渋いときこそ弱々しいベイトを演出

.
4月後半の釣行。
.
反応も流れもイマイチで渋い中、ゲンマ85Sの流し込み方を実践。
流したいピンまでのトレースコースをイメージしてアップクロスへキャスト。弱ったベイトが流れに負けて流されていくイメージでスローリトリーブ。ピンに送り込むイメージ。
このあたりか?と思っていたよりも少し流したところでガツンとバイト。ハーモニカ喰いした細身の70後半をキャッチ。

vh73gns86csdgrddufoa_360_480-d19122d8.jpg

zg37m6gb3xo4v6pt6ddu_360_480-6c93820e.jpg

ゲンマ85S17Gは他のシンペンに比べて、渋いときなどタフコンにも強いですし、何よりサイズが良い気がします。

今回の食わせ方は、月刊つり人6月号で久保田剛之さんの新連載記事にも詳しく記載されていて、流し方の他にもこれからシーバスフィッシングを始めてみようと思っている方や、おさらいしたい方にもおすすめです。
zyjpe4n347hxc8fuup7w_287_388-f0481465.jpg
.
ロッド: SWAT SW972SML 天龍
リール: 19CERTATE4000CXH DAIWA
ライン:  よつあみ UPGRADE X8 1号 
リーダー:  耐摩耗ショックリーダー(ナイロン)20lb 山豊テグス

コメントを見る

登録ライター