プロフィール

安田ヒロキ

神奈川県

プロフィール詳細

カレンダー

<< 2019/6 >>

1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

検索

:

タグ

タグは未登録です。

アクセスカウンター

  • 今日のアクセス:133
  • 昨日のアクセス:969
  • 総アクセス数:200513

QRコード

◆並行ではないバグるメソッド◆

  • カテゴリー:釣行記
ちょっとお久ぶりのブログ更新になってしまいました。

先週は釣りには行かず、山口のおばあちゃんに会いに行ってきました。昔からとても可愛がってくれたおばあちゃん。先日92歳で旅立っていきました。

僕が到着するのを待っていてくれたようで、会いに行った翌日に旅立ちました。

おばぁちゃーん来たよー!!というと、手で合図をしてくれたのが最後のコミュニケーション。

でも生きてるうちに会いに行くことができてよかったです!






さて、山口に行く前のとある日。
アジングをしようと車に乗り込み、エンジンを掛け、ハンドルを握り、アクセルを踏み、気づいたらシーバスポイントに向かっていました。笑

おかしいな~仕事からの帰りも遅かった日だから、サクッとアジングのつもりだったのに。

と言いつつ、しっかりとシーバスの準備もしてあるあたり。。笑







◆雰囲気の違う水面◆


到着したホームポイントはいつもの常連さんがいて、上げ潮が効きだすまでしばしの雑談タイム。

が、予想時間になっても効かない流れ。

そして濁った水色とゴミの量。

これは完全に雨の影響が長引いている。


僕のホームエリアの河川は雨の影響からの回復が比較的早いのだが、どうやらまだ残っている様子。


で、ハクの量も釣れそうな量だが、そこまで追われている雰囲気でもない。

そんなこんなで流れが効いてからもバイトがなかなか出ない。
しかもゴミが多くてトレースしにくい。

そのうち常連さんの仲間も来てダウン側もアップ側も打つも反応はない。






◆バグる実践◆


以前目の前でバグるメソッドの威力を見ているその常連さんが『仲間にもバグラチオンの威力を見せてくださいよ!』とリクエストしてくれた。

では遠慮なくバグらせていただきます。と自信満々に解説しながらアップ側をバグるが反応はない。

ゴミが多いのでその隙間を縫うようにトレースしていたのだが、食いそうなところでバイトが出ない。


じゃあダウン側の明暗もやってみましょうか。と橋をくぐってダウン側へ向かう。


ダウン側の攻略も基本的に同じで、明暗の境目を並行に巻いてくるのだが、暗い中で反応があるとき、明るい中で反応があるとき、いろいろとパターンがあるのでそこも言葉で解説しながらキャスト。

しかし反応がない。。
いいんですか?バグると釣れちゃいますよ?と自信満々だったのに。。





◆並行ではないバグるメソッド◆


そこで『こういうふうに並行で釣れないときは角度をつけて明暗から出したり入れたりするようにナナメにキャストすると釣れたりするんですよ~』とキャストした一投目。

明るい側から暗い側へアップにキャストし、明部へと出た瞬間にゴツンッとバイト。

思わず『ね??笑』と。笑

2人も解説動画みてぇぇぇぇ!と大興奮。

te45ph3ctpndwf6gee3f_480_480-10f5db7b.jpg

で、バグると釣れちゃうんですよ~。

今までの沈黙が嘘だったかのように魚を連れてきてくれる。

自分が一番バグラチオンの威力にビックリしているのは言うまでもない。

下げている下流側の明暗でも効くバグるメソッド。

魚の位置と頭の向きをイメージしてその目の前を通すことで口を使わせるパターン。

下流側では明るいところに明暗の境を意識したシーバスが居たりします。その魚を狙うイメージで使ってみてください。


 


 

~タックル~

ロッド:APIA GRANDAGE STD.90ML

リール:SHIMANO Vanquish 4000MHG

ライン:YGKよつあみ G-soul X8 22lb

リーダー:VARIVAS VEPショックリーダー20lbショックリーダー
ルアー:APIA バグラチオン

コメントを見る