プロフィール

藤沢 周郷

兵庫県

プロフィール詳細

カレンダー

<< 2020/10 >>

1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

検索

:

アクセスカウンター

  • 今日のアクセス:42
  • 昨日のアクセス:69
  • 総アクセス数:3077913

QRコード

邪道 NEWメタルバイブレーション【冷音14g】通称ちび冷音


◆邪道【冷音(レイン)14g akeちび冷音】◆
発売時期2013年4月12日発売
税抜き価格 ¥880


重量14g
ボディー実寸63mm




皆様からのご要望が多かった、
「もっと軽く、湾奥や少し浅い場所でのタイプが欲しい」

この要望にお応えして、「動き」は今まで通り、24gの動きを継承し
さらに使いやすくなるように、ただダウンサイジングしたわけではなく、
14gだからこそ!の設計を一からし直し、手掛けました。

飛距離をなるべく落とさず、動きは14gらしくピーキーに。
そして、トラブルがなるべくない、一番良い状態を探し出来上がったのが、

通称「ちび冷音」


上記画像
左が「14gちび冷音」右が「オリジナル24g冷音」

ご覧いただければ分かると思いますが、かなり小さくまとまったシルエットになりました。


冷音の詳しい説明は


http://www.fimosw.com/u/hiro0312/j55efupiy72mg5


↑でご覧いただくとして、


ちび冷音を使用するにあたって、
注意点を少し上げておきます。

スナップは、出来る限り小さな物がオススメ。
60Lb以下のサイズを使って頂ければ、トラブルはほとんど解消されます。

あとは、使用者の使い方次第といったところでしょうか。


フックなども、「大きなサイズ」は入れない方がいいでしょうね。。
できれば、一つ小さなフックの方が良いと思うぐらいです。








さて、使用感ですが、
やはり、14gという事もあり、一番使いやすい重さとなっており、
ショアフィッシングの、大抵の方がお持ちであろう、
「L~MLクラスのロッド」で気持ち良く使いこなせるサイズとなりました。


24g以上の重さだと、専用ロッドも必要になりそうなぐらいでしたが、
そういう事も無く、ミノーとの切り替えもスムーズにこなせるサイズです。








ショアも勿論のこと、ボートでは、格段に使いやすくなりました。

やはり、軽い分操作性も上がり、中層~表層での使用感は抜群です。








「重い=飛ぶ」

この法則は間違いでもありませんが、間違いでもあります。


「バランス」


色んな意味でのバランスが必要だと言う事。


重くても、風の抵抗が多いものであれば、
多少軽くても、抵抗を受けない物の方が、飛んだりしますからね。


この、ちび冷音は、そういう事も考慮して、デザインしてありますので、
いろんなシュチュエーションで、そのキャスタビリティーと、操作性を存分に味わって頂ければと思います。









これからの季節、表層を意識したシーバスが増えてきます。

そして、ピリピリとした動きと、ピーキーでトリッキーなアクションに
捕食スイッチが入る季節です。


5月~7月の一番良い時期に、是非この「ちび冷音」を使って頂ければと思います。


あと、御存じだとは思いますが・・・

クロダイゲームには・・・・圧倒的力がありますので、
テトラ際や石畳など、そういったエリアでのボトムノックの横引きを
是非試してみてください。



藤澤周郷





 

コメントを見る

登録ライター