プロフィール

とーさく

大分県

プロフィール詳細

カレンダー

<< 2019/6 >>

1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

検索

:

アクセスカウンター

  • 今日のアクセス:106
  • 昨日のアクセス:698
  • 総アクセス数:1027118

QRコード

大分の釣り友募集中

ハイスピードレベルワインドの基準って何?、、、後編




ハイスピードレベルワインドのスピードについて調べております(^_^)ゞ

TD2HIトーナメントのオシュレートスピードは
ピッチ約1.9mmと成なりました。

前回までのお話しは、、、
http://www.fimosw.com/u/tosak/nn52pmyp93jde2



さ〜て、
とーさくさんの疑問は



w4vw7zzffxg32ih7hxxy_480_361-7748d91c.jpg

これなんであります。
上がTD-X105HV
下がTD2HIトーナメント
ギヤ比は同じ6.3でありますから計算するまでも無くTD-Xのレベルワインダーの方が早く動きますよね。
けど、ま、計算してみましょうか(^_^)ゞ
各ギヤの歯数等は
ピニオンギヤ 11
ドライブギヤ 70
ウォームシャフトギヤ 21
ウォームシャフトワンストロークの回転 4.5
ストローク実測値 21mm

だ〜っと行きますよ〜(^_^;)
70÷21=3.3
4.5÷3.3=1.4
70÷11×1.4=8.9
21÷8.9=2.4

なっな〜んとピッチは約2.4mm
トーナメントと比べたらめっちゃ粗いやん、、、(^_^;)

此はいったいどう言う事なんでしょうか?

じゃ、105PIの方は如何なんだ?
ローギヤだと又変わるのだろうか?



aoswobspmodraomi3woj_480_362-2e925d36.jpg

バラしたまんまですから直ぐに調べられますので(^_^)ノ
TD-X105PI
ピニオン 11
ドライブ 56
ウォームシャフト 18
シャフトの回転 4.5
ストローク 21

56÷18=3.1
4.5÷3.1=1.5
56÷11×1.5=7.6
21÷7.6=2.7

え〜〜〜2.7mm?!Σ(- -ノ)ノ

計算ではこう成ったよ、、、
本当に計算間違ってない?? よね?
ピッチ1.9mmでハイスピードなら2.7mmは超ハイスピードって事に成っちゃうのだけど?(^_^;)
何か訳が解らなくなって来ましたわ、、、
そんじゃ〜もっと他のリールは如何なんだ??

もうね、乗りかかった船ですな、
直ぐに手元に有る奴を調べてみますか。



o4et9iziu36zhsv2xvxt_480_362-45599f68.jpg

古〜い繋がりでバンタムではどうでしょう?


v7yvfb4rdbi4tn7ufzma_480_362-9ace7de7.jpg

部品取り用のバンタム100(^_^)ゞ
バラで転がってるのでぱぱっと数えられます、、、



arrubedifytydwhxrsgu_480_362-d8480c8c.jpg

ピニオン 12
ドライブ 56
ウォームシャフト 27
シャフト回転 5
ストローク 21
計算すると
オシュレートのピッチは約1.9mmとなりましたな〜
トーナメントと同じ結果。
でもバンタムはハイスピードレベルワインドだと聞いた事はありません、、、

じゃ、同じダイワのリョーガ2020HLはどうでしょう?
回した感じでは結構遅いみたいですよ。
ただ〜此の為だけにバラすのはちょっとね(^_^;)
なので適当なんだけど、目視でだいたいハンドル5回転でレベルワインドは1往復するようです。ウォームシャフトのギヤ比を2.5で計算しますと〜

結果は約1.5mmとなりました〜
そんな感じやね、実際に回してもそれ位かなと
今まででは1番密ですな。
この数字はハイスピードの範ちゅうに入るのですか?入らないのですか?
如何なんだろう?

最後にこの中では1番の最新型(^_^;)
と言っても10年落ちなんですが、、、



s9uvbar4gprwhk4gyndu_480_362-cb39c67b.jpg

09アルデバランMG7.7
ブレニアスのギヤ組んでますので7.7(^_^;)

あの〜、、、、
見るからに密巻なんですよ〜(-_- )
今までのとは明らかに違う。
リョーガもそうなんですけど最近のリールはオシュレート用のギヤがドライブギヤと兼用じゃなくて別に成ってますよね。



uvbhzdpnfvnwes8ziy5t_480_361-b2bc5c72.jpg

上の写真の通りですからウォームシャフトは随分とゆっくり回転しそうです。
計算してみますと、、、
ギヤ比7.7でピッチは約0.8mm
ノーマルのギヤ比7でも約0.9mm

糸は整然と見事なまでに密に巻き取られていきます。
PEラインが当然の選択肢と成る今時のリールの方が密巻ってのはどう言う事なのでしょうね??
ライントラブルを減らすための荒巻き、じゃなかったの?
そもそも現行モデルにもハイスピードレベルワインドってのは有るのですかね?よく知らなくて
私にはこの結果から何も答を導き出す事が出来ませんわ(-_- )

何をもってハイスピードレベルワインドなんでしょう〜
で、効果の程は如何なんでありましょうか?


重箱の隅を突っついただけで結局最後まで何にも解らないまま終わってしまいましたな、、、

何方か答えを教えて頂けないでしょうか?





な〜んてこのログを書いている途中で新たなる展開が、、、

TD-Xはハイスピードレベルワインドでした〜(^_^)ノ
うん、うん、良かった〜其れなら矛盾が無いですわね。
これでひとつスッキリです(^_^)ゞ
ひだり博士、とありがとうございました〜
残るはなぜアルデバランがあんなに密巻なのか?
ですな、、、( -_-)





コメントを見る