10/3 ボートシーバス:新たなドアはなかなか開かない



秋爆になりつつあるタイミングでビッグベイトルアーという新たなドアを開けたいという目標を持って挑んだけれど、簡単には開かないという話です。



今回の釣行はこんな感じ。
ボート:レンタルボート
時 間:05:30-12:30
場 所:湾奥北
同船者:Bさん、Zさん、私(船長)



日の出後からのタイミングで出船。
危なくない程度に操船しながらボートを走らせ、水面変化に目を光らせて進むと、すぐ近くで小さなライズ。

早速、釣友二人に投げてもらうとすぐに釣れる。
サイズは別として釣ってもらえると、それだけでもうれしい。


それからベイトがいる場所をちょこちょことランガン。
どうやらシーバスのサイズが小さそうと思われたので、大きく移動してみようということに。



 

何カ所目かでようやく私もキャッチ。
そういえば、これが自分で操船したボートでの初キャッチだw



 
cxejo2crpkzocuvwtzfc_480_361-44946bea.jpg





とりあえずキャッチしたので、その後もビッグベイトを投げるも不発。

まだ使い方もよくわかっていないので、まだまだ課題が山積。





場所を移動しフッコサイズではあるものの、1キャスト1ヒットが続く。
鉄板を投げるとフォールで食い、巻き初めで食い、ただ巻きで食い、巻き上げの上昇軌道でも食いと、何をしてもバイトしてくる。

いま思えば、キャッチしたことないブレードを投げればよかったと思い出す。





ビッグベイトキャッチをしたい、ランカーを釣りたいと、リクエストを受けて、あちこち移動し、あちこちで打ってみるものの、どこもフッコ、スズキサイズばかりで、ランカーの反応なし。


ベイトや地形変化を見つつ、引き続き拾い釣りで数を増やす。




鉄板以外でも。。。とエアスピードを投げてみても、ちゃんと結果が出る。
サイズが小さくても、釣れるのは楽しいものです。



ue7ei98e6v8bp6tyo255_480_361-d1767cd9.jpg






沖上がり時間前に大きく移動しようと走らせてみると、やはり同じように1キャスト1ヒットを繰返す。


楽しいには楽しいんだけど、目標を立てているとそれができないと悔しい。次回にはなんとかしたいと思っちゃう。
また次回に向けて課題です。


よく釣れたルアー
ジャクソン:鉄板バイブ
バーレーヒル:エアスピード



使用タックル1
ロッド:テイルウォーク ソルティシェイプ ダッシュ ベイボーターS632ML
リール:ダイワ レガリス3000H
ライン:シマノ ピットブル4 #1.0


使用タックル2
ロット:シマノ ゾディアス  166MH-2
リール:シマノ スコーピオン101HG
ライン:ピットブル8 #1.5


使用タックル3
ロット:ダイワ Rextyle 701HRB
リール:アブガルシア ワイドバサル81L
ライン: #4


 

コメントを見る

SG(スギ)さんのあわせて読みたい関連釣りログ