プロフィール

GogogoFish

オセアニア

プロフィール詳細

カレンダー

<< 2020/4 >>

1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

検索

:

アクセスカウンター

  • 今日のアクセス:4
  • 昨日のアクセス:62
  • 総アクセス数:18881

QRコード

ナブラ撃ち チャンスですが 難しい 方法コツ【ショアジギング】を勉強してまとめてみました

ナブラ撃ち
チャンスですが
難しい

目の前でナブラが立っているのに食わない 反応しないという経験ありませんか?
食わないナブラの方が多いような。なぶってない時の方が釣れるイメージまで出てくるくらい

もちろんバシッとナブラ撃ちが決まる時もありますが
せっかくのチャンス少しでも確率をあげて捕りたいですね。

いろいろプロの方の話を参考にしたり、先人の方々のブログやHPで調べて、勉強させていただきまとめてみました。



1.どこに投げればいいの?
①ナブラの向こう側 向こう側に投げて手前に引いてくるのが良いという記事が多いですね
②ナブラの進行方向に ナブラが移動している方向ならルアーで狙う対象魚にみつけてもらいやすい
③ナブラの端っこや少しだけ外側
④【投げない方がいいところ】ナブラのど真ん中 ナブラが沈んだり散ってしまうので

2.狙う層、レンジは?
ずばり表層付近
ベイトが表層に追い詰められている状態で、ルアーで狙う対象魚は、上の方を見て意識しているので下や底を狙っても派遣してもらいにくい

3.ルアーのアクションは?
これは、皆さんいろいろな経験より多種多様な意見ですが

ただ巻き
早巻き、早めのただ巻き
軽いワンピッチ
早巻き(又はただ巻き)からのフォール
 
ベイトだらけの中見つけてもらいバイトしてもらうのには運も必要(笑)でしょうが、少しでも違和感なく自然で且つ気に障る動きを  ですかね

4.どのルアーを?
これは一長一短その時の状況によりけりですね。

①メタルジグ
メリット 飛距離が出る遠いナブラに届かせられる
     マイクロベイトパターンの時はプラグより有利

デメリット プラグに比べると泳ぎは少し劣る
      
②プラグ
メリット 動きがメタルジグより良い

デメリット メタルジグと比べると飛距離が出にくい
      マイクロベイトパターンだと大きい

動画で例も合わせてアップしてます
よろしければ見てみてください!

コメントを見る

登録ライター