プロフィール

リキゾー

徳島県

プロフィール詳細

カレンダー

<< 2017/3 >>

1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

検索

:

アクセスカウンター

  • 今日のアクセス:11
  • 昨日のアクセス:17
  • 総アクセス数:78234

QRコード

game 57:30㎝のラインスラッグ

  • カテゴリー:釣行記
昨夜も新しいアプローチの練習!!
ふと気づいた。リトリーブ中に素早くリールから糸を引っ張りだしたらワームがテンションフリーになる時間を作れるって事に。スプールをフリーにせずドラグがかかった状態でジャッ!と素早く糸をスプールから引き出すテクニック。
クラッチを切ってもスプールが回転しない程度のラインテンシ…

続きを読む

game 56:スピードアップ

  • カテゴリー:釣行記
シーバス用のベイトロッド。
ちょっとグリップが長すぎてリストが使いづらいので、思いきって6、6フィートのバスロッドを試してみる。
凄い昔のグラスロッド(^_^;)
これがドンピシャに使いやすく、キャスト精度、手返しが格段に良くなる。
そして・・・
乗らなかったがいつもより深いバイトをGET!!
リストが使えるとロッドワ…

続きを読む

game 55:俺のRIVER LIGHT

  • カテゴリー:釣行記
今日は一人で南方遠征。
釣果?
「俺は水平線を見に行ったのさ・・・」
帰宅して家族の夕食を作る・・・
実は釣りばかりではなく、料理でもチャレンジしている事がある。それは鉄のフライパンを使いこなすって課題。
最近主流のテフロン系のコーティングフライパン。焦げ付かない代わりにいつか寿命が来る。そしたら買い替え・・・

続きを読む

game 53~54:ショートバイト

  • カテゴリー:釣行記
今やってるベイトタックルでモノフィラメントライン直結、スイムベイトを用いたアプローチ。
ここ2回の釣行では6発バイトを拾って1度もフッキングは出来なかった。
ただ左右をスイッチしたキャスティング精度は向上してるし、今使ってるスイムベイトの癖にも気づき始めた。
スイムベイトってショートキャストで使うと食わ…

続きを読む

game 52:try&error! error! error!!

  • カテゴリー:釣行記
最近練習しているスイムベイト。
分かったような気になってない?
自分で自分に問うてみる・・・
って事で昨夜はスイムベイトでミスバイトが多発するだろうコースをあえて巻きまくるという雨の荒行へ。
一ヶ所目はアウトサイドの長ーいストレッチ。
ブレイクラインがグッと岸に寄る一点を狙ってスイムベイトを巻いてると、パ…

続きを読む

game 51:スイムベイト実戦投入決定♪

  • カテゴリー:釣行記
昨夜はプラグで釣る魚にスイムベイトを合わせてみる。
予想どうりバラシとショートバイトの嵐(^_^;)
魚のコンディションとルアーのサイズ感が全くあってないとそうなる。あとはカバーとルアーの位置関係とバンクの角度と・・・・
特に今の魚はその傾向が強いんだろうなぁ
スイムベイトを合わせるのはどういう魚か?
その辺がう…

続きを読む

game 50:RESPECT M.U!!

  • カテゴリー:釣行記
今日もスイムベイトの釣りを詰めるための練習。
ベイトリールのキャスト精度は実釣に困らない程度に成長してきた。
さて・・・スイムベイト。
沢山種類があるけど、どれもちょっとずつ(だいぶ?)違う。
そしてシンカーの重さ、フックの組み合わせ・・・・もう無限大。
今日はスローな動きに反応する魚と、そうでない魚がいる事に気…

続きを読む

game 49:南方遠征

  • カテゴリー:釣行記
今日はトヨイチさんと南へ!!
前回のリベンジが目的だが・・・
夜明けチョイ前に現場に到着。暗い内に必ずやるのは潮の味見。
今日は前回に比べて塩分濃度が上がっている。昨夜の雨の影響は少なそうだ。
夜明け頃に釣り開始!!
本来、良い状況なら釣れなきゃいけない時間帯が来てもノーバイト・・・・
潮の動きもイマイチ、ベイトの…

続きを読む

game 48:高まる精度

  • カテゴリー:釣行記
今日も干潮潮止まり前後に竿を出す。
魚はお留守(^_^;)
けどベイトチェックやベイトリールの扱いに馴れるためランニングシューズを履いて、徒歩であちこち見て回る。
途中ボトムに張り付いているシーバス発見。
色々な角度からアプローチするもチェイス止まり。無視でも逃げるでも無く6インチのワームにチェイスしてくるだ…

続きを読む

game 47:追い込み

  • カテゴリー:釣行記
今、何をやってる(やろうとしている)かと言うとワーム+オフセットフック+モノフィラメントライン直結でのアプローチ。
込み入った場所や、テトラ際を直撃出来る。よりタイトに攻められるのだ。
万が一でかいのを掛けてもワームフックは針先が1点なのでカバーに引っ掛からず、ラインテンションを抜いてどこまでも走らせる…

続きを読む