プロフィール

TICT

高知県

プロフィール詳細


TICT HP

webshop

twitter

facebook

studio

Az-ing lab

カレンダー

<< 2024/7 >>

1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

検索

:

アーカイブ

2023年 6月 (3)

2023年 5月 (7)

2023年 4月 (4)

2023年 3月 (11)

2023年 2月 (8)

2023年 1月 (6)

2022年12月 (1)

2022年11月 (2)

2022年10月 (2)

2022年 9月 (2)

2022年 8月 (4)

2022年 7月 (1)

2022年 6月 (4)

2022年 5月 (5)

2022年 4月 (6)

2022年 3月 (4)

2022年 2月 (2)

2022年 1月 (5)

2021年12月 (5)

2021年11月 (5)

2021年10月 (5)

2021年 9月 (4)

2021年 8月 (2)

2021年 7月 (2)

2021年 6月 (3)

2021年 5月 (2)

2021年 4月 (5)

2021年 3月 (2)

2021年 2月 (6)

2021年 1月 (8)

2020年12月 (1)

2020年11月 (7)

2020年10月 (5)

2020年 9月 (2)

2020年 8月 (4)

2020年 7月 (3)

2020年 6月 (5)

2020年 5月 (3)

2020年 4月 (3)

2020年 3月 (5)

2020年 2月 (6)

2020年 1月 (9)

2019年12月 (12)

2019年11月 (8)

2019年10月 (5)

2019年 9月 (7)

2019年 8月 (8)

2019年 7月 (6)

2019年 6月 (4)

2019年 5月 (10)

2019年 4月 (14)

2019年 3月 (11)

2019年 2月 (10)

2019年 1月 (10)

2018年12月 (14)

2018年11月 (15)

2018年10月 (13)

2018年 9月 (13)

2018年 8月 (12)

2018年 7月 (10)

2018年 6月 (11)

2018年 5月 (15)

2018年 4月 (14)

2018年 3月 (15)

2018年 2月 (10)

2018年 1月 (12)

2017年12月 (12)

2017年11月 (15)

2017年10月 (11)

2017年 9月 (14)

2017年 8月 (12)

2017年 7月 (13)

2017年 6月 (15)

2017年 5月 (13)

2017年 4月 (14)

2017年 3月 (16)

2017年 2月 (16)

2017年 1月 (18)

2016年12月 (17)

2016年11月 (16)

2016年10月 (20)

2016年 9月 (17)

2016年 8月 (11)

2016年 7月 (13)

2016年 6月 (20)

2016年 5月 (17)

2016年 4月 (16)

2016年 3月 (23)

2016年 2月 (18)

2016年 1月 (12)

2015年12月 (17)

2015年11月 (19)

2015年10月 (19)

2015年 9月 (23)

2015年 8月 (20)

2015年 7月 (17)

2015年 6月 (12)

2015年 5月 (18)

2015年 4月 (19)

2015年 3月 (20)

2015年 2月 (19)

2015年 1月 (21)

2014年12月 (18)

2014年11月 (19)

2014年10月 (19)

2014年 9月 (20)

2014年 8月 (14)

2014年 7月 (11)

2014年 6月 (10)

2014年 5月 (15)

2014年 4月 (14)

2014年 3月 (22)

2014年 2月 (18)

2014年 1月 (21)

2013年12月 (18)

2013年11月 (12)

2013年10月 (18)

2013年 9月 (21)

2013年 8月 (19)

2013年 7月 (23)

2013年 6月 (14)

2013年 5月 (10)

2013年 4月 (14)

2013年 3月 (17)

2013年 2月 (12)

2013年 1月 (12)

2012年12月 (12)

2012年11月 (11)

2012年10月 (10)

2012年 9月 (8)

2012年 8月 (14)

2012年 7月 (7)

2012年 6月 (5)

2012年 5月 (10)

2012年 4月 (13)

2012年 3月 (16)

2012年 2月 (16)

2012年 1月 (3)

2011年12月 (3)

2011年11月 (6)

アクセスカウンター

  • 今日のアクセス:288
  • 昨日のアクセス:429
  • 総アクセス数:3539001

QRコード

あの色付きリーダーがリニューアル!


題名の通りあの色付きショックリーダー
『ボルドーレッド』が  "Ⅱ"
になってこの度リニューアルします。
3k3wdhtrs8jshp6i5vfs_480_480-769788e3.jpg
マテリアルはもちろんフロロカーボン100%
HPはこちらから。
https://tict-net.com/product/bordeauxred2.html



と、いうことで、ボルドーレッドの開発経緯を今一度おさらい!


アジングでいまや当たり前に使用される極細エステルラインやPEライン。そしてそれらにジョイントされる細糸リーダー。

一般的には釣り糸が細いほど水中からの情報の伝達度や飛距離、サカナへのプレッシャーなどの面からメリットが大きいと言われます。

しかし!これらに匹敵するほどのデメリットがあります。

それは、、、、
 


見えづらい!! 



ショックリーダーが見えづらいと様々なことに大変体力を使います笑

結束時に上手くできなかったり、傷に気づかず悔しい思いをしたり、切った後にすぐになくしてしまったりなんてことも!!

特に夜、冬は正直嫌になることもあったりしますよね笑笑


文句はこれぐらいにして、
そんな人に向けて開発されたのがボルドーレッド!


で!
今回ボルドーレッド2になり基本コンセプトは変わらないのですが、
少し変更した点があります。


まず1つ目は発色の強化により、さらに見やすくなりました。
rhbigsnpmpibcdkwyfu3_480_480-4da45030.jpg
←左がボルドーレッド2          右がボルドーレッド→
wcvjeb84m2s6urmd2ojy_480_480-d2e5d9c6.jpg
写真の緑のラインはエステルラインのジャックブライト
色付きのライン同士だと結束時の視認性がより上がります。



2つ目は号数のラインナップ。
ボルドー2は0.6/0.8/1.0号の3種類のみになります。ebgx4hrna8v59znjynfn_480_480-c0657da8.jpg
もし、もっともっと細い号数がほしい!という方が居れば、メッセージ下さい笑
 
 


ちなみにスプールサイズは変わっていませんので、リーダーホルダーにももちろんバッチリですよ!








まもなく発売予定となっております!

よろしくお願いいたします!!!
 







 

水辺を美しく、マナー良く楽しもう!

98ug9gnvxwubwgd7usks_480_480-d2983e04.jpg

tict-net.com


tict-onlineshop.com​


twitter.com/TICT_Official​


facebook.com/tict.official


youtube.com/user/studioTICT


www.fishing-v.jp/azing2/



企画・デザイン 辻村

コメントを見る