プロフィール

飯田 修一

神奈川県

プロフィール詳細

カレンダー

<< 2024/4 >>

1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

検索

:

アクセスカウンター

  • 今日のアクセス:2
  • 昨日のアクセス:13
  • 総アクセス数:460710
logo-mini.gif

なんとか、かんとか。

  • ジャンル:日記/一般
9月7日 湘南サーフ


今週は仕事が忙しく火曜朝以来のエントリー。

フィールドに出ては居なかったが、リサーチでは今週もぼちぼちとシーバスは出て居る様ではある。

しかし、依然として宝くじ状態は変わらず、確固たる時合いは存在して居ない様だ。


どのタイミングでサーフに出てもそれほど釣れる確率は変わらないと思われるが、マズメや潮の動き出しなど、何か一つだけでも自分の釣行タイミングに重ねて確率を上げたいとは思っている。

そんな訳で、潮の動き出しに合わせて、予定よりだいぶ早くエントリーした。



週末金曜の晩ではあったが、日没直後から撃っていたアングラーが揚がった後だからか、サーフにはアングラー少なく、ほぼ無人に近い状況だった。

この処、実績が出ている立ち位置に付いて、多少スライドしながらひたすらキャスティング。

今の釣りはひたすらの回遊待ち、実に辛抱堪らない釣りではある。

しかし、投げ続けなければ釣れやしない。

何時間もノーバイトが続いてもおかしくは無いが、ルアーに集中して無心で投げ続けるしかない。



集中して投げ続けると時間はどんどん過ぎていく。

日付が変わり、更に1時間もノーバイトで経過すると、獲れる気はほとんど無くなって行く。

サーフでの釣りは、正直、獲れないのが普通とも言える。

それでも、諦めずに投げ続けていると、神様がワンチャンスをくれた。



やたらエラ洗いの激しい元気なシーバスだった。

フックはエントリー前に新品に換えてあったので安心してやり取り出来た。

ノード150、良い仕事してくれている。




サイズは72cm。

反応がほぼ無い状況が状況なだけに、ありがたい1本だった。



とても追釣は出来るとは思えず、その後は引っ張らずに終了とした。

ワンバイトを拾う釣りがまだまだ続きそうだ。

コメントを見る