プロフィール

TICT

高知県

プロフィール詳細


TICT HP

webshop

twitter

facebook

studio

Az-ing lab

カレンダー

<< 2024/3 >>

1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

検索

:

アーカイブ

2023年 2月 (8)

2023年 1月 (6)

2022年12月 (1)

2022年11月 (2)

2022年10月 (2)

2022年 9月 (2)

2022年 8月 (4)

2022年 7月 (1)

2022年 6月 (4)

2022年 5月 (5)

2022年 4月 (6)

2022年 3月 (4)

2022年 2月 (2)

2022年 1月 (5)

2021年12月 (5)

2021年11月 (5)

2021年10月 (5)

2021年 9月 (4)

2021年 8月 (2)

2021年 7月 (2)

2021年 6月 (3)

2021年 5月 (2)

2021年 4月 (5)

2021年 3月 (2)

2021年 2月 (6)

2021年 1月 (8)

2020年12月 (1)

2020年11月 (7)

2020年10月 (5)

2020年 9月 (2)

2020年 8月 (4)

2020年 7月 (3)

2020年 6月 (5)

2020年 5月 (3)

2020年 4月 (3)

2020年 3月 (5)

2020年 2月 (6)

2020年 1月 (9)

2019年12月 (12)

2019年11月 (8)

2019年10月 (5)

2019年 9月 (7)

2019年 8月 (8)

2019年 7月 (6)

2019年 6月 (4)

2019年 5月 (10)

2019年 4月 (14)

2019年 3月 (11)

2019年 2月 (10)

2019年 1月 (10)

2018年12月 (14)

2018年11月 (15)

2018年10月 (13)

2018年 9月 (13)

2018年 8月 (12)

2018年 7月 (10)

2018年 6月 (11)

2018年 5月 (15)

2018年 4月 (14)

2018年 3月 (15)

2018年 2月 (10)

2018年 1月 (12)

2017年12月 (12)

2017年11月 (15)

2017年10月 (11)

2017年 9月 (14)

2017年 8月 (12)

2017年 7月 (13)

2017年 6月 (15)

2017年 5月 (13)

2017年 4月 (14)

2017年 3月 (16)

2017年 2月 (16)

2017年 1月 (18)

2016年12月 (17)

2016年11月 (16)

2016年10月 (20)

2016年 9月 (17)

2016年 8月 (11)

2016年 7月 (13)

2016年 6月 (20)

2016年 5月 (17)

2016年 4月 (16)

2016年 3月 (23)

2016年 2月 (18)

2016年 1月 (12)

2015年12月 (17)

2015年11月 (19)

2015年10月 (19)

2015年 9月 (23)

2015年 8月 (20)

2015年 7月 (17)

2015年 6月 (12)

2015年 5月 (18)

2015年 4月 (19)

2015年 3月 (20)

2015年 2月 (19)

2015年 1月 (21)

2014年12月 (18)

2014年11月 (19)

2014年10月 (19)

2014年 9月 (20)

2014年 8月 (14)

2014年 7月 (11)

2014年 6月 (10)

2014年 5月 (15)

2014年 4月 (14)

2014年 3月 (22)

2014年 2月 (18)

2014年 1月 (21)

2013年12月 (18)

2013年11月 (12)

2013年10月 (18)

2013年 9月 (21)

2013年 8月 (19)

2013年 7月 (23)

2013年 6月 (14)

2013年 5月 (10)

2013年 4月 (14)

2013年 3月 (17)

2013年 2月 (12)

2013年 1月 (12)

2012年12月 (12)

2012年11月 (11)

2012年10月 (10)

2012年 9月 (8)

2012年 8月 (14)

2012年 7月 (7)

2012年 6月 (5)

2012年 5月 (10)

2012年 4月 (13)

2012年 3月 (16)

2012年 2月 (16)

2012年 1月 (3)

2011年12月 (3)

2011年11月 (6)

アクセスカウンター

  • 今日のアクセス:4
  • 昨日のアクセス:289
  • 総アクセス数:3471228

QRコード

一転してショートな話。

フィッシングショーOSAKAからプロトを公開しております


SRAM UTR-55-one-TOR



実は、構想は4年以上前なんです^ ^;

当初UTR-60luxであがってきたプロトモデルをさらに短くして使ってみたことが始まりでした。。。


zjtsyy3am8hpw7sbbwmf-3a9d1749.jpg

b59d89837saxe58x627u-c118f594.jpg


左のコルクグリップがそれで、レングスは5フィート4インチ。
(右は55のセカンドプロト)




当初の、このプロト54のコンセプトは

今回のUTR-55にも継承されていますが、


言わずもがな、ショートレングスによる

『近距離戦での高い操作性、手返しの早さ』
と、

『小場所での扱いやすさ』がまずあります。


四国の港湾の一部では、係留船のすき間を狙ったり、

後や上に障害物があって、テイクバックがとりにくいといったところもあり、

こういったシチュエーションにはかなり活躍してきました^ ^

高知でも一箇所、特にこの54が活躍するポイントがあり、「
○○○○(そのポイントの呼び名)スペシャル」と勝手に呼んでたくらいですが、身内ネタすぎて名前は伏せます  (笑)



くわえて、欲しかったのが

『アンダー1gの操作感度』


表層のアミがメインベイトであったり、

産卵期の気難しい時期など、

常夜灯周りで、どうしても1g以下のジグヘッドをメインに投げたいという局面があり、

そんな時にこのプロト54を登場させてました。


ジグヘッドは、軽くするほどにどうしても

『何やってるか解らない』状態になるんですが(汗)

この54なら、
ロッドが短い分伝達が早いという

アドバンテージが働き、

アンダー1gの存在感をさらに解りやすくしてくれました^ ^






じゃあ、何で早く出さなかったの??

と言われそうですが^ ^;;



きっかけは、やっぱりコレです。

cejdjxadhgvi4tzmn9r7-06b4deeb.jpg

『TORZITEリングガイド』
(右がSicで左がTORZITE)

ただ短いというのはどうもしっくりこないまま月日は流れましたが、


昨年、ようやくこの新しいリングガイドに出会ったことで

このショートロッドの企画は一気に加速しました!!




まだ正式な発売日が決まったわけではありませんので、

詳しくはまた次回に書きたいと思いますが、




そんな アンダー1gの世界 は、

kn6myp89nz3vietj5ckd-ef69815f.jpg


着々とデビューに向けて進行しております☆

ご期待ください!!


※感覚の部分は、メーカー主観および個人主観による表現も含まれます。なにとぞご理解くださいませ。




企画デザイン 土居




----------------------------------------------------------------------------

9482ts5u5otfcefi2iyp_75_75-cf89280a.jpg「TICT Facebook」
ページ検索「ティクト」or「TICT」で検索
http://www.facebook.com/pages/

f9fn8ev2wpxtcifvgd8m_75_75-39354cb1.gif「TICT Twitter」
http://twitter.com/TICT_Kochi

fez5288zeuvrakx53n4d_75_75-389e7ad3.gif「Studio TICT」動画
http://www.youtube.com/user/studioTICT

コメントを見る

TICTさんのあわせて読みたい関連釣りログ