パラオ2日目

  • カテゴリー:釣行記
2日目


最初のポイント


指示をもらい、投げていく






ボシュッ



出たと思ったら重さもノらず、ルアーの抵抗もなくなる・・・・

ルアーがぷかぷか浮いていた



バラクーダだ・・・・



浮いているルアーを回収にいき、船を付け直す



友人にも出るが同じように切られ回収に行く




また自分に出る


切られる・・・

ルアー行方不明・・・



持って行かれたか、見失ったか



バラクーダ地獄でポイントを見切り、移動




左利きの友人Rが優勢な流し方で先端に立ち

船長の指示を受け友人Rが次々とバイトを出していく


fgr3na36ornnogvggspp_480_480-3dcf7ebd.jpg



kpzezsuzybkufy6dhgsf_480_480-d2839338.jpg




移動して岸際ポイント


3人全員にチェイスあり

自分にはレッドもしくはGTが数匹群れてルアーにじゃれるように数回チェイスしてきたが、ノせることができず・・・・



友人RとJはノせた

gwtogw6f7kwsuh9ixoit-3cd1f633.jpg



23sot3sdgzgjocp4cmc2_480_480-8f189c7b.jpg

サイズはなんとも言えないが二日間で全員GTキャッチ




ポイントに見切りを付け、大きく移動

レインボーのダブル

m59a8schx7dpmev9g6az_480_480-8b5ffacc.jpg



続けて遠くで水面が爆発したのが見えた

キャストでは全く届かないが、キャストの指示があり、


手前で友人Rに出た


s8jk3nnzxtkhhnio257n_480_480-8ea472d5.jpg

こんな小さなキハダでもよく引く







その後も同じ場所で続けていると

友人Rに特大のバイトが出るもノせきれず・・・




自分もキャストを続ける








ボーーーーンッ


爆弾でも爆発したかと思わせるような2日間で一番巨大なバイト



その瞬間、船べりまで体ごとぶっ飛んでいく



ドラグが完全に締めているチリチリと出て行く

何もできず耐える


7fkm6dxnygduhicmwcpo_480_480-117260f8.jpg


船から落ちそうになったためRに背中のベルトに手をかけてもらう・・・

すると魚の引きとベルトに圧迫され呼吸ができなくなる


船長に少しだけドラグを緩めていいと言われ緩める


とまらないドラグ・・・



やばい、嫌な感触・・・・・





プツッ


PEから深場の根で切られた


なんだったかは不明だが、突っ込む感じ、根に潜ろうとする引き方から巨大GTの可能性は高かったという



なにもできなかった・・・・







その後船長の計らいで少しだけ延長し、実績ポイントへ大きく移動


最後に指示を受けながらキャストしていくも、絶対出るとみていたポイントで沈黙・・・・




これで2日間の遠征が終わった


翌日の観光の時間を延長戦に使うことも考えたが、3人とも筋肉痛で肩が動かない・・・


最後の魚はまた来るキッカケを与えてくれたと思って帰国した

コメントを見る

登録ライター

用語説明ページへ

干潟アフター
20 時間前
タケさん

固い水とスナップ
1 日前
有頂天@さん

ロッド自作の反省点
3 日前
rattleheadさん

色落ちしたキャップを染めてみた
4 日前
ワカメマニアさん

スキッドスライダー95Sってど…
5 日前
登石 直路(nao)さん

グランデージc80h インプレ
5 日前
ひびき さん

新年のご挨拶と去年のラスト釣果
8 日前
渡邉 雄太さん

一覧へ