僕の愛するルアー


僕の愛するルアー。


アムズデザイン
komomo125 counter


高校生の時、
月のお小遣いは3,000円でした。


当時の雑誌やインターネットで
このルアーを使って
シーバスが釣れているのをみて
どうしても欲しくなり
最寄りの釣具屋で約2,200円だった
komomo125 counterのコットンキャンディーを
購入したのを今でも覚えています。


お小遣いの7割以上を費やして
購入したものですからね。


当時の僕にとって
超高級品のルアーでした。


購入したからと言って
すぐにシーバスが釣れたわけでもなく
komomo125 counterで釣れるようになるまでは
ものすごく時間がかかりました。


使いまくった結果、このルアーから
狩野川でシーバスを釣るための基礎を教わりました。


アップクロスに投げたときのドリフト。
ダウンクロスに投げたときのドリフト。


巻きすぎず、巻かなすぎず。


泳がせすぎず、泳がさなすぎず。


夏~初冬にかけては
とりあえずこのルアーを使っていれば
1匹は釣れる。


しかし、去年の夏頃に使っていると
どうもうまく動かない。


どうやら使いすぎで内部構造が歪み、
キャストするとウェイトボールが
ルアーの後方で完全にはまってしまい
着水後にウェイトボールが元の位置に戻らず
ルアーが泳がなくなってしまいました。

srryxt9cou7shmbb36nj_480_480-53c4dba1.jpg

しかも、はまってしまったウェイトボールは
そう簡単に直すことができず
家に帰ってからテーブルなどに強く叩いて
強い衝撃を与えないと戻らなくなってしまいました。


塗装のほうも、
元はコットンキャンディーだったのが
ほぼクリアカラーに。


それでも愛着があったので
なんとか頑張って使おうとしたのですが
ウェイトボールがはまらないように
優しく投げてもヒットゾーンまで届かせることができず、
ヒットゾーンに届かせるためにフルキャストすると
ウェイトボールがはまってしまい
家に帰るまで直すことのできない状態に。


そのため、去年の初冬で引退してもらうことにしました。


でも、使いたいので同じものを購入。

m95fsbj4at3zdo3hyzdi_480_480-321d7bed.jpg

2代目komomo125 counter。


普段はブラック系やチャート系のカラーを
好んで使うのですが
このルアーはコットンキャンディーでないと
モチベーションが上がらない。


今年からはこの子に頑張ってもらいます。


2つのkomomo125 counterを並べるとこんな感じ。

kpo33xn2299hoxg374ue_480_480-97e4c764.jpg

元は同じものとは思えないですよね。


引退した子は
釣り用のバッグにでもつけて
お守りになってもらいますかね。

 

コメントを見る

じまくんさんのあわせて読みたい関連釣りログ