プロフィール

Seiya.O

福岡県

プロフィール詳細

カレンダー

<< 2022/8 >>

1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

検索

:

ジャンル

最新のコメント

コメントはありません。

アクセスカウンター

  • 今日のアクセス:2
  • 昨日のアクセス:0
  • 総アクセス数:4203

QRコード

対象魚

シーバス IN 博多湾【7月~2021年~】

2021年7月、個人的にはダメダメでした。

恐らく昨年の釣果の半分以下。

安定しない水温と、ベイトの有無で空振りの連続。

7月上旬は、6月から引き続きのマイクロベイト。
(シラス系統の様でした。目視で確認出来る範囲では)

水面にモジリが出る捕食で、恐らくルアーは見切られており殆ど反応しない状況。zohvzv2psukj4k5v4hyp-51dd258b.jpg

m5mevsomr6jshi5n9rxv-a023f086.jpg


場所をオープンエリアに変え、潮が効いているところで回遊狙い。

サイズは出ませんでしたが、何とかキャッチ出来ました。
(マイクロベイトパターンの攻略が来年の課題になりました)

7月中旬に入っても状況は一転せず厳しい日々。

マイクロベイトでは無かったのですが、いまいちルアーへの反応が悪い。
(この時期になると夜の干満差が小さくなるので、その影響もあると思います。)

シーバスからのコンタクトがあったのは、雨上がりの夜でした。

良い感じの濁りも入っており、水温もやや低め。

何より10cm程度のベイトが浮いており、定点でのボイルも確認。

トップと水面直下を流すミノーでキャッチ。

n675v57h3rmxxondj79h-e75d4b1a.jpg

b3oifx449gh828vkynt9-5632a290.jpg

特にトップでは巻いて止めての繰り返し。

止めて5秒ほど放置、からの水面爆発で心臓もバクバクでした。

スローな誘いでコンタクトを得れる点、ビッグベイトが流行る理由も分かります。

その後は特に雨も降らず、悶絶の日々。

気分転換で博多湾を出て、違う河川へ。

外洋に面している河川のポテンシャルを思い知りました。

nft2utxsx7rg3rbcix5f-c3b799cd.jpg

v4v67i483z47siz4igu8-dff12ea6.jpg

流れの中にトップを入れ流していると、水面爆発が割れずっしりとした重さがロッドに乗りました。

流れが強かったので、少し強引かつ慎重に寄せランディングすると良い体高のシーバス。

良く見るとヒラスズキ。

福岡の河川でヒラスズキが釣れるなんで、ロマンがありますね。

こういうのがあるから、釣りは辞められないと、しみじみ思いました。

8月はもっと厳しくなりそうです。

ちなみに昨年は年間通して、一番釣果が悪いです。

フィールドの選択が鍵になると思います。

負の連鎖を打破出来る様に、通い続けます。

【6月の実績ルアー】
・スタッガリングスイマー125s / SHIMANO
・ima popkey / ima
・ハイドロアッパー90s / APIA
・カゲロウ100f / Megabass

コメントを見る