プロフィール

Guppy@ヘア解禁

千葉県

プロフィール詳細

カレンダー

<< 2024/2 >>

1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29

検索

:

タグ

タグは未登録です。

アクセスカウンター

  • 今日のアクセス:0
  • 昨日のアクセス:2
  • 総アクセス数:12133

QRコード

第4回(またもや大原です)

  • ジャンル:釣行記
ゴブです、サタです。

ご無沙汰です。

いやぁ、忙しかったです、1~3月。
哲也、じゃなかった、徹夜3回位ありました。
で、すっかり解放されまして、ホントは3月31日(土)の午前船乗りたいなぁ~って思ってたんですが、風がめちゃくちゃで船が出そうにないんで、翌4月1日(日)の午前船に乗りました。

午前4時船宿集合なんですが、いつもの通り前日午後10時過ぎ出発して、日付が変わる頃に到着。
午前3時過ぎまで駐車場で仮眠をとり、コンビニでカップ麺の早い朝食を食い、抗アレルギー薬を・・・

そうそう、3月入ったらやたらと目がかゆい。
なんかくしゃみも止まらず、鼻水まで。
あぁ、アレっぽいなぁ~と思って、寒冷ジンマシン用に貰ってた抗アレルギー薬を服用して1時間すると・・・ピタッと止まる。

ハイ!花粉症決定で~っす!!(泣)

で、抗アレルギー薬を・・・、アレ?
忘れてきてしまったようで。も~動揺が隠せません。(汗)
船上で目がかゆくなったり、くしゃみ止まらなかったりしたらヤだなぁ~、
って思いながら、「ま、しゃ~ない」と諦めて船宿まで。

ちなみに今回酔い止めがいつもの「パンシロントラベル」ではなく、「センパァ」なのもちょっと不安です?あんまセンパァ使った事ないんで。


で、船宿着。
今回13人乗船。多いなぁ。
早めに来て左舷ミヨシ2番の札を取っておいたので、まぁ場所は問題ないか、と。
いつもの漁師のバァちゃんの家に車を留め、ウィンタースーツ着こんで荷支度を。
今回は春なので、いつものテンヤ竿&スピニングタックルだけでなく、60mより深場かつ早潮の可能性も考え、ライトジギング用のベイトロッド&両軸リールのタックルも用意しました。
以前スピニングタックル(錘負荷2~10号)で深場の早潮を12番カブラ(錘換算14号程度)を使ったけど全く底を取れず、お纏りした挙句解こうとしてる人がぐいぐい引っ張った結果、トップガイド根元からポッキリ折られました。
さすがに今度は折られたくないし、錘負荷10号以上でウチにあるヤツと言ったら、もはやライトジギングタックルしかない。
まぁ~元々鯛ラバヤリたくてこのタックル手に入れたので、出来ない事はないだろう、と。

さて船の釣り座に付いて用意も済ませて、後はポイントに着くまでミヨシ側のキャビンで寝転がるだけ。でもなかなか船が出ない。
何だか初めて船に乗る人が多いみたい。大丈夫かな?
結局船が港を出たのは5時をずいぶん過ぎてから。
ミヨシ側キャビンにいるのは僕も含めて3人だけ。
幾ら風が前日に比べて収まったとは言え、まだなぁ・・・と思っていたら。


ざっぱ~~~ん。

やっぱね。

右舷ミヨシの人達。窓から見る限り、ビチョ濡れです。(汗)
しかも一人、何やらスプールやらハンドルやらにリーダーが絡みまくってトラブってます。スプール外した方が良いよ、って言いたくなった。(汗)

さてポイント到着で、船長がパラシュートアンカーを投入します。
パラがしっかり開いて流れに乗ったら、船長からアナウンス。
「ハイ、40m」
前日女将さんから60m辺り、と聞いていたので8号テンヤをセットしていたのですが、40なら6号辺りで良いかな?とテンヤ交換。
落とすと右舷方向に流れていき、46m程ラインが出た所で底立ちを確認。
結構船が波に揺らされているので、そんなにしゃくらなくても良いかな?という感じ。しかもベタ底。
で、この日の魚信はモゾモゾと、食いつくと言うよりは齧るという感じで、なかなか合わせが効かない。
途中何度かポイント移動をして、11時半を回ったところで600~800gの真鯛が4匹という釣果。ビミョ~に少ない。
しかもその日は姉家族が遊びに来てるので後2匹くらい欲しい所。
齧られては合わせ、齧られては合わせを繰り返し、も~時間が。

と思った所に、正にガツンっ!!!という当たり。
すかさず電撃フッキング!
とその瞬間、ドラグがジィィィ~~~~!と今まで聞いた事がない音を立て、あっという間にラインが出されていきます。
テンヤ釣りの性でしょうか?フッキングしたらポンピングなしでひたすらゴリ巻きしていくのですが、ラインが巻けているのかどうか分からない。
それでも自分を信じて「おりゃ~~!」と言わんばかりにグリグリマッハで巻いていくと、残り10m程に。
この時点で船長が、「4人同時に青物だよぉ~、絶対お纏りしてんぞ~」とのたまう。船長、そりゃまずいよ。オレゴリ巻きしてんだけど(汗)
そうこうしてる内に後はリーダー分5mという所で船長にリーダーを手繰ってもらった瞬間。
ふっと軽くなって、リーダーを手繰ってもらうと・・・。

リーダーの先に付けていた、破断力8.6kgのスナップスイベルのスナップ部分がポッキリ折れて縦半分しか残っていませんでした。

も~言葉も出ませんでした。
がっかりだったのと。
イナ・ワラの、今まで体験した事のない、キレた走りと。

結局、釣果はこれだけ。



やっぱね、「あわよくば、青物も・・・うっしっしw」とかって下心を持ってクーラーボックス(中古)をヤフオクっちゃったのが運の尽きなんでしょうか(笑)

でもね。今回改めて思いました。

青物ヤリてぇ~~~~!!

という事で、誰かジギングおせーてくだせいぃ~!

コメントを見る