プロフィール

TOMMY

和歌山県

プロフィール詳細

カレンダー

<< 2019/5 >>

1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

検索

:

アクセスカウンター

  • 今日のアクセス:0
  • 昨日のアクセス:21
  • 総アクセス数:293146

QRコード

リンク先

邪道
楽宿おおはし
週刊つりニュース
手作りマリンアート
本州最南端潮岬タワー
横道坊主official site
Genie TATTOO
東北ライジングサンプロジェクト

旬感瞬動

  • カテゴリー:日記/一般

あれから二週間も経っちまった。



もっと釣りへ。

果ては北海道、そしてそろそろ海外も視野に。


タックルだって使い続ければ、いつかガタが来る。


(とにかく銭を稼がなきゃ、やってられねぇ!)


と、始めた夜のバイト。


仕事が終わってから、釣りに行くのも我慢して勤しんでおります故、ログのUPが滞ってしまいました・・・。


という訳で、今回は釣った魚の料理ログです(笑)。



まずは前回のログで釣った、今が旬のヒラスズキ。

こいつを心を込めて調理。

tx5b2wurrgeykcekirdu_480_480-6870e9f8.jpg

まずはお刺身で。


続けて今回のメイン。

r98icp7ceapt8g5ipi6c_480_480-4508e00e.jpg

『平鱸と夏野菜のグリル~ソース・ポモドーロ~』


鱸の皮目をパリッと香ばしく焼き上げ、旬の夏野菜(オクラ、ズッキーニ、ナス、ブロッコリー)を添えてみました。

サルサ・ポモドーロとはイタリア語で、トマトソースの事です。
鷹の爪を少し入れて、辛味と風味を加えるのがポイント。

TOMMYはアンチョビもじっくりとオイルに馴染ませます。


自分で言うのも何ですが、激ウマでした(笑)。



そんな激ウマなヒラスズキを求め、二週連続で南紀入りしたTOMMY。


しかし、この日もそこそこ荒れてはいたものの、既に“夏の海”へと変わりつつあった南紀の海。


何とか早朝に50cmクラスのヒラスズキを一本、グラバーで。

その後はダツの猛攻に遭いグラバーはボロボロに・・・。

bdkp66584hke5dj622nx_480_480-b475d3e7.jpg



それでもお初にお目に掛かる「オジサン(ヒメジ)」を数匹GETし、ご満悦。

南国の魚までもが釣れてしまう、南紀の海はやっぱり最高だ。


これから始まる夏も、また違った肴・・・もとい、魚を求めて南紀へ行きまくるぜ!



釣れたヒラスズキと、オジサンはもちろんありがたく頂戴。


七夕も近かったので、帰りの道中で笹を摘み、懐かしい“笹船”をあしらいに。

565kyc3y39gjdu9yzxvi_480_480-7f4a7f0b.jpg

kw4yfkvxp44i3i9xmerw_480_480-96f0fe49.jpg

『平鱸のお刺身、昆布締め、オジサンの焼き霜造り』



オジサンは皮目に独特の旨味があると聞いていたので、皮を付けたまま串を打ち、軽く炙ってから氷水へ。


これも激ウマでした(笑)。






釣人は、旬な釣りを楽しみ、旬な魚を嗜む。

料理人は、旬を感じ、旬を調理する。


大切なのは、その一瞬。

旬を感じ、旬を求めて動くその一瞬。


そこにきっと“感動”は生まれるのだと、TOMMYは思うのです。




だから一切の妥協はしません。

やるからにはとことん。


だからバイトもとことん(泣笑)。




ディズニーランド?

ああ!連れてってやるさ!



でも、あそこの旬はいつなんだ?(笑)


 

コメントを見る



【fimo釣りログアプリ iPhone用】釣りログ見るなら、釣りログ書くなら、スマホから!fimo釣りログアプリ

【fimo釣りログアプリ android用】釣りログ見るなら、釣りログ書くなら、スマホから!fimo釣りログアプリ


【フィールドレポーター】全国各地の釣りの状況をお届け!