プロフィール

平田孝仁

鹿児島県

プロフィール詳細

カレンダー

<< 2020/5 >>

1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

検索

:

タグ

アクセスカウンター

  • 今日のアクセス:151
  • 昨日のアクセス:455
  • 総アクセス数:591301

QRコード

トップだけがリバーシーバスじゃない 後編

トップだけがリバーシーバスじゃない 前編はこちらから↓
http://www.fimosw.com/u/hiratch/ivdetcs54zkp5f


変わって翌朝…昨日とまったく同じ、朝マズメの時間帯からのスタート。
昨日と違う点をいくつか挙げるとするならば、曇天、濁りが弱い、潮位が低い、といった点。


まずはお決まりのトップから様子を見る。
丁寧にサミングし対岸ギリギリにキャスト(このポイントは対岸までが近い為、普通に投げたら確実にルアーが着水でなく着地してしまう)。

ずっとトップばっかり投げてて気付いたのは、対岸ギリギリに着水させてから引いてくる方が圧倒的にバイトの数が多いというコト。

キャストミスで中途半端な所に着水したりすると、余程活性の高い時でない限りまず出ない。

川幅が狭い為、ミスキャストの着水点は本来バイトの出る位置であるはずだ。
絶対にミスキャストしないように、と投げ続けてたから少しはキャストがマシになったと思う。


何投か丁寧にトップを引いてくるもバイトは得られず、早々にミノーに切り替える。
自分で決めた今日のお題は、ミノーでどういう攻め方が出来るか、である。

自作のリップレスミノーに変えてすぐに答えは出た。


昨日とバイト数はまったく違うものの、少ないバイトを一発でフックが拾ってくれて、順調に数を伸ばす。
…と思いきや、数匹追加した所で反応が全くなくなった。

曇り空が時合を長くすると思ったがどうもそんなのは関係ないようで…
おまけに、明らかに昨日よりベイトの鮎の数は減っている。
ちなみに1ヶ月前は4センチ〜6センチ程度だった稚鮎も、今日確認出来たもので9センチ程に成長していた。


ミノーで反応がなくなったこの状況に、なんとなく今日の釣りのビジョンが見えなくなる…
うーん、どうする?場所移動か?確かに時間はまだ早いから、まだまだ色んな所を回ることは出来るだろう。

だけどそれじゃ、トップで出なくてミノーでも出なくなって諦めましたで終わっちゃう…
ミノーで出てるんだから魚はいる。
魚はそこに居るのだからどうやって喰わせるか、考え付くまで移動しないコトに決めた。


ストラクチャー、あえて激流の場所、岸際への平行ロングキャスト…出ない。
試しにトップに戻してもやっぱ出なかった。


そこで昨日の反省点を思い出す。
自分のルアーを信じてやれず投げもしなかったコトを。

ならばと、ルアーBOXの中でまだ投げられていないルアーを探す。

…ひとつだけ、いた。
自作バイブレーションのSIGEKI70Sが。

そういやyoutubeなんかでもデイゲームでバイブレーションばっか使ってるシーバスフィッシング映像多いよなぁなんて思いながらアップクロスにキャスト。
アップクロスの方が引き抵抗が少なく、底のレンジも早めに探れるとかいうセリフを動画で聞いたことがあったから。

ただ巻でも良かったけど、なんとなく操作してる感のあるリフト&フォールで攻めるコトにして、少し沈めてからリフト&フォールし始めた瞬間…ドスッて。



ほんとに釣れた。
あんだけ色々考えたのにバイブレーションに変えたら一発って。笑

最初一瞬根掛かりかと思っちゃったけど、反転する魚体が見えた時は思わずマジかよって独り言を呟いちゃったくらい、僕には刺激的な出来事だった。


そっからは、バイブレーションゲームの開幕。
何匹か掛けるもバラしちゃったり、足元のピックアップ寸前バイトでバッシャバッシャ暴れまくってなすすべなくお帰りになられたり。
さすがに同じポイントでは反応が途絶え、やり切ったと思えたので場所移動。

移動する先でもただ巻で引いてくるバイブレーションを横からパクッと咥えるシーバスが見えたり、またもや足元でバイトするやつがちょこちょこいたんだけど、残念ながらフッキングには至らなかった。

でも、バイブレーションの釣りを知るコトが出来たからそれだけで今日はもう大満足。
もうすぐお昼前ってとこで上がるコトにした。

日の出と共にスタートしたから、大体5時間くらいは釣りしてることになるけど楽しいコトってホントあっという間に時間が過ぎて行くんだよねぇ。


終わってみればこの2日間で僕の釣りの幅はかなり広がった。
今までトップルアーゲームばっかりやってて『トップルアーに出てくる瞬間が1番エキサイトで楽しいじゃん』って思ってたんだけど、シーバス釣りの面白さはそこだけじゃないコトにやっと気付いた。

自己記録となる72センチのシーバスも釣れたし、自作ルアーではリップレスミノー2種類とバイブレーションで釣るコトが出来て、実績が出た自作ルアーの種類が一気に増えた。

初めての数釣り、二桁釣果なんてのも経験出来た。
だけどこれに満足せず、次なる目標を…なんてストイックなことは言わず、素直に満足してまた楽しんでみようと思う。
作りたいルアーも、また2種類ぐらい増えたから家に帰ってまたバルサ削りを始めようと思う。



tackle deta
shimano DIALUNA S900ML
daiwa 14CALDIA3012H
VARIVAS Avani SeaBass PREMIUM PE 150m 1.5号
SUNLINE SYSTEM SHOCK LEADER NYLON 20lb.
P.P.B,CIBICCOさん,コハク,SI・GE・KI 70S…etc.



<2017.12.14 タイトルを一部リライトしタグを追加しました>

コメントを見る

登録ライター

用語説明ページへ

ベイトの魅力〜貴方だけの最高…
12 時間前
柳竿 シンゴさん

目まぐるしい状況変化
20 時間前
渡邉 雄太さん

ぼちぼち通常運航します
20 時間前
西村さん

誤爆反転対策・蛇足編
3 日前
rattleheadさん

初フィールドの玩具箱 〜トッ…
5 日前
平田孝仁さん

シングルフック考察②
7 日前
シノビーさん

一覧へ



【fimo釣りログアプリ iPhone用】釣りログ見るなら、釣りログ書くなら、スマホから!fimo釣りログアプリ

【fimo釣りログアプリ android用】釣りログ見るなら、釣りログ書くなら、スマホから!fimo釣りログアプリ


【フィールドレポーター】全国各地の釣りの状況をお届け!