカウンター

  • 今日のアクセス:61
  • 昨日のアクセス:128
  • 総アクセス数:239428

QRコード

道具のおはなし (スミス ルナメバル)

  • ジャンル:釣り具インプレ
  • (メバル)
こんにちはちゅにてぃーです!



今回は久しぶりに道具のお話ししていきたいと思います!



今回お話しするのはコチラ!!!!




























スミス 
ルナ メバル


私ちゅにてぃーがメバルを始めた時からずっと1軍ルアーとして使い続けているプラグになります!
今回はコチラのルナ メバルについてお話ししたいと思います!



ルナ メバルはフローティングとシンキングの2種類存在していましてそれぞれのスペックは…


フローティング

長さ 47mm
重さ 1.8g
リング #1
フック スミスメバルフック#12


シンキング

長さ 47mm
重さ 2.2g
リング #1
フック スミスメバルフック#12



コチラの2種類になります!

私自身がずっと愛用しているのはシンキングタイプのほうになりますので今回はシンキングタイプに限定してのお話しにしたいと思います!



ルナは元々トラウト用のミノーとして誕生し、渓流などのストリームエリアでトゥイッチなどのロッドアクションを入れてトラウト族を狙うトゥイッチング専用ミノーとして開発されています!

ロッドアクションのレスポンスを高めるために固定重心なっていてアクションの合間に入る一瞬のポーズのタイミングでも姿勢が良くなるように設計されたミノーとなります!

アングラーが動かしたりポーズを入れたりしながら操作して食わせていくマニュアル感のあるミノーというコンセプトになりますね!


ちなみにこのルナというミノーなのですが20年以上前からあるルアーでして元々はトラウト用のルナTRという名前のミノーとして発売されていました!(現在もルナTRは現行品です!)


そこからメバル仕様のカラーが一度だけ発売となって生産中止し、トラウト用のルナTRは細々と生産されていたのですが数年前にメバル用のルナ メバルとしてリメイクされて現在に至るというまぁまぁ歴史のあるルアーなんですね!(間違っていたらすみません…)

※ちなみに最新のルナ メバルはオリジナルのルナTRと0.1g違うのですが純正フックのサイズが違うだけで中身は同じだそうです!


かなり歴史のあるルアーだということはわかっていただけたと思いますので実際どういうルアーなの?
ってなりますよね!

それではメバリングにおけるルナというルアーをガツガツと噛み砕いていきましょう!




キャストに関して!


20年前に発売された2.2gの固定重心のミノー!

申し訳ないですがどうあがいても飛びません…涙

私はベイトタックルで使っていますがまぁ頑張ってもせいぜい18メートルくらいでしょうか…
コントロールしようと思ったら15メートルくらいの射程になると思います…
※pe 0.2号以下くらいの細糸を巻いたスピニングならもう少し飛ぶとは思います!

現代の同じようなサイズ、ウェイトのミノーと比べても投げやすさだけは少し劣るような気もします…

まぁただ20歳を超えるベテランルアーですし、元々ソルトルアーほど飛距離が重要ではないトラウト用ルアーなのでそこは仕方ないでしょう…

ライトソルトの釣りにおいては問題なく使える最低限の飛距離はクリアしていると思いますが、飛ばさなければいけない場面では出番の無いルアーとなりますね!




レンジに関して


キャスト後ロッドティップがほぼ水面付近で巻いたら水深50センチくらいのレンジをキープして泳いでくれます!

竿を立てれば20センチくらいまではレンジを上げる事が出来るのでただ巻きで使う分には20〜50センチ程のレンジを泳いでくれるルアーですね!

メバリングにおいては水面直下からもう一枚下のレンジまで!
1番攻めることの多いレンジだと思います!

そのレンジをアングラーの操作である程度調整しながら攻め分けられるのはありがたいですね!

一応シンキングなのでキャスト後にカウントダウンして無理やり深いところも攻める事は出来ますが、わざわざルナでやる事ではないですね…





アクションに関して!


ここまでいろいろとルナ メバルについて説明してきましたがこのルアーの特筆すべき点はそのアクションと表現力の高さにあります!

私の使い方は大きく2パターンとなりますのでその際のアクション等々解説していきますね!






1つ目はスローなただ巻き!

まずは基本のただ巻きです!
横の動きでガンガン食って来てくれる活性の高いメバルを狙ってテンポ良く釣っていけるので私もルナ メバルを使う時の7〜8割くらいはただ巻きで使っています!


ルナ メバルは細めのリップがボディに対して縦に付いているのでナイトゲームのメバルでやる様なスローのただ巻きで小気味良いロールアクションが……















全く出ません……笑笑

















はい……笑笑
全く動かないんです……笑笑
ただ巻きでのアクションレスポンスが壊滅的に悪いのがルナ メバルの特徴となります!!!!笑


普通に考えるとネガティブな要素でしかないように聞こえますがこの壊滅的なただ巻きレスポンスがルナ メバルの最大の武器になります!



元々トゥイッチング専用ミノーとなっていてトゥイッチをする事を前提に設計されているのがルナ メバルなのでただ巻きではほぼ棒泳ぎ!
いわゆるI字系の動きとなります!


ただ普通のI字系のルアーと違うのはルナにはリップが付いていると言うこと!

全く動かない訳では無く波の加減などほんの少し抵抗が掛かった瞬間だけプルプルっとローリングしてくれます!


言葉で表現するのであれば千鳥るI字系とでも言いましょうか!


スーッと棒泳ぎする中にイレギュラーでプルプルッと一瞬振るえるアクションがオートマチックに入ってくれます!
















そして特筆すべきはこの千鳥るI字アクションが出せるリトリーブスピードの幅が非常に広いという事なんです!

特別意識してゆっくり巻くとかはしなくてもデッドスロー〜スローくらいのスピード感(2000番ノーマルギアのリールで2秒1回転〜1秒1回転くらい)まではこの千鳥るI字アクションで泳いでくれます!



スローでもしっかりと泳いでくれたり、たまにバランスを崩してイレギュラー感が出るように設定されたミノーなどは多く存在しますが、I字とタイトローリングのオンオフをしながら泳いでくるミノーはなかなか無いと思います!


たまにプルプルっと振るえてはスーっと伸びる様に棒泳ぎする感じってシラスやハクなど稚魚系のちっちゃなベイトフィッシュに多く見られる泳ぎ方なんですよね!


メバルはもちろんですがシーバスやクロダイなど、5センチ前後のマイクロベイトを食べているフィッシュイーターはみんなこの動きが大好きです!












最初は魚のいそうなところに投げてあまり難しい事は考えずにゆっくりただ巻きしてみてください!


あとはルナが勝手に食わせてくれるはずです!!!








2つ目はトゥイッチ&フォール


横の動きに反応がない時やピンスポットをネチネチ狙う時はトゥイッチ&フォールを使っています!


トゥイッチング専用ミノーであるルナはもちろんトゥイッチングに対するレスポンスは非常に良く、少ない移動距離でしっかりと平打ちターンをしてくれます!

そしてその後に入れるフォールでバイトさせる訳なのですがルナはこのフォール姿勢が独特なのです!


よくあるスローシンキング系のメバルプラグはフリーフォールの姿勢が水平姿勢に設定されている事が多いのですが、ルナのフリーフォールの姿勢はけっこうな前傾姿勢となります!


ルナはフリーフォールだと前傾姿勢なのですがしっかりとテンションかけたテンションフォールをさせると、キレイな水平姿勢となってゆっくりカーブを描きながらフォールする様になります!

















フリーフォールで水平姿勢のプラグだとストップ時にはラインにはテンションをかけずに張らず緩めずを意識してストップさせなければならないのですが、ルナの場合はあまり深く考えなくてもピンピンにテンションかけておけばいい感じの水平姿勢を保ってくれるという訳ですね!


ラインにテンションが掛かっている状態で問題無いのでストップ時にもしっかりと存在感があり安心してアタリを待てます笑笑
(あのノー感じなステイが苦手な方はきっと多いと信じています。ちなみに私はめちゃくちゃ苦手です笑笑)


さらにはラインが張っているのでメバルからのアタリも手元までダイレクトに来るのでミスバイトも少なく、やり取りの主導権を取りやすい等、アングラーに有利に運ぶ事が多くなりますね!


やり方としては軽くロッドティップで3〜5回くらいトゥイッチを入れた後に糸をピンピンに張って待つだけ!

私はシャローエリアで釣りをする事が多いのでだいたい3〜5秒くらい待つ事が多いですが水深があるポイントならもっとフォールさせても良いと思いますよ!


とにかく水平姿勢でフォールさえしていればメバルは食って来ますのでしっかりとラインテンションを掛けて待ってみてください!








まとめると!


飛距離は出ないが表現豊かな小粒シンキングミノー!
ルナメバルを使う場面はズバリ!

『小場所、接近戦』

となります!


小規模な漁港や磯でも小さなワンドやスリットなどのピンスポットをテンポよくランガンするような時、もしくはそこにいるのはわかっていてスレさせる事なく1発で食わせたい時などにルナメバルを使っていきます!


ただ巻きではI字とローリングという食わせアクションのハイブリッド、横の動きに反応しない時はトゥイッチ&フォールの縦の動きにそのままシフト出来る!


つまりは浮かせなければいけない状況以外にはほぼ全て対応出来るという事になります!


射程距離は短いですが射程圏内のメバルを食わせる能力はものすごく高いミノーとなりますね!


小場所ランガンなら先発で、大場所のルアーローテーションの最後の食わせ要員として、ルナメバルは活躍してくれると思います!


釣具屋さんなどで見かけたら是非とも手に取って見てみてくださいね!!!


では〜また!!!!!



コメントを見る