Crazy Legend Diary https://www.fimosw.com/ 釣果情報・シーバス、メバル、イカ、チヌ、青物、ヒラメ、マゴチ...ソルトアングラー支援サイト、日本最大のWEB釣り大会『凄腕』、釣り動画fimoTVなど(会員登録無料) ◆LEGARE独占インタビューの裏側◆ https://www.fimosw.com/u/crazylegenddiary/k6n7sd6wyoz7ms 2021-01-22T11:30:00+09:00 fimoのLEGARE独占インタビューは見ていただけましたでしょうか?

今日はこの撮影の裏側を少し紹介しようと思う。

撮影を撮影してる写真ってなかなかレアだと思うからさ!

あ、fimoのリーダーに許可もらってないけどいいかな?笑



まだインタビュー動画を見てもらっていない方は先に見てもらったほうが撮影の裏側を楽しめると思う。



 


【fimoによるLEGARE独占インタビューはこちらから】











◆fimo撮影の裏側の撮影◆


さて、上記インタビュー動画の裏側を撮っておいた。

当日はfimoリーダー直々に横浜の事務所に撮影に来てくれて開始。



カメラアングルは左右から撮っているので動画のような雰囲気になる。



そしてリーダーからの質問に対して回答していくようなスタイルでインタビューは進んでいった。


動画の途中に出てくるヌッキーの仕事風景も



こんな感じで撮ってくれている。


最後に事務所の前で談笑しているシーン。



これは『なんか適当に喋ってて!』って言われたからくだらないこと言って笑ってるところ。

いい映像になったと思います。
fimoさん、リーダー、ありがとうございました。]]>
安田ヒロキ
◆カワハギ初挑戦◆ https://www.fimosw.com/u/crazylegenddiary/k6n7sd6sw7ukav 2021-01-20T11:30:00+09:00 今年の目標設定のうちの一つ。

いろいろな釣りに挑戦する!

一月が始まってから普段からやってるシーバスとメバルはもちろん釣り、釣り始めはトラウトで、今度は初挑戦のカワハギに行ってきた。








◆船の餌釣り自体が初めて◆


さて、船釣りはチャーターボートと浅八丸のライトジギングくらいしかやったことがない僕。

船の餌釣り自体が初めてで、そもそもカワハギも初めての釣りで、ウキウキドキドキ。


実はこの釣行前に一度チャーターボートで少しだけカワハギをやったのだが、その日の前日に海が大荒れで底荒れしてしまい全く釣りにならず他の釣りをやった。


で、当日は船宿の仕組みもわからないし釣り方もわからないし、いやほんと全部わからないので先生に全て教えてもらって開始。



そもそもカワハギロッドってこんなスーパー先調子なんだね!笑

ベイトは自分が持っているやつにPE1号を巻き直してきた。

餌はアサリの剥き身。



船で直接売ってくれることも知らなかったよ。



これは胴付き仕掛けの上に付けるオモリで仕掛けを揺らしたりするためのもの。
あとで思ったことがあり外したけどね。


さぁ、いざ出船!!!








◆宙の釣りからゼロテンの釣りへ◆


さて、基本の釣り方を一通り習ってやってみる。

まずは宙釣りと言われる重りを底から上げた状態での釣り。

竿先を揺らして仕掛けをアピールさせたり、底にオモリをトントンさせたり。

が、どうもこの釣りは合っていないのかイマイチわかりにくい。

外道もポツポツ、本命のカワハギも釣れたは釣れたけど・・・


そこで底に重りをつけてテンションをなるべく張らないように誘いをかけ、そこから緩ませてそこ付近を探ってみる。

この時に最初につけていた上の集魚付きのオモリが邪魔だったので取ってガン玉に変更。


イメージ的にはそのガン玉の重さでフォールさせる感覚。

アジングをやっている!と思ってやってみると上手くいった。



実質初挑戦で9枚をゲット。

ほぼ全てこのボトムの釣りで釣ることができた。


てゆか、このカワハギの釣りってみんながハマるのがよく分かった気がする。
めちゃめちゃ楽しいやん!!!!笑

今年は何度か挑戦したいな〜!



もちろん食べても美味しいしね!
カワハギ痛風丼にしてやったぜ!!笑

]]>
安田ヒロキ
◆2021年初シーバスはランカーから◆ https://www.fimosw.com/u/crazylegenddiary/k6n7sd6e7c7cyc 2021-01-15T12:00:00+09:00 この日は仕事終わりにヌッキーと事務所から程近いポイントへ。

千葉から横浜へと引っ越してきたヌッキーはポイントをあまり知らないので何箇所か教えたのだが、そのうちの一箇所に最近ヌッキーが通って釣果を出している。

昔はよく通っていたけど最近あまり行ってないから行ってみるか〜と車を走らせる。








◆ウチの開発はよく釣ります!笑◆


さて、準備万端のヌッキーと準備不足の僕、
先にやってていいよ〜準備してから行くから〜と先にポイントに入ったヌッキーが早速竿を曲げている!笑



ヌッキー最近本当によく釣るよな〜!

一緒に仕事をし始めて3ヶ月、東京湾の釣りをかなり満喫している様子。









◆2021年初シーバスはランカー◆


さて、僕も準備ができたのでフィールドに立つ。

ポイントとしては絞られた流れが広がり、その地形変化でヨレができる場所。

そのヨレを中心に狙う。

この日は少し風が強かったが追い風となりルアーの飛距離も伸びるので条件としては悪くはなかった。


これは釣れそうだなぁというヨレに大きめのミノーを遠投して少しレンジを入れて探っていく。


が、まぁそうそう簡単には釣れてくれない笑

ヌッキーも最初にヒットした魚だけで後が続かず、ちょっと広範囲に狙いを広げてキャストをしてみる。


けど、いろいろ探った結果いい流れはその地形変化のヨレだけ。

これはしつこくこのヨレを狙い直そう、と狙いを絞ってすぐ、沖の流れから手前のヨレに入った瞬間に重量感のある押さえ込むバイト。


デカイぞ!


沖はオープンエリアだけど手前にはストラクチャーがあるポイントなのであまり足元で遊ばせることはできない。

こういう時は手前のストラクチャーに気を取られて焦ってパワーファイトをするより、沖で少しだけ遊ばせた方が体力を奪えるので、焦らずにファイト。

手前に寄ったら一気に浮上させると

ゴボゴボゴボ!!!

エラ洗いが確実にランカーいってるな♪


ヌッキーにランディングサポートしてもらい無事にネットインした魚はナイスプロポーションの堂々ランカー。



冬だから渋いから小さいルアーを投げる?ワームに頼る?

いやいや、大きいの釣りたいなら大きいルアー投げないとでしょ♪



80後半あるかな?と思ったけど84〜85センチ。

とはいえいいファイトを見せてくれた強い魚だった。


この魚で満足してその後はキャストもせずに帰宅。
たまにはこんな撤収のしかたも気持ちの良いものですね。


 

~タックル〜

ロッド:APIA Foojin’Z GENEROUS 94M

リール:SHIMANO 20ツインパワー4000MHG

ライン:YGKよつあみ・G-soul X8 1.2 25lb

リーダー:VARIVAS VEP ショックリーダー 25lb

]]>
安田ヒロキ
◆大型のみに狙いを絞る菅釣り◆ https://www.fimosw.com/u/crazylegenddiary/k6n7sd6fmjdha3 2021-01-14T17:33:00+09:00
その釣りはこちらから↓
◆釣り始めから専門外の釣り◆


王禅寺は思っていた通りの渋さでモヤモヤしているところに、
『明日早戸川行きましょう!』という後輩ツバサからの誘い。

二つ返事で約束をして王禅寺の翌日はリヴァスポット早戸川へ。








◆二度目の早戸川◆


翌日はのんびりと昼からフィールドへ。

菅釣りに興味がなかった俺だけど、数回の経験から興味を持ち出した。とはいえまだ『お金を払って魚がいるところに行って如何に釣るか?』くらいの楽しみ方しか気づけていなかった。

が、今回はツバサのおかげで完全にハマる原因になりそうな楽しみ方を見つけることができた。

それは、

『大型のみに狙いを絞る釣り』

これが想像以上に面白く難しかった。


『安田さん!大型のみに狙いを絞って目視で探して打ち続けるんです!』

そんな楽しみ方を教えたツバサに狙い型を習い横目でチラチラ観察しながらやってみる。


ルアーを通す向き、流れ方、通した時の反応の仕方、放流後のチャンスタイム、とにかく面白い。








◆ツバサにナイスサイズがヒット◆


ツバサは一尾の大型トラウトにルアーを変え、角度を変え、しつこくしつこく全ての手を使って狙い、そのトラウトがもう反応しない!となったら次の魚を探しに行っていた。

そんなツバサが隣のポイントから良型を抜いてきた。



めちゃカッコいいやん!!!

この魚で完全にスイッチが入った僕も対岸に移り今まで見えていなかったところの魚を狙ってみることに。








◆流れの落ち込みから丸見えバイト◆


対岸に移り下流側から順に魚をチェックしていく。

放流からは少し時間が経ってしまっていたのでフレッシュな感じではなく、なかなかルアーに反応してくれない。

たまに一瞬だけ顔を向ける魚がいて、ツバサ曰くそんな魚はしつこく狙い続けると釣れると言われていたのでしつこく狙ってみる。


まぁそんな簡単には釣れないよね笑


しばらく登った所で流れの落ち込みの深いところにいる魚を見つける。

これは一撃勝負な気がするなとふと思い、ツバサが『これ釣れるから使ってください!』とくれたパニッシュをセレクト。


落ち込みの白い泡の中を通るようにパニッシュを連続トゥイッチでトレースしてきた一投目に丸見えのバイト!!


っし!!!きた!!!!


焦らず、主導権を握らせすぎず、適度にいなしてランディングをする。

この日のためにランディングネットまで買ってきた。
そのネットへ収まる魚体に思わず対岸にいたツバサに渾身のガッツポーズ笑



ツバサが居なければ出会わなかったであろう魚。

ありがとうツバサ!!!!



そしてどうしてもシーバスのブツ持ちになるな笑

いやぁこの魚で完全に菅釣りにハマったと思う。

こんな楽しみ方もあるんだなと気付かせてくれてありがとう!


そしてこの後は釣果を出すことができず終了となった。








◆食べる楽しみもあった!◆


さて、釣ったトラウトはせっかくだから美味しくいただこうと帰りに処理をしたんだけど、



見てよこの脂!!!

そりゃ美味しいわけで、



たっぷり堪能させてもらいました♪]]>
安田ヒロキ
◆2021年初メバル◆ https://www.fimosw.com/u/crazylegenddiary/k6n7sd6isre9fc 2021-01-08T18:00:00+09:00
釣れない事も収穫、と思っているので、まだ少し早いかな?というフィールドへ何日かに分けて調査に行きましたが、見事に釣れず。

じゃ今度は、ここは釣れるでしょ〜!ってところに調査しに行こうと思い、ポイントへ。








◆沖の海藻帯を攻める◆


先シーズンもよく訪れたポイントで、間違いなく釣れるだろうと思っていたところ。

沖に海藻帯があり、そこを遠投して攻める。


まずはパンチライン60をフルキャストして探るも反応はなく、パンチライン45をセレクト。



そしたらあっさり釣れちゃう笑笑

続いて、



同じピンで5バイト2キャッチ。

やっぱりここはメバル釣れるな!という確認の釣行でした笑笑



そして、パンチラインのサイズを使い分ける事で釣果が出ることは非常に多く、大きいのから小さいのにするだけじゃなく、小さいのから大きいのにすると釣れる事もある。

サイズ違いで持っておくことはオススメですよ♪
]]>
安田ヒロキ
◆釣り始めから専門外の釣り◆ https://www.fimosw.com/u/crazylegenddiary/k6n7sd6patvxxy 2021-01-07T18:19:00+09:00
前回のブログにも書いたとおり、今年は色々な釣りにもチャレンジする!ということで、いきなりの専門外の釣りへ。



そう、フィッシュオン王禅寺へトラウトを釣りに行ってきた。








◆釣れないイメージしかない王禅寺◆


さて、僕の中で王禅寺のイメージは『とにかく釣れない』この一言。笑



実は以前すごーく前にNHKのロケで行ったことがあって、一匹も釣れなかったという苦い思い出があるからだ笑

実際人に聞いても王禅寺は難しい、釣れない、と言われて、なんとなく嫌っていたけど、今回山崎くん町野くんが誘ってくれたからトライしてみた。








◆すぐにトラウトヒット!◆

さて、のんびりと昼からエントリーした数投目。



え、サクッと釣れたんだけど!


が、ここからが長かった!笑

釣ってる人は釣っているんだけど、何が合っていないのか全然わからずひたすら釣れない。

というかバイトはあるけど乗らない。



この日はIRIE FISHING CLUBコーデで♪

このブランドは普段着でもよく着てて好きなデザインが多い。





一緒に行った山崎くんも苦戦しつつなんとかゲット。


そして町野くんは一人大型のみに狙いを絞って男の釣りをし続ける・・・








◆幻の魚ゲット?◆


終了間際、ふと町野くんを見るとランディングしている。


これは、まさか、と駆け寄ると



執念のイトウをゲット!

ちなみにどうやって写真撮ろうか?と苦戦してたらこの直後逃げられました笑



こんな釣り始めだった2021年。
緊急事態宣言が再度出て大変な世の中になりますが、頑張っていきましょう。]]>
安田ヒロキ
◆釣り始めは王禅寺◆ https://www.fimosw.com/u/crazylegenddiary/k6n7sd67fyuj8s 2021-01-02T11:30:00+09:00 あけましておめでとうございます。

昨年は世界的に混乱が大きな一年で、そんな中メーカー起業をし、自分としても人生で一番記憶に残る年となったと思います。

2021年の目標はもちろん、自分が立ち上げたLEGAREを皆さんに知ってもらうように、使ってもらえるように、全力で取り組みます。



今年はコロナの影響次第ではありますが、今まで東京湾からあまり出なかったこともあるので、全国のフィールドへ行き、皆さんがどんなところで釣りをしているのかを自分の目で知りに行き、LEGAREの紹介もしていきたいと思っています。

また、シーバスやライトゲームだけではなく、船釣り等の他のジャンルの釣りにもチャレンジして視野を広げていく年にしようと思っています。

本年もどうぞ安田ヒロキとLEGAREをよろしくお願い致します。


そして釣り始めは早速シーバス…ではなくココからスタート笑



昔一度訪れてボウズを食らった王禅寺。
さてどんな魚と人と出会えるか楽しみです♪
]]>
安田ヒロキ
◆釣り納めウェーディングへ◆ https://www.fimosw.com/u/crazylegenddiary/k6n7sd6h3pv534 2020-12-31T11:30:00+09:00
さて、年末のブログという事で、今年はどんな年だったかと、釣り納め釣行の事を。








◆LEGARE◆

2020年は激動の一年だった。
もちろん一番大きな出来事は、LEGAREを立ち上げた事。

前職のアウトドアショップ店長という立場から、思い切って退職をしてメーカー起業。



30歳という男の節目の年。
なにかしたいなぁと色々と考えてた所に、色々な繋がりと出会いが重なり、同じく転職を考えていたヌッキー(開発の酉抜)に声をかけて実現したメーカー起業。



右も左もわからない状態から、お金のこと、起業のこと、やった事もない手続きばかりで、知らない言葉だらけで、頭がパンクしそうな毎日でしたが、なんとか起業をしてメーカーの代表に。



fimoさんが独占インタビューを撮ってくれたので、下記から是非ご覧ください。



【LEGARE代表、安田ヒロキ独占インタビュー】


メーカーを立ち上げた思いと挑戦。

メーカー名の由来やどんなメーカーにしたいか。

仕事風景も少し映っているので是非。








◆釣り納めウェーディング◆


さて、釣りに関しては毎年テーマを自分の中で色々と決めていて、今年は『地元をもう一度見直す』というテーマで釣行をした。

過去にやったことのあるフィールド、あまり釣れるイメージがないフィールド、そしてまだまだ知らないかもしれない地元の隠れたポイント。

今の安田ヒロキの技術で改めて地元を見直して、どんな釣果を出せるのか。

結果としてはまた自分の視野が広がるような釣りも沢山することができた。

特にビッグベイトでの釣りは今までシャッドを投げていたような小場所でも威力を発揮してくれ、自分の釣りの幅がまた広がったと思う。

そして改めてここが釣れるんだ、というフィールドも多々あったので、良いテーマだったのかなと思う。



そんな2020年の釣り納めは河川でのウェーディングで締めることに。

年末は天候の悪化が見込まれたので、29日に狙いを定め釣行。

その日行けそうな仲間にも声をかけてポイントへ。


今年の東京湾は過去にないほどのコノシロフィーバーで、良い釣りをした人も多かったと思う。

もちろん僕もそのうちの一人だったが、この年末になってもまだコノシロが居るところには居て、釣果が出てくれているのにも驚きだ。

釣り納めに選んだフィールドも、ハイシーズンのようにコノシロが目視できるくらい居て、ボイルしまくって、というほどではないが、地形変化や流速変化のあるピンにはルアーに当たるくらいはコノシロがまだ溜まっていた。








◆ドアップの釣り◆

そのエリアは干潮前後が良く、この日も干潮に向けて潮位が下がるにつれてウェーディングして前進。

とはいえ、気をつけていることは前に出過ぎないこと。

シャローに魚が入っているのはシャローにベイトを追い詰めて捕食しているからであって、そのシャローにズカズカ入っていけばもちろん魚は散って遠くなる。

今回も前に出過ぎないように攻めてみたのだが、魚からの反応があまりなかった。

あとは同じエリアに仲間6人で入っていったので、自然とプレッシャーが掛かっていたという事もあっただろう。


ブレイク付近まで到達したが、反応がなかったので、一番上流側へ移動してアップにルアーをキャストする。

ブレイクの上を長く引けるドアップ方向へ、セレクトしたのはラムタラジャイアント。
今年のコノシロパターンでよく釣果を出してくれたルアーのうちの一つ。

ドアップでもなるべくゆっくりと巻きたくて、ラムタラジャイアントならスローでもアクションをしてくれる。


ブレイク上をテロテロと水面直下を巻いていたラムタラジャイアントに水柱を上げてバイト!!



2020年の締めくくりとなる記憶に残る魚。



何度見てもいつ見ても、シーバスってカッコいいし興奮する魚。

そしてまだまだ釣れないシーバスが8割はいると思っているので、これからも探究心を忘れずに追い求めたい魚。

今年も一年ありがとう!他のシーバス達にもよろしく伝えてな。と感謝の気持ちを込めてリリースした。








◆仲間達も締めの魚をしっかりと◆


同行していた仲間も下流側で単発のバイトをしっかり拾っていた。



今年は本当によく一緒に釣りに行ったアツトさん。

最下流からわざわざ来てくれて締めの魚を見せてくれた。



テスターになりたい!と意気込みを話してくれて、今年は本当によく頑張った山崎くん。

沢山アドバイスをして、沢山怒ったけど、今回fimoのモニターに見事選ばれた。

やってきた事が実ったのは、欠かさずに書いていたブログも意味があったし、寝不足だけどフィールドに立っていたから。

よく頑張りました!!!



翔も今年はAPIAモニターとなって、大阪フィッシングショーも自腹で俺に着いてきて、アクアライン渡って横浜にも沢山遊びにきてくれて、色々と遊んだ一年だったね!

お疲れ様でした!!



タイスケはすっかりラムタラの使い手になって、神の見えざる手を手に入れた。

本当に釣りバカで、ダンスメインなのか釣りメインなのかよくわからんが笑

同い年の釣り人は貴重な存在で、お互い刺激しあって今年も遊びました!!



そんな仲間たちとの釣り納め。



帰りにしっかりとラーメンでカロリーをとって帰宅。

アツトさんは先に帰って、あ、翔平くん釣れてなかった!笑笑

皆さんお疲れ様でした!!!








◆良いお年を!!◆

最後に、2020年も安田ヒロキのfimoブログ及び各SNSをご覧いただき、ありがとうございました!!

今年も本当に沢山の繋がりができて、幸せな一年間でした。


LEGARE (レガーレ)はイタリア語で『結ぶ』『繋がる』という意味。

2021年のテーマは間違いなく『LEGAREな一年』ですね。

さらに沢山の繋がりを作って、そして来年は全国を駆け巡れたら良いなと思っています。

あなたの町へ安田ヒロキが行くかもしれません。
もし機会があれば、是非一緒に釣りをしたりラーメンを食べたりしてもらえたら、とても嬉しいです。

2020年も大変お世話になりました。
2021年もよろしくお願いします。

良いお年をお迎えください!!!


2020.12.31
安田ヒロキ
]]>
安田ヒロキ