プロフィール

シノビー

秋田県

プロフィール詳細

カレンダー

<< 2020/2 >>

1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

検索

:

タグ

タグは未登録です。

アクセスカウンター

  • 今日のアクセス:81
  • 昨日のアクセス:581
  • 総アクセス数:479653

QRコード

5xjyxxwdjaom348y3chd_180_240-abfda3be.gif banner_w10.jpg

ペニーサックモッカ。

  • カテゴリー:日記/一般
 鮎は一番最盛期だった夏が過ぎ、産卵を控え徐々に婚姻色が出てゆく。

そして、自然の摂理により落ちて行く・・・・・・


毎年そのサイクルが繰り返される。

それを知っていて、毎年この時期まで川に残り産卵の体力を付ける”鱸”。


その鱸と出会うため、私が好きで使っているルアーが有る。


「ハルシオンシステム ペニーサックモッカ」



 
大きさはそこまで大きくは無いが、表層をこの泳ぎをしてくるルアーはあまりない。

使い始めた時は大きさを感じていたが、最近では”普通”だ。

春から秋まで、ボックスに必ず入っている。

さてこのルアー、何が良いか説明したいと思う。

ゆっくり引いてくると、引き波を出しながら若干のローリングで水面直下を引いて来られる。
これは死にかけた鮎が、水面を”ボー”っと泳ぐのを良く見かける。

ヒレや体を殆ど動かさず、流れに逆らえず流されるまま、ただただ浮いているような状態。

これをイミテートし、水面を流してゆく。

こうすると、トップウォーターのように水面に水柱が立つ。
  
 
最高の瞬間だ。

あまりラインテンションを掛けなようにするのもコツだ。




もう一つ。

浮力が高い事を利用し、流れに乗せ流す・・・・・・・

そして、出過ぎたラインスラッグを調整するようにロッドでメンディングする。

ペニーサックモッカは、流れを噛みやすくレスポンスが良いため、メンディングでアクションし若干潜る。

これは、死にかけの鮎が流されつつも、痙攣をおこし沈み込む。

これをイミテートしている。
 
 
このパターンで食わせるのが一番気持ちが良い。
殆どテンションが無いため、丸飲み系が多い。
 
私の好きな使い方は、このパターンだが、普通にドリフトさせても普通に釣れる。



 14センチと言う事を恐れず使っていただきたいと思う。

しかし、難点が一つ。
売っていない・・・・・・・・

見つけたら是非自分なりの使い方で、面白みのある釣りを繰り広げていたたきたいものである。
 

ペニーサック動画
 

コメントを見る

登録ライター

用語説明ページへ

余計な荷物で新パターン発見
6 時間前
ケンスケさん

絶不調三浦メバル
14 時間前
登石 直路(nao)さん

早春川バチ
17 時間前
タケさん

オープン・ベイルはご注意を、…
20 時間前
有頂天@さん

シーバスを始めたい人への話を…
2 日前
シノビーさん

稚アユとトワイライト
2 日前
平田孝仁さん

行ってきました!フィッシング…
11 日前
ねこヒゲさん

一覧へ



【fimo釣りログアプリ iPhone用】釣りログ見るなら、釣りログ書くなら、スマホから!fimo釣りログアプリ

【fimo釣りログアプリ android用】釣りログ見るなら、釣りログ書くなら、スマホから!fimo釣りログアプリ


【フィールドレポーター】全国各地の釣りの状況をお届け!