プロフィール

Gonta

兵庫県

プロフィール詳細

アクセスカウンター

  • 今日のアクセス:61
  • 昨日のアクセス:54
  • 総アクセス数:653690

カレンダー

<< 2020/11 >>

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

生分解ワームの保存液の違いは?

まあ、企業秘密な部分の塊で

詳しい情報を得られないであろうとは思うのですが

ライトゲームに、ガルプとエコギア・アクアを持っていくのですが

別々の密封ボトルに入れていくのは

結構かさばって邪魔なんですよね (^^;;



短期間なら、ガルプをエコギア・アクアの液体に?

逆に、エコギア・アクアのワームをガルプ汁に?

入れても、大きな問題は出ないのでしょうか?

同じこと気になっている方はいると思うのですが・・・

もし、試したことがある方いれば教えてください~

■追伸
ブラックバスでは、閉鎖水域の関係もあり、既にかなり前から問題視されて、JB/NBCの大会などでは、生分解ワームのみ使用可能な大会なども開催されています。

ソルトでは、フィールドが広大であるが故に、あまり注目されていませんが、海底に根掛かったまま放置されるワームのことを考えると、ソルトでももっと積極的に広めていかないといけない気がしています。

一昔前の生分解ワームは、カラーも少なく、素材も硬かったり、生分解させない為の除菌剤が洗剤臭かったりして、釣果にマイナス影響があるものもありましたが、最近ではかなり進化・改善していると感じています。
ガルプでもクリアっぽいカラーも出ていますしね。

ここらで、みんなで考えないといけないことではないかと思っています。
放置されたワームやルアーや釣り具の回収や廃棄にお金かけるくらいなら、自然に分解されてなくなるルアーの開発に投資した方がいいのではないかな??

あ、追伸の方が長くなってしまいました。失礼しました。 (^^;

コメントを見る