プロフィール

BlueBlue

千葉県

プロフィール詳細

カレンダー

<< 2024/2 >>

1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29

検索

:

アーカイブ

2022年 9月 (1)

2022年 8月 (1)

2022年 6月 (1)

2022年 5月 (1)

2022年 4月 (1)

2022年 3月 (2)

2022年 2月 (1)

2022年 1月 (5)

2021年12月 (5)

2021年11月 (1)

2021年 9月 (4)

2021年 8月 (4)

2021年 7月 (1)

2021年 6月 (2)

2021年 5月 (1)

2021年 4月 (2)

2021年 3月 (2)

2021年 2月 (2)

2021年 1月 (2)

2020年12月 (3)

2020年11月 (2)

2020年10月 (7)

2020年 9月 (7)

2020年 8月 (6)

2020年 7月 (9)

2020年 6月 (12)

2020年 5月 (8)

2020年 4月 (5)

2020年 3月 (3)

2020年 2月 (3)

2020年 1月 (5)

2019年12月 (7)

2019年11月 (6)

2019年10月 (7)

2019年 9月 (1)

2019年 8月 (4)

2019年 7月 (8)

2019年 6月 (4)

2019年 5月 (12)

2019年 4月 (10)

2019年 3月 (7)

2019年 2月 (7)

2019年 1月 (5)

2018年12月 (13)

2018年11月 (9)

2018年10月 (13)

2018年 9月 (13)

2018年 8月 (16)

2018年 7月 (14)

2018年 6月 (14)

2018年 5月 (17)

2018年 4月 (13)

2018年 3月 (13)

2018年 2月 (13)

2018年 1月 (13)

2017年12月 (8)

2017年11月 (14)

2017年10月 (16)

2017年 9月 (10)

2017年 8月 (7)

2017年 7月 (10)

2017年 6月 (10)

2017年 5月 (14)

2017年 4月 (19)

2017年 3月 (21)

2017年 2月 (9)

2017年 1月 (15)

2016年12月 (14)

2016年11月 (12)

2016年10月 (17)

2016年 9月 (13)

2016年 8月 (9)

2016年 7月 (8)

2016年 6月 (10)

2016年 5月 (7)

2016年 4月 (8)

2016年 3月 (11)

2016年 2月 (10)

2016年 1月 (14)

2015年12月 (12)

2015年11月 (11)

2015年10月 (14)

2015年 9月 (10)

2015年 8月 (9)

2015年 7月 (11)

2015年 6月 (17)

2015年 5月 (16)

2015年 4月 (10)

2015年 3月 (10)

2015年 2月 (15)

2015年 1月 (11)

2014年12月 (13)

2014年11月 (9)

2014年10月 (16)

2014年 9月 (12)

2014年 8月 (11)

2014年 7月 (13)

2014年 6月 (13)

2014年 5月 (13)

2014年 4月 (13)

2014年 3月 (14)

2014年 2月 (8)

2014年 1月 (13)

2013年12月 (12)

2013年11月 (16)

2013年10月 (11)

2013年 9月 (10)

2013年 8月 (11)

2013年 7月 (12)

2013年 6月 (13)

2013年 5月 (15)

2013年 4月 (12)

2013年 3月 (13)

2013年 2月 (11)

2013年 1月 (10)

2012年12月 (7)

2012年11月 (7)

2012年10月 (3)

2012年 9月 (4)

2012年 8月 (4)

2012年 7月 (7)

2012年 6月 (4)

2012年 5月 (4)

2012年 4月 (5)

2012年 3月 (5)

2012年 2月 (1)

2012年 1月 (6)

2011年12月 (5)

2011年11月 (1)

2011年 9月 (1)

2000年 1月 (3)

アクセスカウンター

  • 今日のアクセス:120
  • 昨日のアクセス:1178
  • 総アクセス数:5855276

ヒラマサ炸裂!ガチペン160の使い方!

こんにちは。
BlueBlueの吉澤です。


ガチペン160が発売したという事で頭の中は『投政(なげマサ)』モード全開です!!


ジギングも楽しいけど、キャスティングも楽しい!

ヒラマサ釣りの様々な状況を打破するためにシーライドロング、エスナル、ガチペン200、バシュート105、ガチスラ230HSと開発をしてきましたが、房総キャスティングゲーム“ド真ん中”となるアイテムが今まで不在で正直やきもきしてました。

そんな中で仕上げた“ド真ん中”160mmサイズのダイビングペンシルの発売は正直、興奮を隠しきれません!

ということで、先日の南房釣行の様子を簡単にお伝えしようとおもいましたが、新商品の発売はいつも自信と不安が入り乱れます。


BlueBlueの商品、情報を信じて買って頂いたお客様、来ていただいたお客様に少しでも楽しい思いをして頂きたい!


という事で!



釣果報告だでなく、簡単にガチペン160の使い方、タックルセッティングについて紹介させて頂きます!



ガチペン160外房・南房オフショア平政狙いのセッティング!


まずはロッドです。

ff7c5npnjok7xjnhkx3n_480_480-4db0318d.jpg
オシアプラッガーS83MH
既に廃盤となっているロッドを紹介するな!って怒られそうですがどんなロッドを使っているのか想像が付けばと思って紹介させて頂きます。
簡単に言うと、パワーがあって少し固めのロッドを使っています。長さも少し長めのロッドです。

この堅め・長めのロッドはアンダーハンドキャストで扱うのには少しコツが入り、決して投げやすいロッドとは言えません。

それでも慣れるとスパーーーン!!っと、ズバ抜けた飛距離を出せるので愛用しています♪

一般的にオススメのロッドは7ft半程度でティップがちょっと柔らかいロッドです。アンダーハンドで投げやすく、ガチペンの泳ぎも艶めかしく水を掴むようになるのでオススメです!
標準としては76M、76MLなどと表記しているロッドがオススメで慣れたら長く、堅いロッドをチョイスしていけばよいかと思います。


リール
zjen97wxtcvf2o867pgf_480_480-0f5d29a1.jpg
ツインパワーSW14000XGにスプールをSOM NO LIMITSスプール 13SW16000 Ver2に変えて出来る限り飛距離を稼ぎやすいセッティングにしています。(Ver2スプールは最終テストに参加しましたが自信を持ってオススメ出来る飛ぶようになるスプールです。)

ラインは南房・外房の場合はメインラインをPE4号にリーダーがナイロンの80lbを2ヒロ程セットしたシステムを基本にしています。


d4uiukphrxstu997uetj_480_480-1aab49ea.jpg
リーダーとメインラインの結束はFGノットです。

mfvv2gfi37n6cux96wzi_480_480-c0e4f818.jpg
FGノットを組むときはオーシャンノッターOK110Hを活用しています。
一編み事に締め込みが出来るので締め込み不足の心配もありません。

もちろん、リーダーを組む際はメインラインにワセリンを塗り塗りしてスベリを良くして、しっかりと絞め込んでくださいね♪

tkcta8y6fnf4sbjpw8ry_480_480-a1feb872.jpg
締め込みの時にオススメなのが小平商店さんのオリジナル商品。
K印・smart stick

正直、ちょっと高いな~と最初は思いましたが無くすモノでもない一生モノのアイテムです。
PE8号の締め込みも余裕で出来て耐久性もバッチリ!
自信を持ってオススメする便利グッズです!

接続金具
rrv23xhj5be8aj78k2hd_480_480-f3779c50.jpg
ルアー接続の金具はオーシャンスナップ #4を使用しています。

近海青物のメーカー推奨は#5となってますが、#4でも十分強く軽さも出せるのでガチペン160を使う際、私は#4を標準に使っています。

リーダーと金具の結び方は色々とやりますが、パロマーノットにハーフヒッチを交互に4セットほど組んだ結び方をしている事が殆どです。

締め切れの起こりにくいノットで挑んでください。


zc4zf4ihu3jviwiwgra4_480_480-42a56b97.jpg
フックとリングの標準は前後共にSTX-58 2/0にリング#8です。

リングとフックの前後合計重量が10g前後になるようにセッティングするのが1つの目安です。

シングルフック、ツインフックを使用する際の参考にしてみてください。(シングル、ツインを使うときは水絡みを考えてトレブル仕様よりも少し重めにするのがオススメです。)

詳しいフックセッティングについては過去ログをご参照ください。
状況別フックセッティングについて

細かくセッティングを変えるだけで使いやすくなる場面も多いのでフック・リングは多めに持っているのがオススメです。

ガチペン160の引き方

肝心なのがガチペン160の引き方です。

10月5日 南房布良港 松栄丸

i9jyfimsx2zdcaufeorn_480_480-faf18735.jpg

リーリングを止めない、巻きっぱなしジャークで良い結果が出ました。

9tjhsb5fy36fua7w75eb_480_480-74ed5ade.jpg
#08特選サンマ


ガチペン160でヒラマサを狙う際は水面下を泳ぐようリトリーブを止めずにジャーキングで誘うのがオススメです。
毎ジャークごとに水面に頭が出なくても気にせず、時々頭が出て泡を引くくらいの引き方でOKです!

止めずに引いてください。

ガチペンは下あごが軽く水を掴んで泳ぎますので、ダイビングペンシルですが泳いで魅せるダイビングペンシルだとご理解頂けると幸いです。

手元に泳ぎを感じながら誘ってくる。
潜るんだけども、潜り過ぎない神のレンジを引いて来て時々頭を波間から出して泡を引いて戻っていく。

それがイメージです。
ジャーキングの入力は遠くでは軽く、手前では強くが基本となります。

詳しくは今度動画にて解説します。

wyv6gt4p57a4y9our9ik_480_480-db449ff6.jpg

先日は私が釣ったあと、船長も竿を出して11kgオーバーのヒラマサをキャッチ。

jknabx27fgvf75otdj2g_480_480-1437e672.jpg
ヒットカラーは同じく#08特選サンマ

この日はこのカラーに反応がよかったのでしょうか?

rsxtecmz58ybup6i8ebg_480_480-8347d77d.jpg
同船のお客さんもシーライドロング150g 特選サンマカラーでワラサをキャッチ。


どうでしょうか?
ガチペン160のタックルセッティング、引き方のイメージ出来ましたでしょうか?

これからが青物の本格シーズンです!!
是非、ガチペン160を持って釣りに出かけてみてください。
 

BlueBlue 吉澤





★★★★BlueBlue Official account★★★★

■Website
http://bluebluefishing.com/
■Facebook
https://www.facebook.com/BlueBlueFishing/
■Youtube
http://www.youtube.com/user/BlueBlueFishing

BlueBlueでは『LINE@』を始めました!!

限定ルアーやアパレル商品の追加情報
BlueBlueの最新情報などを随時発信していきます。
直接お手元に情報が届くので、いち早く情報を掴んでくださいね♪

お友達の追加方法は
・お友達検索なら『BlueBlue』で検索
・ID検索なら『@cku1419t』で検索
・QRコードからはこちら♪
 y7umbckfvs24djx6zxze-ba8a2d80.png
ぜひ!!お友達追加を
よろしくお願い致します☆


 

コメントを見る