プロフィール

藤沢 周郷

兵庫県

プロフィール詳細

カレンダー

<< 2020/10 >>

1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

検索

:

アクセスカウンター

  • 今日のアクセス:9
  • 昨日のアクセス:69
  • 総アクセス数:3077880

QRコード

KuruKuru&冷音のデイゲーム

今週の日曜日、岡山へ毎年恒例の新米を分けて貰いに行ってきました。

毎年本当に助かります><

そんな、知人のうちで出された、ビックリスイーツ(*´・ω・`*)



んと・・・

パンの部類に入るそうなのですが・・・・




冷蔵庫でしっかり冷やして食べるそうで(・´ω`・)



これ・・マジヤベェ!!ww


パンじゃねえよ^^;
食感・・ハンパなく、ふんわりエアリーだし♪


むちゃくちゃ美味いっすΣ(´ω`;)


中身はたっぷり入った、カスタード、違うバージョンでは、イチゴクリームやら、チョコクリーム♪


ネットでも販売してるそうですが、
三井のアウトレット???
そこでも売ってるそうです。


神戸にも三井のアウトレットあったよね???
売ってると良いなぁ。。。


と、こんなレアなスィーツを頂きながら、今年のお米のお話し



今年は「あきたこまち」

コシヒカリの種が上手く行かなかった??んだったかな。。。

そんな理由で、あきたこまちを4俵分けて頂きました(・´ω`・)

ん?。。。

全部うちで食べるわけじゃないよww

親父とかね、弟とか、そういうのを含めてだから!Σ(´ω`;)
さすがに・・コレだけ食ったら。。今よりさらに・・・orz


早速家に帰って、食べてみたら

お米が主張する「新米」独特の食感♪

味は、コシヒカリに比べて、あっさりしてるかな??

コメの炊き方も、昨年とは違うので、
ちょっと最初は苦戦しました^^;

今回のは、新米だけど、少し水に浸して置き、炊いた方が良いみたい。

種類によって、こんなにも違うんだなぁ・・って実感しました。


勿論、最初は、塩むすびですよ♪

新米は、塩だけで食べるのが、本来の味がわかりますから
良いですよね~♪


本当に、日本人で良かったと思います♪


しかし、そんな大量のお米を・・運んだわけで。。
うん・・そう・・

S-1もあるのに・・・又やっちゃいましたorz

ホントごめんなさい・・・

しかも・・色々あって、海にもでなくちゃで。。

とどめ刺されました^^;

でも、ちゃんと、今週末のフィッシャーマンさんのイベントS-1には
松葉杖つきながらでも、行きますので、是非皆さんお越しくださいね!



で・・さて本題のw

KuruKuru&冷音でのデイゲーム釣行をしてきました。


今回はKuruKuruFA(ファーストアタック)と冷音の使い分けをしながら
様子をうかがう事に。


さすがに、秋の雰囲気もひしひし感じる状態で、
気温は低く、ベイトも本当に沢山の種類で、大賑わいです。


夜明け前は、シャローをERDAで攻め切り、数本キャッチ。




ERDA86 ぎっこぎこオレンジ

夜明け前から釣りをしていると、楽しいというか、
スイッチの切り替わりが、顕著に表れる。

そのタイミングを、上手く見極める事が出来れば、楽しい釣りのスタート♪





ミノーには全く見向きもしなくなった個体が
TOPにだけ高反応な、時間が生まれる。



ウィップラッシュ ライブワイアー F-1


一本ドデカイのが反応して、ライブワイアーをぶっ飛ばして行きましたw

70ぐらいはあっただろう・・・
30cmは空を飛んだだろうか・・・魚体は頭の先から尻尾の先まで
しっかりと目視できた。

フッキングしなくても、TOPゲームは
この一瞬が本当に楽しい。


個人的な見解だと、夜散っているベイトや沈んだベイトが固まる一瞬だけ
異常な反応を見せるのではないかと思っている。


そんな異常反応も、一瞬にして終わり通常のデイゲームへと移り変わって行く。


これも、見極めを間違うと、魚を見失ったりするタイミングで、
TOPで楽しいから、もっと遊びたい♪

も・・もしかして、まだ出るんじゃないの???

ほ!ほら!「まだ反応する!」


それが落とし穴w


そう・・いうなれば・・・


パチンコで言う

帰り際のリーチ」

。゚ ((゚^艸^゚))゚。

そう・・なんとなーく、出るんじゃねーの的要素が後ろ髪を引っ張り
ドツボにハマるというパターン。


まぁ、魚釣りですから、散財するという事は無くても、
やっぱり、釣り逃しはしたくないですしね・・・・

その見極めですが、僕の場合は

「豆が沢山釣れた後、急にモワッとしたバイトが多くなり始める」

毎回こうではないですが、そんな雰囲気・・・
アタックする感じが変わる瞬間が、必ずあります。


そうなった時は、すかさずデイゲームの釣りに変更し、
潮目や壁際などを素早くチェックするわけです。



まず、KuruKuruFAを使い、表層からタダ巻きでチェックを入れます。

TOPとは違い、単調な「I(あい)字」で誘うのがキモ。

朝一は、表層の壁沿いを小さなベイトが真っ直ぐに泳いでいます
それを摸してやるわけです。




とにかく、何のアクションも与えず、ロッドを立てて
壁際を巻いてくる事がキモ。


その後、徐々に水深を変えて探っていくのですが、

今回は、体調の事もアリ、中層のチェックを飛ばして、ボトムまで落とし
ゆっくりと巻きあげる事を先にしてみました。


これも朝早くは、壁際を丹念にトレース。


HITして来たのは、まだ朝も早いためだと思いますが、

2ヒロぐらいの水深



KuruKuru FA(ファーストアタック)20g


とにかくリトリーブスピードをその日のアタリスピードになるまでチェックしたら
アクションも何もせず、タダ巻くだけ。



この後、タダ巻きでは、バイトが無くなってくる。



まぁこれは当たり前。スレてくるというやつです。



こうなれば、ボトムからのストップ&ゴー
ちょっとしたリフトアンドフォールみたいな感じかな。


リーリングは「超早め」→「ストップ1秒」感覚は2mおきぐらいを目安にテンポよく繰り返す。




こうなって来た時は・・ボートよりもショアからやった方が楽^^;。


ということで・・乗っかっても良い場所でちょこっとオカッパりで岸壁チェック。



この釣りだけは・・昔からそうですが
シー研当初の10年まえぐらいか・・7防の爆裂をご覧になられた方はわかって頂けると思いますが


ショアからの方が断然プレッシャーが少ないので
HIT率が違ってくるんですよね。





KuruKuruFA(ファーストアタック)28g


まだ日も上がらずパラパラ雨も降って来てたので、火傷は無いですからね~(*´・ω・‘*)



この後、ムリしない程度に20mぐらいかな^^;
歩いてチェックしたら、もう一匹30cmぐらいのを追加して船に戻りましたw



こんな感じで、タダ巻き「I字」と「クイックなリフト&フォール」をKuruKuruで演出してやるのが、第1段階。


この後、やっぱり反応が無くなるわけですが、
ここで、「冷音」の出番。


タダ巻きの「ハイアピール」



コレが重要


見た目も、音も、スピードも変えてしまい、魚へアピールするのがローテーションの極意。


似たような事を何度繰り返しても、
おおまか。。というか、ほとんど、1種類のルアーでも良かったんじゃね??


という釣果にしかならない。



早めのローテーションも、僕的には


「×」



ローテを早くすればするほど、ルアーの交換している時間も無駄だし
色んな水深、色んなアピールを一気にする事により
スレるどころか・・・自分のエリアから魚を消してしまいかねない。。


まったくトンチンカンなルアーチョイスをした場合は
早いローテも必要になるが・・・ホームであればそこまでトンチンカンな事もしないでしょうしね。


「ルアーは水中に無ければ魚は釣れない」


当たり前ですが、結構出来てない人も多い。。。



だから・・・・
いままで口を酸っぱくして言っている

水際足元のシャローや岸壁から丁寧に釣り、
そのあと、徐々に遠投して、手前の橋脚や潮目を先に狙い
徐々に沖へ沖へ釣っていくという方法がよりベターであると。



飛べばいい、カラーがどうの。。。


一番考えちゃダメな部分だと思ってる。


一番大事なのは


「自分が一番得意なルアーをチョイスする事」


特に、ファーストコンタクトは、コレが重要・・というか、

これ以外に方法は無い。


それでだめなら考えれば良い。

もしくはそれで無難に釣った後に、色々考えれば良い。



冷音(レイン)24g イワシ


ルアーを水からあげる回数が少なければ、より出会う確率も必然と増える。


先ずは一匹!


ここがすごく大事。


その後に新しいルアーや、カラーを試すことで、
より、新しいルアーの善し悪し・性能を感じながら釣る事が出来るはず。


「コレがダメだから・・コレ使って見るか。。。」



半信半疑なルアーチョイスは、「釣れたらダメ」な魚を引き寄せてしまう。


後のデーターに残らない魚。。



それが一番厄介なデーター



だから、「コレがダメだから・・コレ使う」ではなく



「これをここまでやって、ダメだから、こいつを試してみよう」



この違いは本当に大きいと思います。


できれば、このログを見てくれてる、全てのアングラーさんには
更なるLvアップ、一段上の段階へ上って来てほしいので、

釣りに対する考えというか、ルアーに対する考えを少し大事に考えてくれれば
また違った扉が開くのではないかと思います。



それは、もちろん、ルアーだけではなく
自然・・フィールドや対戦相手のシーバスに対しても、同じです。


「釣れないルアーは売ってない」

・・たまぁ~に、とんでもないのもありますが^^;


このルアーじゃないと釣れない!なんていうのは
絶対に無い!


シュチュエーション的に釣りやすい、という種類はあるでしょうが


コレじゃないとダメ!なんて嘘


10年前の「KuruKuru」は、本当にコレじゃないとだめ!ってこともありましたが、
今では、そういう物は見当たりません。



100cmはBIGルアーでないと釣れないなんていう人もいますが、
シュチュエーションに合わせてやれば、8センチのミノーでも釣れる事を
まさおみがちゃんと、結果出してくれましたしね。





プッw
この顔の引きつった感がもうwツボ♪



長いログになっちゃったけど、

まぁ・・僕らはほんと変わった事はしてませんよって事。。

ただ、「丁寧に早く、より水の中にルアーを入れる事。」

コレだけです。




冷音(レイン)24g キビナゴ

話しの脱線全開ですがw

魚の目線を上手く変えてやることで、1匹が2匹になる事があるという事。




冷音(レイン)24g イワシ

今日はチヌも沢山顔見せてくれました(・´ω‘・)

違う魚種だって、信じてれば来るんですw


てか・・・冷音・・・チヌ釣れすぎ・・・

まぁ・・引っ張ってる所が、そういう場所ってのもあるだろうけど。。
プロトの時から、異常にチヌばかり^^;



途中、話脱線してしまいましたが、

使い分けとしては、こんな感じです。


ただ、これはあくまでも一例です。

勿論、クルクルで押し通しもしますし、
ファーストコンタクトから冷音を使うことだってあります。

これが、「見極め」の部分なので、正解は各アングラーで違いますからね。


ただ、「基本」あっての「アバウト感」だという事を忘れないでね^^




爆裂匂わす・・秋はもう来てます

みなさんが良い釣り出来ますように。




うん・・そうだ
フィッシャーマンさんのS-1も今週あるし、何か聞きたい事あるんだという方だおられれば
僕でよければ、会場まで足運んで頂ければ、お話ししますよ♪


楽しみにお待ちしてます(*^_^*)





コメントを見る

登録ライター

用語説明ページへ

ライトでウェーダーの穴を特定!
13 時間前
ひびき さん

上からレンジを刻むヒラメ釣り 
19 時間前
ケンスケさん

遠くで根魚狙ってみた。オマケ…
1 日前
ワカメマニアさん

波動砲w
1 日前
rattleheadさん

自身のスズキ釣りにインパラが…
4 日前
平田孝仁さん

タックル選びの難しさと楽しさ
5 日前
有頂天@さん

D(ダシ)ー1 グランプリ(笑)
7 日前
西村さん

教えることの難しさ、伝える事…
10 日前
ねこヒゲさん

一覧へ