プロフィール

リキゾー

徳島県

プロフィール詳細

カレンダー

<< 2021/1 >>

1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

検索

:

アクセスカウンター

  • 今日のアクセス:11
  • 昨日のアクセス:9
  • 総アクセス数:78330

QRコード

インディビジュアルな個体とスクーリングする個体を釣り分ける達人がいるってマジか

インディビジュアルな個体。
スクーリングする個体。
簡単に言うと、一匹でうろついてる奴か、群れをなしている奴らかって事。
僕の中ではさらにここから細分化されておりまして。
インディビジュアルA
老成魚もしくは弱い個体(産卵後のメス含む)。強い流れには付かずカバー回りでステイしている事が多い。ベイトがいな…

続きを読む

ベイトリールはズルズルファイトとカチカチファイトを使い分けたら良いかもっ☆って話

昨夜も開拓〜
あちこち歩いて足が棒になりました〜
その帰り道、ちょっと時間があったのでホーム河川の上流から中下流くらいまでの状況をパパッとチェック。
相変わらずイナッコは沢山いるなぁと。
では、シーバスはどーなんでしょー?
流れがかったるい感じだったのでローリングベイトの軽いやつで岸際をスイーっとやると…

続きを読む

チルヨシ釣り道場 門下生特訓の巻

鱸道、、
楽しいだの、嬉しいだのとは無縁の道。
ある者は先の見えない藪に呑まれ
ある者は開拓という名の迷宮を彷徨い
ある者は沼に入り足が抜けなくなり
ある者はスティングレイに足を貫かれ
ある者は息も出来ぬ北風に身を晒す
何故人はこのような険しい道を歩もうとするのか?
考えるだけ野暮であろう、答えなど無いの…

続きを読む

魚の動きとかそういう小難しいお話だよぅ

ベイトを先に見つけるべきか?
シーバスを先に見つけるべきか?
はたまた魚が居そうなポイントに釣れるまで通い続けるのか?
僕があちこちの河川に行かず、基本的に同一水系内で練習しているのは魚の動きを観察するためです。釣果に拘りコロコロと水系を変えてしまうとそういう視点がブレてしまいます。
同一水系内における…

続きを読む

ぼくとすねいくこんぷれっくす

僕は今日は開拓に行きました。
時間が無いので急ぎました。
時間がないと言うのは潮止まりまでの時間が無いと言う事で、睡眠時間のみじかい僕には時間はいっぱいありました。
開拓しているエリアには、たぶんこんくらいの時間に魚が来るかもと予想した時間にいって見ました。
秒で釣れて嬉しかったです。
魚がいる事がわか…

続きを読む

私は千載一遇空前絶後の天才釣り師だ。しかし何故釣れない?

  • カテゴリー:釣行記
ワタクシ、もはや技術的にはカンストしたと思われる。
でだ。
いつもやるエリアをペンペンペンと回っても全然釣れないワケ。
しかも豆のバイトはとれても、マトモなサイズを一切みてない訳です。
でね。
ワタクシがね、昨日今日竿にぎったビギナーなら技術的に未熟だから釣れないって事もあるんですがね。
生まれ落ちた時…

続きを読む

磯の道糸でルアーやるっ

  • カテゴリー:釣行記
今日は磯用道糸20ポンドナイロン直結で。
秋の魚だなぁ。
道糸は視認しやすいカラーラインがあるからナイトゲームで使いやすい。
ラインが僅かでも見えるって超大事。ナイトゲームでは透明のフロロとかカモフラージュカラーのラインとかを直結で使うと超使いにくい。
スピニングに持ち替えて別エリアもチェック。道具は使…

続きを読む

力強く再始動!!!!!!

  • カテゴリー:釣行記
釣りのテーマが見つかったので昨夜から釣り再開ー
いっぱい練習しよーっと
で、、歩きすぎて膝痛いのでまた長期のお休みに入ろうかなって感じかな☆

続きを読む

釣りのガチり方 3

  • カテゴリー:釣行記
うまくなる事から逃げるなと。
ヘタな自分を認めろと。
現状の能力を計るためにも、大会に足を運ぶようにしている。
先日は、ワイルドフィッシュさんの大会に出た。
ガッチガチに使い込んでる本気のルアーセレクトして、ラインなんか新品を超適正量巻いて、ガッチガチにプラして地形把握して、慣れていないエリアだけど、…

続きを読む

釣りのガチり方2

  • カテゴリー:釣行記
釣りの楽しみ方は自由だ。
釣るもよし、釣らぬもよし。
食うもよし、逃がすもまたよし。
僕はとことん上手くなりたい。
どうしたら良いか?
僕は練習の際に橋脚、明暗、水門、イワシ系に着いたスクール等々。強いパターンを外すようにしている。
んじゃあ何してるかと言うと。。
地形や僅かな変化を釣ってる。
最近通い込…

続きを読む

1 2 3 4 5 6 7 8 次へ