プロフィール

booz

宮城県

プロフィール詳細

カレンダー

<< 2022/8 >>

1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

検索

:

ジャンル

アクセスカウンター

  • 今日のアクセス:19
  • 昨日のアクセス:3
  • 総アクセス数:142226

QRコード

「ジグヘッド単体」で、バイトについて再確認する

ロックフィッシングが調子悪い…
こういう時は、とにかく魚の感触を味わいたくて、目の前の小物に手を出してしまう…
それがボーズ逃れに定評のある男・boozのスタンスです。
小物がつきそうな常夜灯を探して徘徊していたある日のこと。
初めて入る漁港で、子メバルの養殖場と化しているポイントを発見。
まず間違いなく釣れ…

続きを読む

「捕食スイッチを入れる」という体験

【注意】
このログは、いつまでたっても素人の booz が、世間一般で広く知られている現象を目の当たりにして今更「すげー!」と感動したらしいよ、っていう内容です。
よく「ルアーアクションで捕食スイッチを入れる」とか言うじゃないですか。
俺ぐらいのベテランへっぽこ釣り師になると、知識や経験は少ないくせに考えだ…

続きを読む

釣れないのをラインのせいにしちゃうのって…

以前もブログに書いたことですが、俺は大いにアリだと思います。ええ。
ことメバリングに関しては、「最も気を使う釣り具は?」と聞かれたら迷わずラインと答えます。
正直、俺自身の場合は、PE0.2号-リーダー1.0号もしくはPE0.4号-リーダー1.5号よりも太くなると、途端に釣れるイメージが沸きにくくなります。
本当はPE0.2…

続きを読む

レンジが合ってりゃ強かった!! 新作ルアーの第二戦

連日のお目汚し、失礼いたします。boozです。
先日の新発想は今ひとつだと言ったな。
あれは嘘だ。
いや、先日の初陣は明らかにレンジが合ってなかったんで、苦戦必至のシチュエーションだったんですよね。
結論から言うと、メバルが上を意識してさえいれば、フツーに活躍してくれるルアーでした。満足。
当日は若干の風。…

続きを読む

新発想の初陣は今ひとつ

発想の転換。
いや、世間的にはなんら目新しい発想ではないんですが。
あくまで「俺の中では」ってことで。
これまでのハンドメイドルアーは、シンキングペンシルを中心としたラインナップでした。
ただ、最近通っているポイントは水草の背が高く、スローシンキングのペンシルでも引っ掛けてしまう場所。
それを外す衝撃で…

続きを読む

繰り返す悲劇と、確かな手応えと

新しいルアーが好調だったものの、それは青森での話。
やはり地元で活躍してくれなければ、その価値は半減というもの。
ということで、男鹿半島にて三夜に渡る地元テスト。
サイズは贅沢言わないので、とにかく楽しめれば…
と思っていたのですが、そこは俺。やってしまいました。
新☆KINGペンシルは、キャスト時のリーダー…

続きを読む

意図した通りの動きで、期待を超える成果

メバル用自作ルアーの中で、特に力を入れているのがシンキングペンシル。
その史上最高傑作たる「真☆KINGペンシル(←ネーミングセンスよ)」を失った悲しみは先日書いた通り。
いつまでも泣いてはいられないので、後継機を生み出すべく日夜奔走しているところです。
まあ、泣いてねーけど。
今回、ちょっと良さげな一本が…

続きを読む

「自分のやりたい釣り」を実現させるためのルアー作り

ルアーを作るにあたり、当初は「某社の△△というルアーを真似れば釣れるんじゃなかろうか」という考え方だったのが、最近は「こういうアプローチがしたいから、こんなルアーが欲しい」という考え方に変わってきました。
そして、そもそものところですが、「こういう釣り方がメバルには有効なんじゃないか?」みたいなことを…

続きを読む

ベストフィッシュTOP5 2017

いろんなアングラーさんが書いているこのネタ。
今年の釣りを振り返るにはいいネタですので、俺もマネして書いてみようと思います。
今年の大事件は、何と言っても自作ルアーに手を出したことです。
振り返ってみれば、トップ5中の4匹が自作ルアーによるもの。
本当に充実したフィッシングライフを送ることができました。

続きを読む

新作ルアー二本勝負

前回の釣果に気を良くした俺。
スイミー(仮)にバリエーションをつけようと、このたびスローシンキング(上)とスローフローティング(下)を追加。
色止めが雑だったために、目の周りの塗料が少し流れてしまったのですが…これは今後も練習が必要だなぁ。
まあ、売るために作ってるわけじゃないし、いいか^^;
これも手…

続きを読む