プロフィール

34 STAFF

福岡県

プロフィール詳細

カレンダー

<< 2024/2 >>

1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29

検索

:

アクセスカウンター

  • 今日のアクセス:44
  • 昨日のアクセス:77
  • 総アクセス数:4443012

STAFF BLOGGER


アフターのメバル

こんにちは。

今日はメバルの事を♪


エリアにも寄りますが、今は産後のアフターメバル全開のエリアが多いと思います。
この時期のメバルは非常に釣り難いのですが、釣り方を知ってしまえば、これが結構面白いのです♪



産後のメバルは、元気に餌を追い回すほど元気無いので、メバルの目の前までワームを持って行ってやらないと口を使いません(笑)
目の前までワームを運んでも、ワームのテールのみ喰わえて数秒『ジ〜ッ』としてます。
そこからの微妙なラインテンションの抜き入れでワームを深く食わすのですが、この微妙なテンション加減が非常に面白くて好きなんですよね!!



私がアフターのメバルを狙う時の場所ですが・・・

1番気にしているのは、潮通し。
潮通しが良く、ストラクチャー・駆け上がりのある場所を狙います。
外灯があれば良いとは思いますが、無くても釣れます。

狙い方は、潮上にキャストして、ゆっくりと潮の流れに馴染ませて沈ませて行きます。
基本的にドリフトで流す様な感じで探ったり、時折フワフワとゆっくり動かし誘います。
『如何にスローに誘うか!?』を考えたアクションやジグヘッドの選択が大切だと思っています。



潮の流れによってジグヘッドの重さを交換してフォールスピードを調整しています。
潮流が遅いとジグヘッドの重さがそのままフォールスピードとして表れます。
潮流が早いとジグヘッドの重さはそのままでも横から潮流を受けてフォールスピードは遅くなります。
潮流が遅い時と同じフォールスピードを演出するにはジグヘッドを重くすれば可能になります。イメージ的には、潮流の早い場所でも0.6g並みのスローフォールを演出したいと考えています。
潮流スピードの変化に注意して、ジグヘッドの重さを交換する事でフォールスピードを合わす事が出来ます。








潮流に合わせた細かいジグヘッドのローテーションで、今まで以上にメバルとの出会いが増えてくると思いますのでオススメです。






本岡 利将



コメントを見る

34 STAFFさんのあわせて読みたい関連釣りログ