プロフィール

0☆3★6

静岡県

プロフィール詳細

カレンダー

<< 2020/10 >>

1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

検索

:

アクセスカウンター

  • 今日のアクセス:9
  • 昨日のアクセス:126
  • 総アクセス数:1330360

ウルトラフィネスは…

  • カテゴリー:style-攻略法
かなり釣れます

結論を先に述べました

昨日の釣りログで「また今度…」と書いたので、今日はライトリグに於けるいわゆるウルトラフィネスの釣りについて、ここの所、自分がやり込んでわかったことをまとめてみようかと思います

ただこれはあくまで私のかなり予断と偏見に満ちた私見であることを先に断っておきます




最近、各メーカーさんから極細のラインが発売されてきています。

その0.5号未満のラインを使ったライトリグの釣りをここではまずウルトラフィネスの釣りと規定して話を進めます。

※ ホントのウルトラフィネスはモノフィラ0.4号以下のラインを使用する釣りだとは思いますが



なぜ、ウルトラフィネスがよいのか

ラインが細いからです(当たり前のことですね

ではなぜラインが細いと釣果が変わるんでしょうか

昨日の釣りリグで書いたように魚がワームを吸い込む瞬間は、魚と人がラインを介して綱引きをしてるんです。

つまり、

魚がワームを吸い込もうとする力JHの重さ+ティップの反発力+α

という図式ができているんです

魚がワームを吸い込む力が抵抗する力(の右側の力)に勝っていれば口の中に入る

右側の力が勝っていれば、入らないという訳です



1gのJHを使用しているとします。

すると、JHの重さは固定されますしロッドも1本しか使用できないからティップの反発力も固定されます。

そうなると「+α」の力の大きさで魚がワームを吸い込むのに必要な力が決まります。

この「+α」の力がラインの太さで決まってくるのです。



ではこの「+α」の力とは何でしょうか

自分は、

・ラインが潮や風によって横に流されることによって生まれるJHには上方向に作用する力

・ラインを引っ張ることに対する抵抗力(水との摩擦によって生じる力)

の大きく分けて2つだと思います。

この2つがラインの太さによって変わるんです。

ラインが太ければ太い程、表面積は大きくなり潮や風の力をより大きく受けることになりますし、摩擦力も大きくなります

細ければ小さくなるんです

したがって、魚の吸い込む力も小さくてすむという訳なんです



また細いラインを使うことで、この「+α」の力が小さくなる訳ですから、同じ重量のJHでもより深い所へと速く沈めることもできます。

ということは同じレンジを探るにしてもより軽いJHを使用することができるということ

そうすれば魚がワームを吸い込むのに必要な力をさらに小さくすることができます

もちろん細いラインを使えば飛距離も伸びます



いいことずくめのウルトラフィネスのように見えますが、当然デメリットもあります

細いラインほど引っ張り強度が低いということ…

要するに切れやすいということですね

それとPE、フロロ、ナイロン、ポリエステルと各素材によって異なるメリット&デメリットがあります。

極細ラインを前提として、以下にそれをまとめてみます。

◯PE
メリット
・最も強度がある。
・伸びがなくテンションを掛けた状態ではもっとも感度に優れる。
デメリット
・ブレイデッドライン(より糸)のため表面が滑らかでなく、同じ太さならば潮や風の影響を最も受けやすく、飛距離も落ちる。
・張りがない為、少しでもテンションが掛からなければアタリが伝わらない。
・比重が水より軽いため、浮力が抵抗力となる。
・細ければ細い程、高価。

◯フロロ
メリット
・PEほどではないがある程度の強度がある。
・比重が高いためJHまでのラインがまっすぐになり抵抗力がすくない。
・モノフィラ(単線)ラインのため表面が滑らかで抵抗力がすくない。
デメリット
・ナイロン程ではないが、細くなればなるほど伸びが出る。
・PEに次いで高価。

◯ナイロン
メリット
・モノフィラ(単線)ラインのため表面が滑らかで抵抗力がすくない。
・もっとも安価。
デメリット
・もっとも伸びる(感度が落ちる)。
・吸水性があるため使用していると強度が落ちる。
・比重が水より軽いため、浮力が抵抗力となる。

◯ポリエステル
メリット
・フロロに近い強度がある。
・比重が高いためJHまでのラインがまっすぐになり抵抗力がすくない。
・モノフィラ(単線)ラインのため表面が滑らかで抵抗力がすくない。
・PE程ではないが伸びが少なく感度に優れる。
・フロロに比べると比較的安価。
デメリット
・伸びがなく、それほど強度がないため切れやすい(フロロやナイロンのショートリーダーが必須ないと結び目からすぐ切れます)



使い方によって、デメリットがメリットになることもあるので、どれかの素材が絶対的によいという訳ではないです

自分はポリエステル素材のJokerを現在、愛用しています。

感度も使い勝手もいいですよ

ただショートリーダーは必須です

でないとアワセ切れします

CjxfGeNwCvCh8WpmRL8z_480_480-67ea2047.jpg
 ※ 0.2号&0.6号フロロショートリーダーで釣りましたこれくらいはドラグの調整で行けます



今日書いたことは今、現状で自分が思っていることです。

また気づいたことがあればまとめようとは思っています



あっそれと極細ライン使うときはドラグゆるゆるが基本です

それとできるだけ滑り出しのよいドラグのリールを使用することをお勧めします


コメントを見る

登録ライター

用語説明ページへ

10月27日釣行。
9 時間前
BlueTrainさん

はじめてのボートシーバス
1 日前
ワカメマニアさん

気になるアイツ!〝SLX DC〟を…
2 日前
ねこヒゲさん

アカメ遠征 後編
2 日前
登石 直路(nao)さん

人の初物に立ち会える幸せ
4 日前
ひびき さん

【理想的なシンペンに出会えた…
4 日前
ケンスケさん

二人目のテスター誕生♪
4 日前
rattleheadさん

一覧へ