プロフィール

上宮則幸

鹿児島県

プロフィール詳細

カレンダー

<< 2019/7 >>

1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

検索

:

アクセスカウンター

  • 今日のアクセス:250
  • 昨日のアクセス:395
  • 総アクセス数:2919390

QRコード

見切りのタイミング

今夜はさすがに無理だろう…と思いながらも河口に行くと友人が既に待っていた。
どう?と聞くも予想通りの答えで、ウサギが跳ねまくってると。
波音を聞きながらFGを組み、漸くおれも海を見てみる。
一見、やれそうな気もするが、テトラ際に打ち寄せる波の勢いは明らかに昨夜以上。
ちょうど立ち位置ら辺で寄せ波と引き波がバーンとぶつかり白波が立っている。
無理!
ただし、近くのサーフの様子を少し観察する。
ルアーを通して流れを探る。
ワンド状の地形の最奥のこの場所は以前ならば、荒れるとコノシロの溜まり場になっていた。
ただし、今夜は皆無。
流れの向きだけ探る。
今後の参考になる手応えはしっかり得た。



中流へ移動。
最近好調だった場所ながら、この2釣行ノーバイトと、シーズン的に終了か?と感じていた場所。
今夜もベストラインに乗せて、サラッと流すが出ない。
そんなに時間をかけなくても、反応が出るのが早い場所。
つまり浅いし、狙いところが決まってる。
友人に場所を譲る。
おれとは違うルアーで流し始めたようだが、やはり出ない。
移動しようと、彼から声を掛けてきたが、いややっぱりあと10分やらせろと。

あっ!バイト?アレっ?
リールを慌てて巻く音と、けたたましい破裂音。
残念ながらバレたようだが、ランカー確定サイズだっただけに勿体無い。
ヒットルアーはスネコンで、テンションフォールで食ったとか。

居着いていた魚じゃないと思うとは彼のコメント。
そう、流れが変わるタイミングだった。
こう言う経験をするとポイントの見切りのタイミングがますます難しくなる。

予定より随分粘ってしまう。
諦めた頃には日付を跨ぐ30分前になっていたが、諦め悪く皿に移動。
次のポイントはハクが湧きまくり。
ただし、昨夜も友人のワンバイトのみ。
おれは粘りまくってノーバイトだった。

ちょっとだけのつもりが粘っちまった。

i2jhzegj5a85dror6kk7_480_480-6eb62fd0.jpg
hbfuzeytap6kyxdf3b84_480_480-86ccf42a.jpg
zgg28nhar7fb6kaggdw4_480_480-3bf095b4.jpg
k93tuhnsv6wdkowip4at_480_480-d4ecfa71.jpg

しかし今夜はポロポロ釣れた。
ヒットルアーはシャルダス14とシンキングシャッド。

珍しく小さなルアーもケースに入れていたのは、このポイントで使うため。
凄く単純な話し、小さなベイトには小さなルアーがやはり有利だ。

もちろん満足しないが、まぁこれはこれで、こんなもんだってことで…




さて、明日はどうするか…









コメントを見る



【fimo釣りログアプリ iPhone用】釣りログ見るなら、釣りログ書くなら、スマホから!fimo釣りログアプリ

【fimo釣りログアプリ android用】釣りログ見るなら、釣りログ書くなら、スマホから!fimo釣りログアプリ


【フィールドレポーター】全国各地の釣りの状況をお届け!