プロフィール

加藤義朗@食べる!

東京都

プロフィール詳細

saltwater anglers minimumhorizon オレノスタイル Fisherman's cafe

カレンダー

<< 2020/5 >>

1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

アクセスカウンター

  • 今日のアクセス:16
  • 昨日のアクセス:47
  • 総アクセス数:230070

アーカイブ

検索

:

心に刻む旅

  • カテゴリー:書籍・雑誌
  • (読書)
天童荒太『悼む人』読了。
死者が、誰を愛し、誰に愛され、どんなことで感謝されたことがあったか。それらを心に刻む旅を続ける「悼む人」。
彼の言葉、彼の行動が、彼の周りの人々の心を打ち、共鳴します。
心が穏やかになる作品でした。世間的には極めて評価が高い作品ですが、ボクがひねくれているのかなぁ、物語が理想…

続きを読む

大!どんでん返し!

  • カテゴリー:書籍・雑誌
  • (読書)
雫井脩介『栄光一途』読了。
オリンピックの柔道代表選手選考を前にして、81キロ級の男子強化選手のドーピングを告発する怪文書が全柔連に届く。
秘密裏に調査を命じられたのは、女子強化部のコーチ、望月篠子。所属する大学院の同僚や後輩とともに調査を進めるにつれ、浮き上がってきた衝撃の事実とは…
まさに、大! どん…

続きを読む

信頼と感傷

  • カテゴリー:書籍・雑誌
  • (読書)
今野敏『隠蔽捜査 7 棲月』読了。
キャリア警察官僚・竜崎伸也シリーズ七作目。スピンオフを入れると九作目。
痺れました!
メンツとか縄張りなどに頓着せず、事件を早期に解決するために最も合理的な方法を考え、そのためには、階級に関係なく優秀な捜査員の意見に真摯に耳を傾け、管理職の心得として責任を取る覚悟で職…

続きを読む

科学と現場

  • カテゴリー:書籍・雑誌
  • (読書)
北林一光『ファントム・ピークス』読了。
 
 
徐々に背筋が寒くなってくる前半で整然と伏線が仕込まれ、中盤から終盤にかけてファントムの正体が判明し、尋常ならざる被害がもたらされる様が描かれます。
 
圧倒的なリアリティとスピード感。息をすることを忘れてしまうほどの圧迫感。乃南アサの『凍える牙』を彷彿とさせ…

続きを読む

分身(ダブル)

  • カテゴリー:書籍・雑誌
  • (読書)
貴志祐介『雀蜂』読了。
 
 
 
冬の別荘に雀蜂の巣が仕込まれた。過去に一度雀蜂に刺されたことのある主人公は、もう一度刺されると命に関わる。これは妻の策略なのか。
 
 
一応ホラーということになっているので、それなりの「心構え」をしていました。
 
しかし、ラストのどんでん返しは思ったほど「衝撃的」ではなく、…

続きを読む

流麗と骨太

  • カテゴリー:書籍・雑誌
  • (読書)
東野圭吾『放課後』再読了。
 
 
長く愛される作家のデビュー作って、なるほど頭角を現すだけのことがあるんだなと改めて認識しました。
 
放課後、女子高、アーチェリー部の3つの要素を軸にして、物語が流麗に構成されているだけでなく、最後まで読者に安易な推理を許さない骨太さを兼ね備えた秀作です。
 
総合評価 ★★★…

続きを読む

恋とは、落ちるもの

  • カテゴリー:書籍・雑誌
  • (読書)
姫野カオルコ『ツ、イ、ラ、ク』読了。
 
 
「恋とは、するものではない。恋とは、落ちるものだ」
 
 
第二次性徴期前後の少年少女の、純粋で、多感で、それ故に残酷な恋愛物語。別れた二人の20年ぶりの再会と、その想いとは…
 
 
確かに引き込まれます。本から目を離せませんでした。ただ、あの頃のボクには想像もつか…

続きを読む

痕跡なきトリック

  • カテゴリー:書籍・雑誌
  • (読書)
東野圭吾『聖女の救済』読了。
 
 
誰が「聖女」で、誰を「救済」するのか、ずっと意識しながら読み進めていきました。ちなみに、作品中に「救済」という文言は一度しか出てきません。「聖女」に至っては全く出てこないので、想像力を働かせて読むことができました。
 
 
一般的な謎解きものとは異なり、「痕跡なきトリッ…

続きを読む

回顧と展望

  • カテゴリー:書籍・雑誌
  • (読書)
西加奈子『サラバ!』読了。
 
 
 
 
この作品の印象を一言でいうと、「美しい」ということだろうと思います。
 
 
 
主人公がその半生を回顧し、自らが「信じるもの」を見つけて、未来へと「歩」み始める姿を綴ったこの作品。
 
 
 
主人公が、「自らをなくすことに長けていて、常に受け身で、進んで自己表現しない」とい…

続きを読む

俺にしかできない

  • カテゴリー:書籍・雑誌
  • (読書)
柳広司『ジョーカー・ゲーム』読了。
 
 
 
 
なんと極上のインテリジェンス・ミステリーだろうか。
 
 
陸軍中野学校をモチーフにした諜報員養成学校の第一期生5人が、「俺ならできる」、「俺にしかできない」という強い自負心のもと、淡々ととスパイの任務を遂行する姿がオムニバス形式で描かれています。
 
 
作中の次…

続きを読む



【fimo釣りログアプリ iPhone用】釣りログ見るなら、釣りログ書くなら、スマホから!fimo釣りログアプリ

【fimo釣りログアプリ android用】釣りログ見るなら、釣りログ書くなら、スマホから!fimo釣りログアプリ


【フィールドレポーター】全国各地の釣りの状況をお届け!