プロフィール

Apia

大阪府

プロフィール詳細

カレンダー

<< 2019/10 >>

1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

検索

:

アクセスカウンター

  • 今日のアクセス:1552
  • 昨日のアクセス:731
  • 総アクセス数:5709525

APIA Homepage

代替テキストを記述

同じ趣味を持った男たちが集まる空間。 by内田聖

お疲れ様です。ウッティーダ@愛知です。

 

ようやくお盆も過ぎましたが、まだまだ暑い日が続いております。愛知も連日の猛暑日が続き、夏好きな私も夏バテ気味になってしまい、一週間くらい静養した時期もありました。原因は釣り中の水分補給不足だったのですが、二度と同じ失敗はしないように、釣行時にマメに休憩を挟むようにしております。皆さまくれぐれも釣り中の水分補給を忘れないように気をつけて下さい。
 

さて、今月初めに地元ではシーバス・クロダイのメジャーフィールドである「矢作川」を舞台に、有志で集まったアングラーによる釣り大会「裏矢作一武闘会」が行われました。地元アングラー同士の交流を深める事が主旨の大会で、運営も地元のアングラーで行うというものです。私も参加させて頂きました。

2p66p2aoijj4ibju3z8u_480_480-b7c66911.jpg

 

大会のメインターゲットは「クロダイ」。比較的近場の河川や港湾でいろんな釣り方ができる「クロダイ釣り」の楽しさに惹かれ、私も年中追いかけている魚です。あまり目立ちませんが、実は愛知は「クロダイ釣り」に関しては数・型ともに安定して狙え、全国的にも屈指のおもしろいフィールドです。初めは「シーバスの外道」で釣れていた魚も、いろいろ考えて「狙って釣る」と明確に答えが返ってくる。この魅力に惹かれるアングラーも着々と増えてきています。

dhstjai7uv4wfifeoe2y_480_480-0e2876f2.jpg

 

大会ではBBQも同時に開催され、釣りをしない時間も地元アングラーと話をする事ができる、とても楽しい企画になりました。何せ「同じ趣味を持った男たちが集まる空間」これが楽しくないわけがないですよね。



5fhyn5gzapevkopix8r3_480_480-55f44392.jpg

地元アングラーから「鮎」の差し入れもあって、私はひたすら鮎を食べていました。鮎の塩焼き、実はかなり大好物です。炭で焼いたものは特にうまいですね。差し入れありがとうございました!


xpiyimxejnnouvsegkad_480_480-5f7f7a69.jpg
BBQが終わるとだんだん涼しい時間帯になり、遠くで見える花火とその音で、夜もいい感じの雰囲気の中で大会は進みました。ほんと心地よい時間が過ぎていきました。

 

普段SNSでしかコミュニケーション取れなかった地元アングラーの皆さんと直接会話する事ができる。そしてアングラー同士が火を囲んでお互いの普段やっている釣りを語り合える。こんな時代だからこそ、顔を直接合わせて会話することは本当に大切なことだと思います。

 

そして優勝は、なんと鮎を差し入れしてくれた地元の名手。しかもルアーは「LUCK-Vのレッドビア」。状況的には活性がかなり低い状況だったのですが、そんな時こそ強いLUCK-Vの特長を生かした、流石としか言えない釣果でした。

f9imkptxc4gjnhk5dpsd_480_480-507f45f1.jpg

 
最後まで残っていただいた皆で記念写真も撮りました。
c3mx86k94s53iav3gwef_480_480-749a7ba7.jpg





 

地元アングラーの間では「LUCK-Vのレッドビア」と聞けばピンとくるであろう存在になっています。デイゲームからナイトゲームまで、クロダイもシーバスもほんとに釣果が集中しているカラー。地元の皆さんが凄く釣るので、思わず私もAPIA本部に「LUCK-Vのレッドビアありませんか?」と問い合わせますが、出荷優先なのでなかなか回ってこないカラーです(泣)。前に送ってもらった「フィンが半分ない開発時の苦悩が見られるプロトルアー」を大事に使って、何とかひねり出しています。残念ながら、大会時ではありませんが…。

 
ukrvky5gravhph4k4wjb_480_480-02e9fc98.jpg

ROD:Foojin’XX GENEROUS 96MLX

REEL:APIA VENTURA 2508R-H

LINE:YGK X8 PE1.0

LURE:LUCK-V(レッドビア)

 

もちろん、レッドビア以外でも魚は反応してくれます。何よりこのルアーの魅力は「接近戦に強い」事です。微波動でアピールは弱いため場を荒らしづらく、違和感の少ないバイブレーション。そしてナチュラルにドリフト気味でシャロー河川を「流す」事も可能です。地形と流れを絡めながら「バイブを流す」アプローチ、バイブレーションの新たな一手としてマスターすると、また釣りの楽しさが広がります。私もまだまだ勉強中ですが、機会あればぜひ挑戦してみて下さい!

ooetsnibh8bx7dw2hphz_480_480-225201a3.jpg

ROD:Foojin’R BESTBOWER 93ML

REEL:APIA VENTURA 2508R-H

LINE:YGK X8 PE1.0

LURE:LUCK-V(マツオデラックス)

 
さて、これからはハイシーズンの秋を迎え撃つべく準備を進めようと思います。
まだまだ暑い日が続きますので、皆様も体調管理はしっかりして釣りを楽しんで下さい!




 

コメントを見る



【fimo釣りログアプリ iPhone用】釣りログ見るなら、釣りログ書くなら、スマホから!fimo釣りログアプリ

【fimo釣りログアプリ android用】釣りログ見るなら、釣りログ書くなら、スマホから!fimo釣りログアプリ


【フィールドレポーター】全国各地の釣りの状況をお届け!