プロフィール

パズデザイン

埼玉県

プロフィール詳細

カレンダー

<< 2022/12 >>

1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

検索

:

タグ

アクセスカウンター

  • 今日のアクセス:158
  • 昨日のアクセス:666
  • 総アクセス数:2380241

【TAGIRI】釣りフェスティバル2022 トピックス

 

 

6gzyhohdw7p9vowp395k_480_480-03936523.jpg

 

2022年、新ブランド【TAGIRI】が始動します。

スタッフ、テスター・サポーター…携わる各人の想いや熱意をメインストリームであるPazdesignとは違った角度、切り口で表現する。

それがTAGIRIブランドのコンセプトです。

TAGIRIブランドは『作りたいという「想い」を「形」として表現する』という部分に重きを置き、生産数や販売形態、時にはソルトウォーターやフレッシュウォーターと言ったジャンルや魚種の垣根に捉われることなく、『表現する楽しみ』をユーザー様と共有する。そんなブランドです。

Pazdesignを否定するのではなく、そのエッセンスをより自由に、フレキシブルに表現したいと思っています。

『滾る想いを形に』。それが【TAGIRI】から皆様へのメッセージです。

 

そして新ブランド【TAGIRI】の幕開けを飾るのがこの2製品。



ハンドメイド渓流ミノー
『TAGIRI』

渓流スプーン
『CHIDORI』


新ブランド【TAGIRI】ホームページはこちら


 

 

TAGIRI 50S(タギリ)
¥3,300(税込¥3,630)
length:50mm
weight:4.8g
material:Hardwood
type:sinking
hook:シングル#6(VANFOOK)
ring:#0(VANFOOK)
action:八の字ウォブンロール
range:10~30㎝
製品ページは
コチラ

 

この渓流ミノーの最大のコンセプトは「アップストリーム専用設計」という事。

名前の由来は
「滾る」つまり川の下流から上流に向けて突き上げるという意味からTAGIRIと命名しました。
渓流ルアーフィッシングの文化は日本独自のものであり、従来の伝統釣法「釣り上がる」を目標に掲げました。
約20年以上前、渓流ルアーフィッシングはまさにインディーズジャンルでしたが、先人達の努力により「渓流のミノーイング」という言葉が確率されました。

この成熟された時代に量産品にはない
「先の尖がった渓流ミノー」を世に出したい…

 

 

・独自のフォルム
デッドベイトを連想させる逆さまのシルエットに横アイ仕様、どれを取っても渓流ミノーでは斬新なセッティング。すべては「釣り上がる」為のニューコンセプト。

・ハードウッドマテリアル
材質は独自の「ヌメり感」を出す為に、ハードウッドを採用。
衝撃にも強く、安定した品質保持が可能。

・八の字ウォブンロール
左右にうねる様な動きは並行に流れる川に対してブレーキを掛け、更に細かなロッドティップのアクションと基板リップ採用により、短い距離で喰わせの間を演出。

・高比重タングステンウェイト
後方重心に配置する事により、圧倒的な飛距離(キャストフィール)を実現。

 

TAGIRI50S開発の中心人物、ルアー開発担当吉島が自ら執筆した連載【TAGIRI 深掘り】。

構想から製品になるまでのストーリーです。是非ご覧ください。


特別連載企画 【渓流ハンドメイドミノー TAGIRI 深掘り】 Vo.1

特別連載企画 【渓流ハンドメイドミノー TAGIRI 深掘り】 Vo.2

特別連載企画 【渓流ハンドメイドミノー TAGIRI 深掘り】 Vo.3

特別連載企画 【渓流ハンドメイドミノー TAGIRI 深掘り】 Vo.4

特別連載企画 【渓流ハンドメイドミノー TAGIRI 深掘り】 Vo.5

特別連載企画 【渓流ハンドメイドミノー TAGIRI 深掘り】 Vo.6

特別連載企画 【渓流ハンドメイドミノー TAGIRI 深掘り】 Vo.7

特別連載企画 【渓流ハンドメイドミノー TAGIRI 深掘り】 Vo.8

特別連載企画 【渓流ハンドメイドミノー TAGIRI 深掘り】 Vo.9

特別連載企画 【渓流ハンドメイドミノー TAGIRI 深掘り】 Vo.10 最終回



 

CHIDORI(チドリ)
¥540(税込¥594)
length:36mm
weight:3.0g /3.7g
hook:シングル#4
ring:#1
製品ページは
コチラ

 

千鳥る渓流スプーン、その名も【CHIDORI】
 

 

 

渓流スプーンに求められるもの…

それは
低活性時期の鱒達を如何にヒットに持ち込めるかという所にたどり着きました。
ボディーシルエットは限りなく細く小さくミニマムにする事、しかし泳ぎの波動は強く、フィッシュイーターにアピールする事でした。
この相反するコンセプトを元にフィールドテストを行い、ある答えを導き出しました。
一定の波動でも見切られ、且つ小さな波動ではアピールが不足して誘き寄せる事が出来ない…これが渓流スプーン最大の短所と捉えました。
ここにもう一つのテイストとして、自動的に左右に破綻させる動きを入れ、フィッシュイーターが思わず口を使ってしまうルアーを目指しました。


2022年、ついに「千鳥るスープン」の誕生です。
CHIDORIの左右に振らつく予測不能の動きは、まさに唯一無二の存在。

使い方は上流部から下流に目掛けて、キャストしてゆっくりと巻くだけで、最大のパフォーマンスを発揮する事ができます。




 

「上級者も納得できる、初心者に優しいルアー」


CHIDORIは、自然渓流から管理釣り場まで幅広くお使い頂けます。

 

【TAGIRI】ホームページはこちら

新ブランド【TAGIRI】ご期待ください。

 

 

 

 

・パズデザインHP
http://www.pazdesign.co.jp/

 

・パズデザイン公式Facebook
https://www.facebook.com/ZapPazdesign/

 

・パズデザイン公式Twitter
https://twitter.com/ZAP_Pazdesign

 

・パズデザイン公式Instagram
https://www.instagram.com/?hl=ja

 

・fimo釣りログ一覧
http://www.fimosw.com/u/zappazdesign

 

・Pazdesignテスター志賀憲太郎連載【夢道中】ログ一覧
https://onl.tw/nD36kYf

 

・Pazdesignテスター小助川光昭連載【マッチの部屋】ログ一覧
https://onl.tw/jebCWV5

 

・Pazdesignテスター飛田俊一郎連載【MAKING OF STREAM BEYOND】ログ一覧
https://onl.tw/dbTtUHx

 

・特別連載企画 【渓流ハンドメイドミノー TAGIRI 深掘り】ログ一覧
https://onl.tw/RhQ6ejz

コメントを見る