プロフィール

柳竿 シンゴ

東京都

プロフィール詳細

カレンダー

<< 2020/9 >>

1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30

検索

:

アクセスカウンター

  • 今日のアクセス:79
  • 昨日のアクセス:169
  • 総アクセス数:561010

QRコード

遠投ロッドを考える。

どうもこんにちは!
 

私のブログ記事に挙げた
 

ワールドシャウラ VS ベンダバール ~世界一の遠投ロッド~


如何だったでしょうか?

※まだご覧になっていない方は上⇈のタイトルをクリック!!
 

ある意味衝撃的な結果となりましたが、それは私自身も一緒です。。笑

どちらかというと、私は嬉しいよりもショックでした(T . T)

今回はこの結果を受けて

遠投ロッドに必要な要素とは何なのかを考えてみたいと思います。
 

【遠投ロッドに必要な要素】
 

①ロッドの長さ
 

ロッドが長い=飛ぶの構図は完全に崩れ去りました。

実際のところ

以前持っていたGクラフトモンスタージェッティ1002TRよりもワールドシャウラ17113の方が飛ぶ事実もありました。

ロッドが長くなれば抵抗となるロッドガイドも多くなりますし

ロッドガイドが多くなると持ち重りを考えてガイドも小さくなりがちです。
 

②ロッドガイド
 

これも以前から申し上げてきましたが、ロッドガイドはやはり大口径ガイドが飛ぶし、ガイドは少ない方が飛ぶ。

ロッドガイドは抵抗ですからね。

感度や操作性、コストパフォーマンス等を考えるのであればガイドは小さい方が安い、見かけ上のロッドの自重も軽くなります。

大口径ガイドが搭載されているにも関わらずロッドもめちゃくちゃ軽いワールドシャウラ17113のロッドスイングのトップスピードやルアーの射出速度はやはり半端ではありません☆
 

③ロッドは高弾性の方が飛ぶ
 

事実。ロッドは高弾性、曲げにくいロッドの方が飛びますし、飛びました。

しかし

ベイトタックルに慣れて居ない方にとってはバックラッシュ、高ギレが頻発するので、低中弾性のロッドが安心でしょう♪

そういう意味で誰しもが投げて飛ばし易いロッドというのは、フィッシュマンの提唱するような曲がるロッド

ロッドに仕事をさせるコンセプトがしっくりきますね☆

言わば、曲がるロッドは “ゆりかご“ と表現できます。

トラブルが起きにくい、扱い易いロッド、そしてアングラー自身を成長させる。

ベイトタックルをお使いの方が曲がるロッドが好きな方が大多数なのも頷けます。

一方で

曲げにくいロッドを曲げるキャスト技術をお持ちの玄人にとっては

曲げにくい高弾性ロッドを一瞬爆発的に曲げ込んだ反発力たるや驚くべきもので、全人未踏の飛距離を叩きだす。

多少のロッドレングスの差など関係なく飛ばすことができます。
 

④ロッドのグリップ
 

これについては考察中なのですが、ロッドのグリップは長ければ力は入れやすいが、ロッドの動き自体は小さくなってしまいます。

人によって力の入りやすい投げ易いロッドグリップ長があり、ロッドグリップが短い時の遠投はより技術と力が必要。これは言えると思います。

何故なら大きく振ることが求められる遠投ベイトキャストで、グリップが短いとタメが効かせにくい中でロッドを体から離して振り回すからです。

皆さん長いロッド、自重のあるロッドではグリップが長い方が身体も楽ですよね(^^)それは私もです。

ロッドグリップが長い方が一律一番飛ぶか?と言われたら私は違うと思います。

最大技術と力を出す中で、その人に適したグリップ長があると考えます。
 

【結論】遠投ロッドに必要な要素とは
 

アングラーの技術で使いこなせる(曲げこめる)ギリギリのロッドの弾性とテーパー、アングラーの体に合ったロッドグリップ長、ガイドの大きさやガイドの数、これらの絶妙なバランスこそが遠投ロッドに必要な要素である。
 

遠投ロッドを考えるにあたり、2020年8月時点での私の考え方は以上です。

それにしても2012年に発売になったワールドシャウラ17113はこの考え方を見透かしたかのように、8年も前から世に出ていたんですね☆

流石、遠投をコンセプトに村田基さんが作ったロッドだと言うだけあります。このロッドの良さに気がつくまで、私は8年も掛かりました、、

おそらく今ワールドシャウラ17113のように超軽量高弾性カーボンを多く使用した、オールダブルフットガイド、コルクストレートのロッドをメイドインジャパンで作るなんてことをしたら、とてつもない値段になるんでしょうね。。

将来、技術が進歩してもワールドシャウラ17113の持つロッドポテンシャルを超えるものはなかなか出てこないと思います。

扱いこなすには難しいが、使いこなせばとてつもない武器になる。
 


ワールドシャウラ17113R-2
 

は言わば
 

名刀であり、妖刀のよう。
 

私は今後暫く

ワールドシャウラ17113を身体に馴染むまで使い続けたいと思います。

そしてこのジャジャ馬を使いこなす手助けとなるのが
 


18アンタレスSMGL DCMD XG 17エクスセンスDC ロングディスタンスチューン
 

私の技術ではコイツ無しでは扱いきれません。。笑

超ライトルアーからビックベイトまでの超遠投をコンセプトに

遂にここから

ベイトを極めるための

“本当“の修行が始まる、、

「虎穴に入らずんば、虎児を得ず」

これまでも、これからも挑戦していきます。
 


→StreamDriver チャンネル登録
 
 

釣具ならAmazon
Yahoo!ショッピング
ないものはない!お買い物なら楽天市場

コメントを見る

登録ライター

用語説明ページへ

伊豆の秋イカとの戯れ
4 時間前
タケさん

浦戸湾アカメの探し方と、ナイ…
11 時間前
登石 直路(nao)さん

リール購入
1 日前
rattleheadさん

秋のマスターピース
1 日前
有頂天@さん

モンスターヒラスズキ
5 日前
ひびき さん

夏らしさが残る初秋
6 日前
渡邉 雄太さん

ミノージャーキングの面白さ
6 日前
シノビーさん

タックルを固定する意味合い
7 日前
ケンスケさん

一覧へ