プロフィール

シノビー

秋田県

プロフィール詳細

カレンダー

<< 2020/7 >>

1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

検索

:

タグ

タグは未登録です。

アーカイブ

アクセスカウンター

  • 今日のアクセス:2
  • 昨日のアクセス:50
  • 総アクセス数:514369

QRコード

5xjyxxwdjaom348y3chd_180_240-abfda3be.gif banner_w10.jpg

サクラマスへの情熱。

  • カテゴリー:日記/一般
サクラマス。


この魚はどうしてここまで心引かれるのだろう。

本州で狙える鱒の中で、最高峰の魚と言われているからであろうか?
希少価値が高い、難しい魚だからだろうか?

かの有名な鱒族アングラーのレジェンド「本波 幸一氏」も「幻の魚をゲットする」と言ったような言葉を、ある釣り番組で話していたが、「ゲットする」なんてまるで、「ポケモンGO」で「ユクシー」に会えたような興奮度合い。(分からない方はクグッテ見てください…)

何年、何本、何回、数え切れないくらいの経験を積んだレジェンドでも、情熱が収まることは無いのである。


そんな魚に理屈は要らないのかもしれない。


私はこのサクラマスと言う魚に実はあまり興味が無かった。
出会いは中学生。

親父に連れて行ってもらった先で、親父より先に釣ってしまったのだ。

今でもまだ、シュガーディープ90Fを下から突き上げたあの興奮を思い出すが、あまりにも呆気ない釣れ方に、拍子抜けしてしまったのだった。

幻は数投で現れた…

そして、間は空いたがその後ある程度狙った先で釣れたのだった。

その代わり鱸とは出会えず、 ナント4年も掛かったのだが…

そんな中、私の心が変わる瞬間が訪れた。


それは、「地元岩手でサクラマスが釣れる。」と言うことを知った時だった。

釣れることは知っていた。
だが、釣れる確率は秋田の数十分の一。
若しくは更に低いと思っていた。

しかし、現実は違った。


「努力はいつか報われる。」

それが分かったとき、いつどのタイミングで、どこのポイントでと、頭をフル回転させて各河川を周り始めた。

沿岸や、内陸まで。
ダメな事が多いこの釣りだが、夢はある。

そして、前回のブログの内容のように、この地元のサクラマス攻略に、今最も熱くなっているのである。



その情熱は、今年も報われ、今年も手にすることが出来た。



そして、仲間も。

彼の歴史的瞬間には立ち会えなかったが、私も彼の釣果が嬉しかった。
自分が釣ったかのような興奮と幸福感で、二人で話は盛り上がった。


岩手でのサクラマスは6月いっぱいで禁漁を迎える。

最後までやりきりたいと思っている。

出来れば今度は、あの時、あの場所のサクラマスとすれ違った違う河川で…

まだまだ私のサクラマス人生は始まったばかりだ…

コメントを見る

登録ライター

用語説明ページへ

もう出ない?からのドヤ顔
7 時間前
登石 直路(nao)さん

ベストの平目アシストフックシ…
19 時間前
ケンスケさん

トップで狙うキビレが楽しすぎ…
2 日前
ワカメマニアさん

要、トリセツ。爆
2 日前
有頂天@さん

2020デイ始動
3 日前
rattleheadさん

梅雨のスペクタクルワン・スズキ
4 日前
平田孝仁さん

梅雨時期恒例パターン!
7 日前
渡邉 雄太さん

イワシの報道規制。
8 日前
BlueTrainさん

一覧へ