プロフィール

丹羽 喜嗣

広島県

プロフィール詳細

カレンダー

<< 2020/12 >>

1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

アクセスカウンター

  • 今日のアクセス:9
  • 昨日のアクセス:59
  • 総アクセス数:416831

QRコード

検索

:

新作 〜スローダイバー〜

僕が私見を猛烈に吹き込んだルアーの第2段的位置付けのルアー。
ちなみに第一弾はA-jigでしたっ!

さぁそれはさておき、結論から申し上げますとっ、このルアー...
アジングにおける…

アミパターン特化型ルアーといえます。

2xreivcyzi2bgrwbdx3e_480_480-ea958f0f.jpg

何に特化してるのかというと、カタチもそれっぽさは醸し出していますが、
フォール時の水押しにとことんこだわった形状を有しています。
また、大型のリップフットがフォール速度をかなり抑えてくれます。
ざっくりですが、2gジグヘッド単体にスローダイバーをセットし、
一般的なストレート形状のワームに対し、1.6g単体と比べると、
同等以下で沈下していきます。

以上を端的に言うと。

アミを表現した水押しをアジにしっかり与えながら
ゆっくり沈むということ。


これなんです。マジで。これのみと言っても過言ではにゃいっ!
逆に言うとこれしか優位性はないとも言えるんです。

少々話はズレますが、アジングにおけるアミパターンは、水質に起因する
ところが多く、これによる地域特異性みたいなものもあるわけです。
アジングの極意は、アミパターンを制す釣りだと思ってます。
このアジに対峙するのがたまらなく面白い。ただひたすらに面白い。

そんな中から生まれたスローダイバーっ!
のっけから抜群の釣果(対比として自己保有ルアー各種)を出してくれてます。
 ※アバウトな表現ですみません。科学評論をする場ではないので笑
スローダイバーだから釣れた魚と言えるほどのシチュにも遭遇。

cbj6gm69b56yyew3bssr_480_480-3d3aff1b.jpg

アミパターンはフォールと極限的なクイックモーションを併せ持つ特性が
ある釣りと認識しています。そこを強く表現できたルアーであると。
クイックモーションについては、レオンさんをはじめいろいろ語っておられて
周知の事実的なところもあろうとおもいます。

しかし、なんですか、フォールの水押しにとことんこだわって表現できたルアー
としては、業界初みたいなところもあるんじゃないですか?
結果論として、アミパターンに効いていたルアーってのもあるとは思いますが、
いくら無知な僕でも、過去にはないと記憶しています。誤解だったらごめんなさい。

またですね、ライナップ各種におけるカラー展開も、著しく進化していてて死角なし
みたいな感じになってます。僕のこだわりの色表現を見事に再現していただけました。
カラーに自信が持てるのは、結構武器ですよね。
ちょっとだけ触りをいうと、カラーラインナップはアピール力という定義を、
ワーム本体の光の透過性・非透過性に着目して製作し、シチュエーションごとに
取り揃えた厳選の色展開であるということ。

既存のルアーにも適用されて、かつてとは違った展開が期待できるものになってます。
使えばわかるソアレシリーズ!という猫またぎ的な表現であえて締めくくらせて
いただきます笑

ではでは、またまた、しつこく続いていきます








 

コメントを見る

丹羽 喜嗣さんのあわせて読みたい関連釣りログ

登録ライター

用語説明ページへ

季節の変わり目の東京湾
3 時間前
タケさん

イガイルアーを作る
18 時間前
rattleheadさん

フローティングミノーを基準に…
21 時間前
有頂天@さん

ミノーのカラー考案してみた …
1 日前
ワカメマニアさん

大会は自分の釣りをリセットす…
3 日前
ケンスケさん

シーバスのリカバリーについて…
3 日前
ねこヒゲさん

今日の釣行。
4 日前
BlueTrainさん

流れの変化につくヒラメ
5 日前
RIKUさん

一覧へ