プロフィール

スカジットデザインズ

千葉県

プロフィール詳細

カレンダー

<< 2024/4 >>

1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

検索

:

タグ

アクセスカウンター

  • 今日のアクセス:0
  • 昨日のアクセス:39
  • 総アクセス数:94619

QRコード

新作「ベイビーコーンミノー50F」のあれこれ。

昨年発売したヘビーシンキングに続いて今年はフローティングミノーの発表です。

2024年新作第一号はこちら!

「Baby Corn Minnow50F」

■ベイビーコーンミノー50F (50mm 2.3g フローティング)

先代のスカジットデザインズ皆川哲が世に広めた「サスペンドテクニック」で釣れるルアーにしたく、それであって機敏にロッドワークに反応し、アピールも強く出したいし、バイトシーンが見えるトップに近い釣りがしたいと贅沢なコンセプトに挑戦しました。

サスペンドテクニックとは:流れの中にルアーをステイさせながら流れに乗せてルアーを泳がせ、魚を誘い出す釣り方。

そのため、重すぎると底についてしまい、軽すぎたり、リップが大きすぎたりすると暴れて水面に出てきてしまうというとても繊細なセッティングが要求されます。

当時はバルサのチップミノーでこのテクニックを駆使しするにあたり、「泳がないミノー」とうい言葉がピッタリと言っても過言ではない、操作しないと泳がないルアーでした。

それが斬新なことでもあり、強い流れの中ではしっかりと浮き上がらず暴れずにステイしてくれてよく魚が釣れる状態を作り出せるルアーになったというわけです。

バルサの強い浮力も作用し、最高の仕上がりの伝説のミノー「チップミノー」の誕生でした。

こんな偉大なルアーを超えるルアーを作れるわけがないのですが、単純に勝負ではなく、今この時代に合うやり方と発想でアップデートした「チップミノー」にどうにかできないかと常に考えてトライし、形になったのが、ベイビーコーンミノーシリーズです。

「スカジットデザインズ」が培ってきたミノー作りのノウハウをめいいっぱい詰め込み、

DeeDeeDesignsならではの新素材(PLA)、新製法(3Dプリンター成形)で挑んだルアーです。


(制作風景)

PLAという植物由来生分解性プラスチックを使用し、3Dプリンター成形による製法ですが、組み立てから研磨、塗装仕上げは職人がひとつひとつ丹精込めて仕上げています。

さらに、3Dプリンターでボディを作るにあたり、実は緻密な密度調整をし、バランスをコントロールしています。

一般的なABSプラスチックルアーの金型物やウッドルアーにはできない調整を施しているので、唯一無二のルアーに仕上がっていることは間違いございません。

内部構造が分かったとしても真似できないボディの密度調整。

フローティングミノーということもあり、かなり苦労しましたが納得のバランスに仕上がりました。

この密度調整のおかげで、今回の贅沢コンセプト、泳ぐし、浮き上がりにくく、ステイしてくれるし、ロッドワークにも機敏に反応してくれるルアーを作り上げることができました。

渓流はもちろん、

管理釣り場にて。ほぼ止水でも使えます!

■アクション動画

今シーズンはぜひフローティングミノーで見える釣りを堪能してください。

現在オフィシャルウェブショップにて予約販売開始しております。

 

カラーラインナップ

 

全13色。

 

DDD Official Webshop

 

■スカジットデザインズOfficial WebShop

 

■Officialホームページ

 

■Official インスタグラム

skagitdesigns_official

 

■Official FaceBook

 

■Official Twitter

■YouTubeチャンネル

コメントを見る