プロフィール

りゅう

千葉県

プロフィール詳細

カレンダー

<< 2024/4 >>

1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

検索

:

ジャンル

アクセスカウンター

  • 今日のアクセス:3
  • 昨日のアクセス:16
  • 総アクセス数:99831

QRコード

夢の90cmを達成!

どもです!

6月より地元に帰省し本腰を入れてのシーバスゲーム。

釣りを初めてからこれだけ本気でシーバスに時間を費やしたのは初めてのこと。

6月〜12月の半年間、とにかくサイズを狙い続けランカーキャッチ数は18本、最大魚は87cm、70upは100本以上釣ることが出来た。

テクニック云々より釣り場に立ち続ける根性で出た数字。

目標はもちろんメーターだが、90upが釣れないのにメーターが釣れる程甘くなければ運もない。

そんな訳で第一目標は90cmに設定していた。

ランカーは釣れても87cmの壁が越えられず、87cmは3本、86cm1本、85cm1本、それ以下といった具合。

ハイシーズン〜年末は特に気合を入れて頑張ったが目標は達成出来ず年が明けた。

ロックフィッシュへ行ったり、ライトゲームへ行ったり、シーバスもバチ調査程度で釣り場に立つ時間は減っていった。

今年はいつからシーバスをやろうか?

今までシーバスも間が空きながらやっていたため、所謂オフシーズンは経験がない。

釣れる気もしないし、今年はフラットにも手を出したからハイシーズンまではそっちをメインにしようか。

そんな中、仲間からランカーをキャッチしたという報告をもらった。

この時期にシーバスが釣れるのか?

そんな疑問を抱いた。

丁寧に状況を教えて貰うと、まだまだベイトフィッシュを捕食するシーバスのようだ。

もちろん修行の釣りというのは大前提。笑

ただ、釣れたと聞いたら黙ってる訳にもいかず、久々にシーバスタックルを持ち調査を始めた。

今年一発目のシーバスゲームでヒントになる1匹をキャッチ。

7gj3s62bpn3uiu3tnd9i_480_361-7ad8a322.jpg

この厳寒期、こんなコンディションのいい魚がストリームデーモンを襲った。

次の釣行、雨風が強いが釣り場へ向かい、完ホゲを食らった。

そして次の釣行、釣れた日、釣れない日の理由を考えながらルアーを投げる。

狙っていた時合、自分は不発だが周りではポツポツ釣れていた。

そのまま反応が無くなった。

前回の釣行はこんなタイミングで帰ったのだが、この時、もしかしたら○○かも?と仮説を立てていた。

そんな根拠もない仮説だがやってみることにした。

h8kpe754e5s8mvjdn87j_480_361-3b004ccb.jpg

すぐに答えは帰ってきて自分の中で納得するものがあった。

ルアーはネコソギXXX、このルアーで反応が貰えるならとここ一番のタイミングで十八番ストリームデーモンへチェンジ。

ネコソギで釣れたピンを流すも反応は無い。

この一投で確信を得て、立ち位置を調節し直して投げた一投目、重く明確なバイトがあった。

すかさず合わせを入れてファイト開始。

ド派手に走り回るような魚ではないが、ロッド、リール、ラインから自分の体には明確なモンスターサイズの生命感が伝わる。

これが「余裕の持てるシーバス」というやつか。

体力を奪うように長期戦へ持ち込むファイト、魚が一瞬気を抜いた時、水面へリフト。

ようやく確認できたそのサイズはやはりモンスターサイズだった。

同行者がランディングをしてくれて無事キャッチ。

威風堂々、まさにそんな魚だった。

aekpkx5kage48uncycsn_480_361-44da8607.jpg

ジャスト90cm、厳寒期に出たこのコンディションのモンスターシーバス。

一目見たとき、メーターオーバーを思わせるその迫力は凄かった。

tbezmjj8atfn4j3e9bup_452_400-49cce750.jpg

重すぎて物持ちなんて出来ない。

計測器は破壊され、測定不能。

目標の90upの最低ラインだが、雨風の中の極寒の海で汗が出るほど興奮し、初めて釣った魚を見て体が震える感覚を覚えた。

ストリームデーモン、やっぱりお前は最強だ。

コメントを見る