アジング キャロ用ライン

この頃、豆アジばかりで20cm級ですら獲れていないです。

20cm級が入ってる場所はあるのですが、数が少なくサビキ師に持っていかれます。アジに限らず今年は青物好調です。ショアジギングは、まだ一度も行ってませんが…。

さて、今回釣行前にラインの巻き替えをしました。2年以上、サンラインのPEを使用しておりましたので。今回導入したのは、

DUEL アーマード F+ プロ アジ・メバル です。

3nhojmpiu9ofx9naktao_690_920-bdba3e58.jpg

95iyjz9u3nz2ftfkcp88_690_920-de474bd4.jpg

こちらのラインは、第4のラインと言われてます。

1 ナイロン (モノフィラメント)

2 フロロ (モノフィラメント)

3 PE (マルチフィラメント)

そして、アーマードです。エステルラインはどうしたのかな⁇

このラインの特徴は、比重1.0強でPEとフロロの良いとこ取りらしいです。

構造は、PEをフロロ素材でコーティング、ただしPEの隙間も空気が入らないよう充填してあるので、比重が1.0強となっている。表面は確かにフロロのようなツルツル感があります。

昨日、風が多少強い中使用してみました。僅かな比重の違い、ラインのハリの強さの違いがよくわかりました。

風に流され難い、水馴染みが良く、飛距離はPEラインと同等程度。根擦れにも強いとは、確認できませんが、素材からしてそうでしょう。ラインのハリの強さから強風でもガイドに糸絡みしずらいと思います。

フロロはリールに巻いてから3日程度は馴染ませる必要がありますが、このラインはPEと同じく、リールに巻いてからすぐ釣行しても問題有りません。

今回は、0.3号150mにしましたが、ステラC2000HGSにピッタリ巻ける量でした。6lbですので、もう少し細いラインにしても良かったかも。

このラインは、オススメです。




iPhoneからの投稿

コメントを見る

Black Catさんのあわせて読みたい関連釣りログ

登録ライター