プロフィール

上宮則幸

鹿児島県

プロフィール詳細

カレンダー

<< 2019/7 >>

1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

検索

:

アクセスカウンター

  • 今日のアクセス:354
  • 昨日のアクセス:473
  • 総アクセス数:2923140

QRコード

因と縁 11

実釣9日目

9日振りに川に浸かる。
このシーズンにこれだけ間を開けての釣りなんて、これまでは考えられないことだ。
ただ、雨も止み久々に川の水が落ちて魚釣りが出来そうとなると、テンションも上がる。
相方も快く送り出してくれて、気兼ねなく釣りに集中できる。

先行者は無し。
キャストを開始すると二人がショアにエントリーした。
広い広いエリアにアングラーはおれを入れてたったの3人。
まぁ、この時季はこんなもんか。

ぶっちゃけ状況は全くわからない。
田植えが始まっているから、各支流の水質の具合が気掛かりだし、それを把握しない限りはお目当てのカワヌベには逢えないのはわかってる。
取りあえず、濁りの影響が無い荒瀬川の水の筋のおよその位置を勘を頼りに探る。
開始早々にバイトを拾うが…

hej9s22j2ej6ye6ey4em_920_518-0ff92f2e.jpg

ヒットルアーは肝属の定番中の定番ピース100。
狙いの魚ではなかった…
実は動画も撮影していて、ちょっとデカイかも!とか口走っているが、サイズは70にも満たない。
恥ずかしいからファイルから削除(笑)
ただ、久しぶりの鱸が姿を見せてくれたから嬉しい。
ヒットしたのは定点ではなかったが、今日ならここかな?と思うまさにそこ。
朧気だが、まだ勘は生きていたことに一安心。

調子に乗って、遅くまで粘ろうかと腰を据えたところで、リールを水没させてしまい異音が…
クルマに予備リールを取りに帰るかと思ったが、時計を見て諦めてしまった。
もう明日の仕事に差し支える。

後から来たアングラーさんが近付いて来たからポイントを譲って…と、思ったら宮崎サーフでお世話になった方だった。
ちょっとお節介で安全に浸かるためのポイントをレクチャーして帰宅。

うーん、また完全に仕切りなおし(笑)
それでも、ちょっとだけ足掛かりを掴んだ気分の夜だった。





Android携帯からの投稿

コメントを見る



【fimo釣りログアプリ iPhone用】釣りログ見るなら、釣りログ書くなら、スマホから!fimo釣りログアプリ

【fimo釣りログアプリ android用】釣りログ見るなら、釣りログ書くなら、スマホから!fimo釣りログアプリ


【フィールドレポーター】全国各地の釣りの状況をお届け!