プロフィール

RED

千葉県

プロフィール詳細

カレンダー

<< 2024/2 >>

1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29

検索

:

釣り寝坊

  • ジャンル:釣行記

月曜は代休。家居ても暑いしなぁ・・・。
財布を見りゃ残金3000円也。
ジェネラルに渓流誘われてはいるものの、奥多摩までのガス代が無い。
む、むむ~~ん・・・。

結局、利根川のオカッパリに行くことにする。
しかし朝マヅメに間に合うよう3時にセットしたのにも関わらず、お約束の二度寝状態。
ハッとして気付くと朝7:30。完全にやっちまっておる。
ノコノコと家を出発し、アムズへ寄って釣り道具の準備。
タイミングの悪いことに横では朝礼が始まっている。
正式な手続きで取得した代休なのに、なぜか後ろめたい感じ。
なんだかなぁ・・・フック音を立てないようにコソコソ準備をして、これまた裏口からコソコソと出発。

オレ、なんか悪いことしたか?

なんとも後味の悪い出発。
やっぱ寝坊すんじゃなかっとブツブツ言いながら利根川河口へ。
まずはいつも会社帰りに寄るポイントへ。
水深がまずまずあるのでブレード系を投げてみるものの・・・イマイチ。
それどころか巨大アカイェイを掛けてしまい変な意味で目立ってしまう。
昼間からヒマなオジサンが集まってしまいヤンヤヤンヤの大騒ぎである。

どーもこのポイント、工事が本格化して水路を塞いでしまったらしく水の動きも悪くなってしまった。
表層にはアクみたな泡が浮き、水質極悪。まるでターンオーバーしたような感じだ。しかも臭い。
ちょっと水質が良くてベイトが溜まっているところを探してみる。

こんなインレットどうかな?っと思いロッドを振ってみる。
ベイトもイナっ子がグシャグシャ。朝夕マヅメあたりなら本流と支流をベイトが行き来するはずだ。
こりゃ良さ気だなぁ~っと思うものの、近くの豚舎の匂いがあまりにきつく、
足元にはペットと人間のものと思われるウン〇がいっぱい!!
危うく踏みそうになりながら、匂いに耐えるものの集中力が続かず退散!!
魚網と豚舎の匂いだけは苦手なREDなのである。

続いてドブの排水。臭い!臭い!!臭い!!!
マサッチなら「これは水カビと硫化水素の匂いだね」っと解説してくれそう。

しかし、流れはあってイナっ子はタップリ!
釣れそう・・・ではある。水深は干潟っぽくてシャローフラット。
底の質はこんな感じ。

河口から数キロあるものの海砂とドロが堆積しちょる。
ちなみに黒いツブツブはシジミ。カニさんもウロチョロしてるしベイトは豊富そうに見える。

シラサギ君なんかも真剣にイナっ子狙ってますね。
イナっ子は5cmくらいから70cmくらいまで、とにかく色んな大きさの群れがジャバジャバ。
実に魚々しい風景が広がっちょります。
「あ~あ、早起きしてりゃトップに出たかもなぁ~」
っと寝坊したことを呪いつつもとりあえずプガチョフコブラを投げる。
しかし時間はもう昼11時。干潮ソコリを迎えつつあり実にアンニュイな気だるい雰囲気。
沖はどんなんだろ?っとミノーにチェンジしてみる。
すると、どうやら潮目っぽい筋ができているところがブレイクらしい。
筋を過ぎるとボトムにガスガス当たる。あの辺まではウエーディングできるってことだろう。
あのブレイク、臭いなぁ~っと思いつつ、怪しいところでトゥイッチをかけているとゴゴン!っとアタリらしき感触が・・・。

おおっ!フッコ君、やっぱ居ました!!
とりあえず写メを撮ってウッチー先輩へメールしていると、フッコ君が暴れまわってテトラの隙間へドボン!!
「ヌオオオォォオオオ~~!!『上州屋.net』のネタが逃げるっ!!」
テトラの隙間に手を突っ込むRED。

プスリ!

「痛でぇ!痛てててて!!」

フッコ君の背ビレが手にプスリ!ク、クッソ~~!!
土手の上では犬と散歩をしている地元民約2名。怪訝そうな顔でこっちを見ている。
いや、違うんだ、コレも仕事の一種でしてそのあの・・・
そんな隙にフッコ君は利根川へと脱走していったのである。

あーついて無え!こんな時はメシメシ!!
暑いし夕マヅメまで休憩じゃ。

っとまぁそんあワケで銚子市街へ昼メシを食いに行く。
行き先は食っても食っても減らないという不思議なラーメン屋である。

Noぉぉぉぉおおおお~~~閉まっとる!!!
仕方なく分店の方へ。

お気付きの方はいると思うが店の名前は『大塚支店』『大塚分店』。
なぜか本店は無い。なぜ???

ちなみにラーメンを食っても食っても減らない理由だが、麺が冷麦みたいだから。
つまり高速で食っても麺がジャンジャンスープを吸ってしまって伸びてしまうのだ。
後半になるとスープを吸いすぎて麺がグニャグニャになり、箸でつまんでもブチブチ切れてしまう。
実に不思議な銚子のソウルフードなのである。
旨いかどうかはアナタが食って、お試してみることをオススメしまする。ぐふふ。

腹ごなしで銚子電鉄を見に行く。
中ノ町駅の車庫は入場券150円で見学できるのでREDお気に入り。

久しぶりの銚電見学だけど、元京王線中古車両が入線しとりました。
この色使い、懐かしいのぅ~~!!
ちなみに後から銚電のHPを調べると記念式典やってたみたい。
http://www.choshi-dentetsu.jp/denden/ibento.htm#1 

夕マヅメに再び釣れたポイントへ戻ると、強烈な南風が入り水面ジャバジャバ!!
終いにゃジャジャーっと強烈な夕立が振ってきて強制終了となってしまいやした。

なんだかよくワカラ~ン1日を過ごしてしまいやした。

コメントを見る