プロフィール

ガリベン

三重県

プロフィール詳細

カレンダー

<< 2021/7 >>

1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

検索

:

アクセスカウンター

  • 今日のアクセス:5
  • 昨日のアクセス:31
  • 総アクセス数:128504

QRコード

【極上中二病】サーフのヒラスズキについて

2月に始めたばかりなのに…
いくら何でも、中二病が過ぎるのでは…

でも、書いてしまいます

サーフのヒラスズキについて
(* ̄∇ ̄*)エヘ


とはいえ

まだよくわかっていません(爆)
( ゚∀゚)アハ

なので、わかったところまで書きます

まず、よく行くサーフの形状ですが
by48yc4pxjga6hnj7smd_480_480-76f2b0cb.jpg
こういう一直線に深くなっていく形状ではありません

dczbvwc3v4b369x85kt8_480_480-8f5aad03.jpg
このように凸凹しながら深くなっていきます

で、大潮の満潮時などは
weepf6ukfnsum5tnudnt_480_480-fc11ba1a.jpg
このように手前にできたブレイク(深み)にかかるようにサラシができるため、絶好の時合となります

でも、潮が引いたり、大潮ほどの潮位でないときは
ofgew2btzsyhhjfsimtc_480_480-bfd37409.jpg
こういう状態になります

まだ僕はこの状態で食わせる方法がわかりません
今日、エントリー時がまさにこの状態だったのですが、やはり食いませんでした

で、潮が引いていくと
efutbdc5avyy955t237i_480_480-e1b3920e.jpg
一段下のブレイクに魚がつき、その上にサラシがかかるようになります
多分、僕が釣れたのはこの状態になった時ではないかと
確証はありませんが、仮説として考えています

で、サーフでキャストしている間、僕は常にキョロキョロしてます

それは
3ba5mutxhn82dpopxhag_480_480-cf77edf2.jpg
この状態で釣ってる人を見つけるためです

どうも、ジグやワームに手がかりがあるようですね

どちらも普段はほとんど使いませんが、引き出しを増やすために、次回に試してみることにします

コメントを見る

ガリベンさんのあわせて読みたい関連釣りログ

登録ライター

用語説明ページへ

旧江戸デイ・今度は本気
2 日前
タケさん

ノコギリクワガタの幼虫
4 日前
平田孝仁さん

雨の恩恵に助けられて。
14 日前
渡邉 雄太さん

ブログの時代は終わったのか
16 日前
登石 直路(nao)さん

ビッグベイト初心者によるビッ…
23 日前
ねこヒゲさん

宍道湖シーバス 夏の匂いが
26 日前
西村さん

ベイトキャスティングで肩を故…
30 日前
柳竿 シンゴさん

これが高級竿?
1 ヶ月前
rattleheadさん

一覧へ