プロフィール

山田直樹

石川県

プロフィール詳細

カレンダー

<< 2022/5 >>

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

検索

:

タグ

タグは未登録です。

アクセスカウンター

  • 今日のアクセス:28
  • 昨日のアクセス:157
  • 総アクセス数:1186947

QRコード

オフショア

  • ジャンル:釣行記
2週間ぶりの休日。
睡眠をとることなくオフショアでライトゲームを楽しんできました。


狙いはシイラとカンパチです。
シイラは潮目に居着くので、まずは沖の潮目を目指します。
潮目に到着すると、今度は漂流物やシイラのジャンプを探します。

潮目を走ることしばらくで漂流物に居着くシイラを発見。
日本海のシイラはアングラーに叩かれていることがほとんどないので、ルアーに対する反応はすこぶる良好です。

なのにルアーへ反応してくれません。
正確にはやや興味を持つのですが、クチを使わない状態です。


???


何でや?


この群れを諦め、次の群れを探します。
すると巨体な群れに遭遇。
次こそ頂き!

でも反応は最初の群れと同じで少し興味を持つ程度。


ふっ思議やなぁ~。
なんて首をかしげていると…。


写真には姿が見えませんが、数十頭のイルカの群れが現れました。
シイラの低活性はこのイルカが原因です。
と、なると当然カンパチも低活性が予想されます。

とりあえずイルカが姿を現した海域からなるべく離れ、カンパチが狙えるギリギリのポイントへ移動。
ただ、イルカの回遊もかなり広範囲に渡りますので、カンパチも怯えているハズです。
で、カンパチもチェイスはあるのですが、クチを使うまでには至らず。


更に岸寄りの浅場でライトジギングを開始。
さすがにこの浅場はイルカの影響がなく、サカナが出ました。


ウッカリカサゴ。


ブリの幼魚は高活性でした。
ショアトリッカーのピラピラアクションにはすごく良い反応を見せました。
ただ、サイズが…。


激務前にもオフショアに出たのですが、その時は強風で釣りにならず。
そして、今回はイルカショーで釣りにならず。

残念な結果が続いていますが、これも自然を相手にした釣りの現実です。
次は3週間後にオフショアを予定しています。
何とか良い釣果にありつきたいものですね。

コメントを見る