プロフィール

ISHIKAWA

神奈川県

プロフィール詳細

カレンダー

<< 2020/12 >>

1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

検索

:

アクセスカウンター

  • 今日のアクセス:12
  • 昨日のアクセス:81
  • 総アクセス数:1019729

QRコード

ATOLL

WITH

釣り助・オンラインショップ

山本釣船店

施設の当たり日


嫁との釣行では恒例となった横浜施設。

本日、オープン直後はこんな感じに暗かったのですが、



3y35pf7jrued7xkm86zp_480_360-e11736bf.jpg



実は今日(3/1)から開場時間が1時間早まり、AM6:00~の開場になりました。

毎年そうですが、こうして暗いうちからのんびりエントリーできるようになる3月1週目は逃しません。

この施設の場合は開場まで立ち入り出来ないため釣果はAM7:00開場の時と大して変わりませんがね、まあ釣り人の心情として暗いうちからキャストを始め、朝焼けの絶景に癒されるというシチュエーションは是非ほしいところです。

同じことを考える方が多いのか、今日はアングラー多めでしたね。



hh85htmytf85wpjuddy5_480_360-b45f4835.jpg



いつもはもう少し奥に入れるはずが、なんとかエントリー出来たのはこの場所。

キャストを開始すると釣り場は暫く沈黙していた。

ここの暗い時間帯にヒットしているところを今まで見たことがない。

ディープ故にそう言う場所と言えるのかな。

もし沖堤ならテクトロしているタイミングだけど、こう人が多くては到底無理だからね。

取り敢えず日の出を待つしかない。

そうこうしているうちにやっぱりというか、いち早く沈黙を破ったのはうちの嫁だった。

日の出を迎え、そろそろかなと思った矢先、

ズバ!ギュイーーーン!(隣から)

ヒット~~~(笑)

私が振り返った時は既にロッドを曲げていた。



50アップ:
d393pvdje7x6t9itkrto_480_360-626d5972.jpg


クルクル・ファーストアタック 28g(ブルーブルー):
fw6mhfhpmp5rrr5yvkgk_480_360-ff9d774f.jpg



嫁曰く、ジャーク一発とのこと(笑)



zkb34h39orh728stvyeu_480_360-0fa628e6.jpg



天候曇りのローライトなシチュエーションは、ここでは釣れる時間帯が長くなる良い傾向にあると思う。

周りで魚が釣れ出だすと、一瞬の時合いが通過する大潮特有の釣れ方をしていた。

魚は、ベイトパターンというよりかなり癖のある感じかな…

ロッドを動かしすぎてもよくないけど、鉄板バイブやタダ巻きもなかなか口を使ってくれない。

水面に見えたのは多数のマイクロベイト系。

シーバスが捕食しているかわからないけど無視は出来ない存在だろう。

少し目先を変え、上層を手返しよく通しているとフリーフォールがストンと止まった。

私の初ヒット。

しかし不運にもフック1本の皮イチマイ…

早めのランディングに心がけるも、ネットを出した直後に口切れ(汗)

まあまあまあ、オートリリースということで(笑)

癖のある魚に他のアングラー達も苦戦はしていたけど、なんだかんだ言いながらも全体では先端方面がリードしながら徐々に釣果を積み上げていた。

今日は相当な数の魚が入っていたに違いない。

意を決し、徐に取り出したのはドメスティー(42g)。

重い。

当たり前か(笑)

ドメスティーは重い故に極端なスローリトリーブではレンジが下がる。「沈めるリトリーブ」が使えるというのが武器でもあります。

可変リトリーブで縦に探り、ブレイクにぶつけたところでドン。

手元まで明確に伝わってくるバイトに思い切って合わせていった。



50アップ:
xgw55wmuz58k5gi3szun_480_360-32296b53.jpg


オモクル・ドメスティー 42g(アワビ貼り):
eeew6xyvi69c2wu4p6te_480_360-10468fbe.jpg


サイズの割によくファイトする個体でした。

この後も断続的に、ほぼ1日を通して釣れる当たり日だったようですが、うちはAM9:00過ぎ上がり。

実釣3時間。

途中、「うい!どう?」と声を掛けてくれた常連のおじ様達。

シーバスを5本、肩にぶら下げて帰る後ろ姿には哀愁が漂い、渋いの一言(笑)

流石です(笑)

ついでに今日使ったドメスティーをご紹介します。



7fxr89ujbthvzim9zf3n_480_360-59a1b312.jpg



下地カラーはパール系を使うとアワビの目が映えて良い感じです。

フックは下記の通り。

・フロント:スプリットリング#2&カルティバ(ST-46)#5
・リア :カルティバ(SD-33TN)#5×2


リアフックは2本付けても絡みませんね。

が、シーバスはどのみち前向きのリアフックにかかるため前向き1本で良いかな…という気になりますが、

ボトムをずる引くと後ろ向きにもたまにかかります。

そもそもルアーが重い、フックがでかい、フックポイント多いということで、

2本以上のフックが魚の口に食い込んだ場合、フックを一気に貫通させるには強い合わせのパワーが必要となります、あしからず。



 
 
【 TACKLE DATA 】
 
・ロッド:DAIWA MORETHAN AGS 85MLM
・リール:EXSENCE LB SS C3000 HGM
・ライン:RAPALA RAPINOVA-X MALTI-GAME 0.8号 17.8lb 150m

・リーダ:VARIVAS SEABASS SHOCK LEADER PREMIUM FLUORO CARBON
      4号16LB

・ルアー:Ja-Do KuruKuru Fast Attack 28g(ブルーブルー)

      Ja-Do OMOKURU DOMESTY 42g(アワビ貼り)
 

コメントを見る