居残りスズキ

  • カテゴリー:釣行記

長潮 下げ8部ほどからの釣行です。







市内河川 気温8度 水温8℃
今年は暖かいですね、例年よりも気温も水温も+3℃くらいはある感じでしょうか。






その高水温の影響でしょうか、上げ潮に乗って入ってくる魚がこの時期にしては少し多いような気がします。
極寒期には温水を好むであろうボラさん達が河川に多いのも水温が高いことが影響してるのかと思います。







そして肝心のシーバスですが、やはり川にベイトが多いことからアフターの体力回復が早いように感じます。もしかしたら海の方にもベイトが多いのかもしれませんが、釣れる魚のコンディションはあまりこの時期っぽくないシーバスが多いように感じます。

wcjeh3nd736uds6f859z_480_480-a2264be7.jpg

本業の方が忙しくて書き忘れてた少し前のジョイクロフィッシュもコンディションばっちぐー。
産卵に絡んでいるのかわかりませんが、ファイトはハイシーズンと遜色なし。
















この日も例年なら時期的に問答無用で込み狙いなのですが、下げ残りの川の流速とベイトっ気、濁り具合が非常にいい感じでマッチしていかにも魚が出そうな雰囲気だったので少し集中して入水します。









奥の流心よりも手前の方が流れが良く効いていてやる気がある奴はこっちかな〜とオグル85SLMをセット。










活性が高い魚がいればだいたい5投くらいで答えが返ってくる事が多いのですが…











まずは1投目…
橋の下の明暗部、明るい方に着水させて流れに任せて暗い影の中にルアーが吸い込まれていきます…












オグルふらふらふら〜〜…
ルアーがダウンに入って水を掴むと手元にオグルのスラロームする動きが感触で伝わってきます。
だいたい食ってくるのはこの瞬間です。













うんうん、流れはこんな感じね。
やっぱりいい流れ。













2投目は1投目よりも少しターンを遅らせて暗い方にしっかりと入れるように意識してルアーを流していって余分なラインスラックを取りながらここだと思ったタイミングでラインテンションを張ってオグルが水を掴んだ瞬間だったでしょうか。









ゴンッとこの時期には珍しくひときわ強めなひったくりバイト。
次の瞬間ゴボゴボゴボとエラ洗い。








少し緩めなドラグがジリジリ、ゴンゴン走る元気な魚。








流れも相まってサイズのわりにはいいファイトをしてくれましたが、難なくネットランディング〜。

4mmmvyx9pyytghp8kd6e_480_480-2c6184db.jpg

重たい〜。

腹ぽんぽんのグッドなコンディション。
何が入っているんかなとお腹を触診してしてみるとゴロゴロと触れる比較的厚めで小判状の20センチほどのベイト。…これは…コノシロ?






触っただけではなんとも言えませんが、どちらにせよ大型のベイトを食ってるやるキングシーバスがこの時期に出てくれるのは嬉しい限りです。













なんだかこの日は良さそな幸先の良いスタートを切ったかと思いきや…
その後が全く続かず、本命の込みもまだ動く潮が小さい影響で上げの流れがほとんど効かず釣りにならず…。












コノシロの気配を感じながらも残念ながら納竿です。











いまごろコノシロパターン?笑

pdkjyeotpxjvo86anu9j_480_480-4b3d2e85.jpg







ロッド  Gcraft monster stream limited 912-TR
リール  17TWIN POWER XD C5000XG
ライン  山豊テグス FAMELL JIGGING 1.5号200m
リーダー  山豊テグス 耐摩耗ショックリーダー 25LB
スナップ  BOMBA DA AGUA NO.1

コメントを見る