プロフィール

shotaro

東京都

プロフィール詳細

カレンダー

<< 2022/7 >>

1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

検索

:

タグ

アクセスカウンター

  • 今日のアクセス:24
  • 昨日のアクセス:11
  • 総アクセス数:40575

QRコード

はじめての磯ヒラスズキ

念願の磯ヒラデビュー

ショアのラスボスはヒラマサかヒラスズキだろう。

普段中の海の釣りの多い自分は勝手にそう思っていた。

でもやはり荒れた磯は死と隣り合わせ。

一度流されているので恐怖心が身につきハードルが上がっていた。

でもそんな自分が嫌で殻を1つ破りたかった、、

荒波に立ち向かう姿がカッコいいというよりは自分の中ではアングラー不利の外海の大場所で魚を出せるのがかっこいい。そんな感じだった。

次に荒れたらヒラに挑んでやろうと磯の装備を一式揃えた。決戦当日。

天気図を見て東の2mうねりだから東側の磯に入ろう。流された際は4mだったので2mなら戦えるかも。

初心者なので考えてたことはそんなもん。

現場に着くと思ったより荒れていた。2mとはいえ一面サラシに加えて爆風。 

外海の釣りを普段しない自分にとっては全てが怖かった。

でも流されて学んだことが一つだけある。

メディアを見ると波を被っている人もいるが、完全に波を読めるようになるまではとりあえず

濡れていた形跡のある磯には絶対立たない!!

それを頭に入れながら釣りをする。

水をかぶらない立ち位置から釣りをしていると突如風向きがかわり向かい風の爆風に。

ミノーが前に飛ばないぐらいの風だったのでジグにつけかえた1投目に足元でバイト。

食うと思っていなかったのでむちゃくちゃテンパったが、自分のラインシステムを信じてゴリ巻きした。

できてないけど頭の中には井上友樹のファイト映像が浮かんでいた。

エラ洗いした個体は60センチぐらいだったがシーバスの何倍ものトルクでびっくりした。

ランディングはどうしても水に近づくので怖かったが波を見てずり上げた。
b79oipeimxnwmckm23ds_386_480-3898ec6c.jpg

エントリー時にランディングのポイントは決めておかないとダメですね。

シングルフックがカンヌキにブッ刺さっていたので奇跡的に取れたが、あの引きの突っ込みを止めなければならないとなると4番ぐらいはないとお話しにならないと思った。

次のキャストでスリットの間を通すともう一度バイトが出たが、明らかに1匹目よりサイズがでかく、8キロぐらいかけていたつもりのドラグが秒で出されてぶっちぎられた、、

70とか超えてくると取れるかどうかは運ゲーの要素が入ってくる気がした。

ヒラスズキが着くポイントの条件、ベイトの条件、風の条件、うねりの条件、時間の条件、全てが揃わないと釣れない、まさにショアの釣りのラスボス感。

逆にこの魚を的確に狙って釣れるようになれば外海の釣りも怖くなくなる、まさに最高の教材なのではないかと感じた。

外海にしかいない魚なので通うのが難しいけど行ける時は頑張って行って勉強しようと思う。

<タックル>
ロッド:ダイワ ラテオ110mh

リール:ダイワ ルビアスlt4000cxh

ライン:シーガー 完全シーバス1.5号 ステルスグレー

リーダー:山豊テグス 耐摩耗ショックリーダー35lb

コメントを見る

shotaroさんのあわせて読みたい関連釣りログ