プロフィール

おっちー

東京都

プロフィール詳細

カレンダー

<< 2020/10 >>

1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

検索

:

アクセスカウンター

  • 今日のアクセス:16
  • 昨日のアクセス:91
  • 総アクセス数:563372

アーカイブ

2019年 9月 (2)

2019年 8月 (5)

2019年 7月 (7)

2019年 6月 (6)

2019年 5月 (10)

2019年 4月 (3)

2019年 3月 (5)

2019年 2月 (5)

2019年 1月 (4)

2018年12月 (10)

2018年11月 (9)

2018年10月 (7)

2018年 9月 (3)

2018年 8月 (4)

2018年 7月 (5)

2018年 6月 (10)

2018年 5月 (6)

2018年 4月 (5)

2018年 3月 (4)

2018年 2月 (3)

2018年 1月 (4)

2017年12月 (10)

2017年11月 (5)

2017年10月 (6)

2017年 9月 (2)

2017年 8月 (5)

2017年 7月 (10)

2017年 6月 (12)

2017年 5月 (7)

2017年 4月 (4)

2017年 3月 (8)

2017年 2月 (4)

2017年 1月 (5)

2016年12月 (9)

2016年11月 (6)

2016年10月 (9)

2016年 9月 (3)

2016年 8月 (5)

2016年 7月 (5)

2016年 6月 (7)

2016年 5月 (9)

2016年 4月 (10)

2016年 3月 (7)

2016年 2月 (7)

2016年 1月 (7)

2015年12月 (14)

2015年11月 (12)

2015年10月 (9)

2015年 9月 (11)

2015年 8月 (6)

2015年 7月 (7)

2015年 6月 (9)

2015年 5月 (7)

2015年 4月 (7)

2015年 3月 (6)

2015年 2月 (11)

2015年 1月 (7)

2014年12月 (18)

2014年11月 (14)

2014年10月 (13)

2014年 9月 (10)

2014年 8月 (9)

2014年 7月 (11)

2014年 6月 (12)

2014年 5月 (15)

2014年 4月 (13)

2014年 3月 (11)

2014年 2月 (15)

2014年 1月 (11)

2013年12月 (21)

2013年11月 (9)

2013年10月 (15)

2013年 9月 (14)

2013年 8月 (14)

2013年 7月 (19)

2013年 6月 (17)

2013年 5月 (16)

2013年 4月 (11)

2013年 3月 (14)

2013年 2月 (12)

2013年 1月 (8)

2012年12月 (17)

2012年11月 (15)

2012年10月 (16)

2012年 9月 (12)

2012年 8月 (9)

2012年 7月 (12)

2012年 6月 (8)

2012年 5月 (9)

2012年 4月 (8)

2012年 3月 (7)

2012年 2月 (8)

2012年 1月 (4)

2011年12月 (13)

2011年11月 (13)

2011年10月 (7)

2011年 9月 (10)

2011年 8月 (9)

2011年 7月 (7)

2011年 6月 (7)

2011年 5月 (10)

2011年 4月 (9)

2011年 3月 (14)

2011年 2月 (2)

2011年 1月 (3)

2010年12月 (5)

2010年11月 (7)

2010年10月 (8)

2010年 9月 (9)

南東風とシャロー

9月2週目某日

少し湿り気を帯びた南東風に吹き付けられ、時折やってくる風波の飛沫を頭から浴びながら荒川に向けてルアーを放つ。


風に寄せられたのか?

流れを避けただけなのか?

それとも危険を察知して本能でその場に居るのか?


シャローの手前に群れたイナっ子が、ラフな水面から時折飛躍して姿を見せる。

その要因のひとつはルアーを通すと直ぐにわかりました。



犯人はダツ


ベイト塊の周囲を通すとすぐさまダツがバイトしたりスレ掛りしてしまう。。。

そこで夜の水面をしっかり観察すると、ダツに囲まれたイナっ子が逃れるように時折跳ねて流れの筋に吸い込まれてゆくのが見える。

その光景を眺めながら向かい風の中、シャローをかすめる流れを狙ってゆく。


ルアーを通すと、風に押されたシャローの水が零れるようにファーストブレイク上に流れて加速し、その流れの影響で強い風の中でも薄いヨレがあるのがわかる。

そのヨレの中にもダツはしっかりと居ましたが、ダツのバイトは気にせずルアーを流し、その流れが緩む地点にルアーが差し掛かるとシーバスのバイトが出る。


そんなバイトが数回出て、立ち位置を少し変えた所でようやく。


ドン


ヒットルアー:アイマコモモ


同じようにルアーを流し、ダツのバイトは気にせず~

ドン



ヒットルアー:アイマコモモ


流速が少し速まったので、コモモスリム130Fにチェンジして同じレーンを流し込み、ターンしてヨレに入った所で~


ドン

ヒットルアー:アイマコモモスリム


この日最大の重量感を楽しんだ所で、この夜を終える事にしました。



台風後、一旦コンディションを落として居た河川も場所によって復調し始めた様子で、ようやく秋の気配。

この秋はどんな魚に出会えるかな?

と、揺らぐ水面に思い巡らす秋の始まりは、毎年毎年わくわくです。

コメントを見る

おっちーさんのあわせて読みたい関連釣りログ

登録ライター